MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ウマ娘シンデレラグレイ61話ネタバレ最新話確定!

2021年11月18日(木)に発売の週刊少年マガジンに掲載される漫画「ウマ娘シンデレラグレイ」61話のネタバレ最新話をお届けします!

前回のあらすじ
  • JCのあと、オグリは魂が抜けたようになってしまう
  • 誰もが心配するような有様のオグリキャップ
  • ベルノライトは情報力を鍛え上げることを決意
  • 有馬記念を六平に勧められたオグリ
  • 「私はもう勝てない」
  • まさかのネガティブ思考に!?

前回の話が思い出せないという方は、ぜひこちらの記事をごらんください!

ほかキャンペーン情報

目次

ウマ娘シンデレラグレイ61話ネタバレ最新話の紹介

ウマ娘シンデレラグレイ61話の展開が確定いたしました!早速あらすじを紹介してまいります。

スーパークリークの元へやってきたマスコミ

スーパークリークの元へやってきたマスコミたち。

彼女が有馬記念に推薦された出走が決まったことについて、尋ねに来たようです。

有馬では、タマモクロス、オグリギャップ、ディクタストライカが三強と言われているが、どう思うか?と聞かれるスーパークリーク。

その質問に、スーパークリークは笑顔で答えました。

どなたとご一緒しても負けません。わたしには頼もしいトレーナーさんがいるんですから。

有馬記念にはヤエノムテキは出ない!

その光景を見ていたヤエノムテキ達。

今回は、ヤエノムテキは有馬には出ないことにしているようです。

菊花賞で自分の直すべき点が多く見つかり、今回はそれを見つめなおして根本から直していくんだ、と彼女は意気込んでいました。

オグリとタマモクロスの決定的な違いとは

練習場で走るオグリギャップを見つめながら、ろっぺいは考えます。

オグリギャップは、すっかり自信を無くしてしまっていました。

回想シーンで、オグリは言います。

天皇賞でのタマ、ジャパンカップでのオベイユアマスター。

彼女たちには届かない。今のわたしとは全く違う。

あの2人が持っていたアレを掴めない限り、私は絶対に勝てない。

オグリとタマモクロスの違いが判明!

彼女の言葉を思い出したろっぺいは、ぼそりと独り言を言います。

タマモクロスやオベイユアマスターにあって、オグリにないものとは何だろうか、と。

そのオグリに足りないものってなんなんでしょう?と、ベルノが問います。

その質問にろっぺいは答えました。

歴代、時代を築き上げてきたウマ娘たちは、領域(ゾーン)と呼ばれるものに達していたらしい。

それはとんでもなく集中している状態のことで、そこへ到達すると普段と比べて爆発的な能力を発揮できる。

オグリはきっと、その領域のことを知識としては知らずとも、感覚として理解しているのだろう。

ゾーンに達するための秘訣は……無い!

そのゾーンって、どうしたら使えるんですか?とたずねるベルノ。

ろっぺいは応えます。

そんなの知らない。

この世界は漫画やアニメじゃないんだから、急に覚醒したり、生まれ持っての才能だったり、地道な努力でどうにかなるわけじゃない。

本人にすらわからない、未知の領域なんだ。

それを聞いてベルノは落ち込みますが、ろっぺいは、それでも出来ることはあると言います。

領域に入っても、肉体改造されたみたいに強くなるわけじゃないんだから、根本的にオグリをめちゃくちゃ鍛えてやればいいんだよ、と。

1ヶ月には有馬、気合を入れ直せ!とろっぺいに言われたベルノは、嬉しそうに元気よく返事をしました。

ベルノがオグリのために作戦を頑張って立てる!

そしてベルノはその後、作戦を練ります。

有馬記念での1番の難関場所は、ゴール前の坂道でした。

ここをなんとか乗り越える術を見つけるのは、私の役目だ!とベルノは意気込みます。

そんなベルノに、ろっぺいが声をかけました。

お前に仕事が来た。

彼が持っているスマートフォンの画面には、北原と名前が映っていました。

ウマ娘シンデレラグレイ最新話を無料で先読みする方法

ウマ娘シンデレラグレイ61話ネタバレ最新話感想まとめ

今回は、漫画「ウマ娘シンデレラグレイ」61話のネタバレ最新話展開予想を紹介しました。

敗北のあとに放心状態になっているオグリですが、その根底に熱意を感じました。

どうやったら次勝てるか、どうやったら自分が彼女らの場所まで到達できるか、という想いがあってとてもかっこよかったですね…!

以上、漫画「ウマ娘シンデレラグレイ」61話のネタバレ最新話展開予想をお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる