MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 8話ネタバレ!春子は優羽の偽名!?

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ の8話ネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

3年前、司はとある会社の社内掲示板にたすけてと書いた投稿者を特定する事に。

しつこい母からの連絡、適当な女性との付き合い。

そんな毎日を充実しているけれど何かが足りないと認識していた司。

同僚の大倉からは愛が足りない、と言われる程女性に対して冷たい性格の司でしたが…?

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 7話のネタバレはこちら

目次

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 8話ネタバレ

本気の恋愛と言われても、守りたいと思える程の女性が現れる事も、そんな感情を持つ自分も想像できない。

けれどそれ自体もそのままで構わないと司は考えていました。

ある日、例の社内掲示板の書き込みを特定するのに使う社員名簿を得るため、S社を訪れた司。

どこの階だったか忘れてしまい、エレベーターのインジケーターの前で悩んでいます。

そこに丁度、乗ります、と女性が乗り込んできたため、この人に階数を尋ねようと考えます。

あの、S広告って何階かわかりますか?と女性の肩を掴むと、ばっと、凄い速度で拒絶する女性。

そんなに引かれたらちょっと傷つくわ…と司が思っていると、ぼそりと12階、と女性が答えます。

どうも、とは言う物の、その対応と見た目の地味さ、暗さに少し引き気味の司。

化粧っ気もないしOLっぽくもないな…つーか、変な前髪、と見た女性の前髪は毛先がバラバラです。

自宅に戻り、パソコンに向かってS広告社の社員名簿から投稿者を特定していく司。

椎名優羽、と言う一人の女性の名前が投稿者として浮かび上がります。

別に本人を特定することは簡単だし対して興味はない、それよりも何でたすけてって書き込んだんだろう。

パソコンのメールアドレスまで特定できてしまって居るだけに、投稿の原因が気になる司。

するとそこに大倉からそろそろ判明した!?と連絡が入ります。

さすが大倉、と思いつつ、そいつのパソコンセキュリティが半端なくてまだ時間かかりそうなんだと返す司。

大倉はその解答に、残念、来週S広告社行くんだけど、とあまり良くない進捗に嘆きます。

司が俺も一緒に行って説明するよ、と言うと、大倉も悪いな、じゃ、とS広告社に一緒に向かう事を決める二人。

電話を切り、司はえっと…それで俺は何がしたいんだ?と自分の方向性を考え直します。

直接本人に聞いたら警察沙汰になる可能性あるよな、メール…で聞くのもおかしいし…と躊躇う司。

考えた末に浮かんだのは、メッセージを椎名優羽に送ってみる方法。

身近な人には打ち明けられない悩みでも顔が見えない人だからこそ相談できることがあるはず。

あなたの悩みを共に解決します、こちらのアドレスにメールください。司。

司は自分でも文面にうさんくさ、と笑いながら、そのメッセージを送信します。

ある日の昼食時、社内食堂でえー!?と響く女性たちの声。

司さんと大倉山ホントに彼女いないんですかー!?と3人の女性が色めきだっています。

いないよ、不思議かな?と笑って返す大倉、司はその話題に興味が無さそうに食事を摂っています。

だって二人ともこの会社のツートップですよ?凄く素敵なのに、と言うともう一人の女性がねー!と返します。

そのノリを、女子特有のノリだな、と冷静に見ている司。

大倉は男はね、ちゃんと自分を理解してくれる人とそうでない人を見極めなきゃいけない、と語ります。

俺はまだそういう人に出会ってないの、とキリッとした顔で言う大倉に、たまにはいい事言うなと思う司。

そんな事言って~理想が高いだけじゃないんですかぁ?と返す女子達。

司は何も言わず、理想が高いってどっちが、と不満を抱きながら相変わらず食事を食べる事に集中しています。

司さんのタイプってどんな女性ですか?と話題に入らないでいる司を無理やり引き込む女性陣。

ズケズケと聞いてくるもんだ…と司の内心はすっかり辟易気味です。

俺は本気で人を好きになった事ないからわかんない、と溜息交じりに答える司。

その解答に、ありえない!と返され、人に聞いといて何なの?ほっといてくんねーかなと司は苛立ち始めます。

けれど女性陣の一人・白川は、じゃあこれから本気の恋をしたら大変ですね、と返します。

その解答に、面を食らう物の、この子はまともそうだな、と感じた司は、そうだね、と笑顔で言います。

それじゃあ本気の恋を探すために今度一緒に合コン開きません?と提案するひとりの女性。

結局それ目当てかガキ…!と司はまたも不機嫌に逆戻りです。

大倉はどうする?司、と言いますが俺パス、貴方たちほど暇じゃないので、じゃ、と司は席を立ってしまいます。

態度の悪さをフォローするように、ごめんね、俺はいつでもOKよ!じゃ!と司を追うように席を立つ大倉。

ぽかんとする女性達が見つめる中、大倉は大人げないぞ、と司を諭します。

けれど司は悪びれず、だって俺ガキ嫌いだもん、の一点張り。

司の態度に、はあ…お前一生本命の彼女できなそう、と大倉が言うと、どうも、と返す司。

その頃司の自宅のパソコンには、一通のメールが届いています。

司さんへ、初めまして。話を聞いてもらいたくてメールしました。

今自分は会社の事で悩んでいるのでそんな時にタイミングよくこのメールが来て驚いています。

親にも友達にも心配を掛けられず相談していません。

メールで相談なんて初めてですが正直藁にもすがりたい気持ちなので聞いてもらいたいと思います。

お話を真剣にきいてくださるなら返信ください。

私は春子と言います。

…今にして思えば、当時の司にとっては、椎名優羽にメールを送ったことも、ほんの出来心。

たすけて、はイタズラかもしれないと考えていたし、送ったメールに返信が来るとも思っていません。

大倉にとっさに嘘をついたときも、司自身も、よくわからない衝動が起きてそれに従っただけです。

だからまさか、まさか自分が本気の恋をするなんて、情けない自分を知ることになるなんて。

司自身、微塵も考えていなかったのです。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~8話感想

春子って、優羽の事か~!!!ってなりましたよね!!

これで浮気のセンは消えたと思われますが…じゃあ何でストーカーなのでしょう?

春子=優羽で有ることを思い出す事もダメと言う事なのでしょうか…。

先が気になる展開でしたね!

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 9話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる