MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 4話ネタバレ!ハルコとは一体…!?

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ の4話ネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

罰ゲームありのジェンガで遊ぶことになった司と優羽。

優羽が負けると司は罰ゲームにキスは出来るか、と冗談を言います。

結局愛の言葉を伝えるという罰ゲームになりますが、優羽は司に触れて欲しかった事に気付き戸惑うのでした。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 3話のネタバレはこちら

目次

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 4話ネタバレ

司さんは今の私に触れる気が無いの…?と心の中でひとつの疑いが生まれ始める優羽。

じっと司を見つめていると、何?と言う司に、優羽はううん負けろって祈ってるだけ、と返します。

司がひでえ、と言うと、笑い合う二人、幸せそのものの、恋人同士です。

今の私にとっては司さんと出会ってまだ3日、他人なのに恋人からのスタート。

そんなちぐはぐな状況で私は確実に司さんを好きになりだしてる…と自分の気持ちを認める優羽。

それと同時に、この不安と嬉しさと期待の入り混じった感情は恋なのだと気づかされます。

司がジェンガを倒してしまい、やった!私の勝ち!と喜ぶ優羽に、優羽の呪いのせいだと返す司。

人のせいにするなんて大人げない!なんて言いつつ、和気あいあいとしています。

罰は何ですか?お姫様、と司が聞くと、少し黙り込み、キス、と切り出す優羽。

思わずは?と焦る司に、キスしてください、と優羽は告げます。

何無理してんの?と司は言いますが、命令、命令です、と優羽は一歩も引きません。

心の内は、司に近づき、少しでもこの気持ちを知ってほしいという想いでいっぱいです。

本気で言ってる?と確認する司に、本気です…っと返す優羽。

司に近づかれ、ぎゅっと目を閉じる優羽の姿に、司はやめる?と聞きますが、優羽はやめないっ!と強く言います。

固い優羽の希望を聞き入れ、そっとキスする司。

唇の震えに、…司さん震えて…?それとも私が震えてたかな…と優羽。

…今の私にとってのファーストキスだ、と唇に触れながら、優羽は恥ずかしそうに笑います。

そっぽを向いたまま、いいの?ファーストキスが病室で、しかもゲームの命令で、と言う司。

いいの、大事なのは相手だから、と優羽は言いますが司は優羽の方を見ようとしません。

もっかい、と言う優羽。

司が何?と聞き返すと、もう一回して、と言う優羽の表情に、どきっとする司。

どこでそんなの覚えてくんの?優羽、と言って司は優しく優羽に触れ、もう一度キスをする二人。

ようやく司が触れてくれたことに、好きな人に触れてもらえる事はこんなに幸せなのだと優羽は満たされます。

この人が恋人で良かった、また恋をし直す事が出来て良かった、と心から幸せを感じる優羽。

夜になり、今夜も司が病室に泊まり込んでいるせいで、優羽はどきどきして眠れません。

ふとスマホの事を思い出しますが、司が幸せな気持ちをいっぱいくれるから忘れていたということに気付きます。

司さんを信じたくて不安な気持ちから逃げてたのかも…と携帯を眺める優羽。

けれど、…でもやっぱり明日色々聞いてみよう、事故の事も、連絡先の事も、と決意します。

記憶は無くても1つ1つ整理して組み立てる、司ときちんと付き合いたいからこそ、そうするべきと考えたのです。

すると小さく、は…と司の声が聞こえ、司さん起きてる?と慌てる優羽。

んん…こ…と呟くので、なんだ寝言か、と思いますが、司がまたハ…ル…とうわ言を繰り返します。

ハル…?そういえばこの間も寝言で…と、思い出すと、ハルコ、と先日の寝言と同じ名前を呼ぶ司。

ハルコ…?春子?女性の名前…?春子って…誰?と不安になる優羽。

司には聞きたいことが増えていくばかりで、付き合っていたと言う確信と実感が遠のいていく一方。

なんか、片思いしてるみたい…と優羽は泣きながら眠りに就きます。

翌朝、目が覚めて一番に眠っている優羽のベッドに近づいた司ははっとします。

涙にまつげを濡らす優羽の寝顔と、その隣に置かれた優羽のスマホ。

スマホに手を伸ばし、司は時間の問題だな…と感じるのでした。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~4話感想

司よ…浮気したのか…?いやいやお前は誰なんだ…?というような展開でしたね…。

幸せな流れからの突き落としが辛いです、時間の問題ってなんなのでしょうね?

優羽への態度は本当に大事にしているように見えるのですが…。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 5話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる