MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 27話ネタバレ!司と優羽の再会…!?

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ の27話ネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

司との過去のやり取りから司の事を思い出した優羽。

何故恋人の振りをしていたかは解らないままですが、やはり好きだったと感じます。

必ず司を見つけると心に決めた優羽は…?

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 26話のネタバレはこちら

目次

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 27話ネタバレ

病院での男が司だったと優羽に聞かされ、瑞希は驚いてはぁ?!と声を上げます。

それで男性恐怖症の優羽がキスって…犯罪じゃない、うそついて優羽の体を傷ものにして!と怒る瑞希。

傷ものって…合意の上と言うか、私から頼んだんだよね、と恥ずかしそうに優羽は話します。

優羽ちゃんそれマジ!?はあーマジショック俺…と東條が会話に割って入ります。

今女同士の話してるんだから入って来ないでよ、あんた冬に振られてるし関係ないじゃない!と言う瑞希。

いや俺は父親的観点から…と東條が返し、優羽は笑います。

そしてこの日から早速、優羽はPUZZLEに通い詰めました。

家が近いからと送ってくれていた瑞希を断り、バスを使うようにもしています。

瑞希はストーカーめいたことをして、恋人だと嘘を吐いてそれでいて素性も判らない人は危険だと反対しました。

けれど、何度説得されても理屈じゃなく、ただ会いたい、司を信じたいと優羽は思っていました。

司来月で三十路だね、という大倉の言葉にそうだね、と返す司。

俺、最近の司ちゃん見てられないんだけど、酒の量尋常じゃないよ?仕事も今詰めてるみたいだし…と大倉は心配します。

お前俺の女房かよと笑う司に、2か月前の事故で急に長期休暇取った時に何かあったんだろうと言う大倉。

あるけど教えない、と言われ、もういい、お前いっつもそうやってはぐらかすし、と大倉は返します。

お前らってすげーよな、好きな相手が自分の事好きで何の障害も無く幸せに付き合ってる、と白川との事を言う司。

大倉は何恥ずかしい事言ってんのと言いますが、司は本当に二人を凄いと思っていました。

あの日、優羽が生きてさえくれればいいと、柄にもなく神に願い、その司の願いは叶いました。

過去のトラウマとそれによる事故の記憶、それを思い出させる原因になった司。

優羽にとって害になるものを消して目覚めさせてくれた、その事を司は神に感謝します。

彼氏だと誤解している優羽の両親と優羽を利用し、優羽を騙しました。

瑞希が返って来れば去らざるを得なくなる状況を引き延ばしたのです。

1週間たったら、もしくは優羽の記憶が戻ればちゃんと綺麗に居なくなる、だからもう少しだけ。

そんな気持ちで側に寄り添ってきた司。

そこからは優羽と一緒に居たい自分のエゴと、事故の罪悪感、騙している罪悪感でいっぱいでした。

でも止められなかった、ごめんな春子…司の心には今もそんな罪悪感が残っていたのです。

お弁当だと言う白川に、司にふられたから一緒にチキン南蛮食べに行きたいと頼む大倉。

白川は2か月前、2週間ほど会社を休んだ後から司が前よりもっと苦しそうな顔をしているように見え、心配していました。

何度か”春子”の事を聞こうとしましたが、はぐらかされるし嫌な顔をされてしまい、聞けず仕舞いです。

大倉に連れられてやってきた定食屋に、瑞希と東條が居るのを見つける白川。

女性の方は前に司さんが声掛けた時に私も一緒に居たしなんか気まずい…と大倉に別の店に行くよう促します。

そんな二人のやりとりに気付いた瑞希はちょっと待って、貴方たち司っていう人の知り合いよね?と声を掛けました。

なんで司さんの名前を知ってるの…?と疑問に思いつつ、はいと答える白川。

やっと会えたわ、前に声を掛けられた時ここに入っていくのが見えたからここへ通えば会えると思って、と瑞希は言います。

何の事か解らない白川に、優羽が毎日PUZZLEに通っている、と教える瑞希。

大雨の日も熱がある日も、やめろって言っても瑞希の話は全然聞かない、と。

その事を司に伝えてくれと言われ、白川は優羽と言う名前に、春子さんじゃなくて?と疑問に思います。

そういえばミルクティーを渡してた時もその名前だった、と考えていると、それじゃあと去る瑞希。

よくわからないけど司に伝えよう、とにかくPUZZLEに行ってもらわないとと白川は心に決めます。

白川はその後、久しぶりにPUZZLEに行きたいと言い張り司をPUZZLEに誘います。

白川自身は行かないつもりでしたが、見事白川に押し切られた司はPUZZLEを残業後に訪れました。

さすがにもう居ないか、と白川たちの姿を探しつつ、優羽がもし居たら、と気にしていた司。

いらない心配だったな、俺が来そうな場所に来るわけない、と司は考えます。

優羽が自分を恨んでいたとしても、恋人として過ごした5日間は司にとってかけがえのない日々でした。

これからずっとそのことを引きずって生きていく事になっても、無かった事にしたくない。

そんな気持ちで歩くと、バス停に優羽の姿を見つけたのでした。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~27話感想

やったー!!!!やっと再会だー!!!って感じですね!

今度こそちゃんと付き合えるといいのですが…続きの更新が楽しみです!

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 28話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる