MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~21話ネタバレ!奪われた二人の連絡手段

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ の21話ネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

東條に告白された事を司に相談する優羽。

うまく言葉にできず、悩んでいると優羽からバースデーを祝うメッセージが届きます。

会えたらプレゼントが渡せるんですけどね、という優羽。

司は思わず会う?と返してしまい後悔していると、優羽もはい、と答えてくれて…!?

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 20話のネタバレはこちら

目次

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 21話ネタバレ

たった二文字、けれどそのメッセージに司の心も踊ります。

会えるんだ…ついに、春子に会える…!その喜びも束の間、会っても大丈夫なものか不安になる司。

春子を見た事が無いと言う設定だけど、カフェで見た事あると言われたらしらばっくれようと考えています。

とりあえず落ち着け、と思いつつも、いつにする?と打ち込む手が震える司。

お任せします、という返信に、がっついてると思われたくない司はまたこっちから連絡するよと返します。

だけどその心は今までにない、嬉しさと期待に満ち溢れています。

そんな中、司の母からの着信、あれ以来話さないまま、1年程の時が過ぎています。

春子にちゃんと連絡取ってるかって聞かれてもはぐらかしてきたもんな…会った時に話せるようにしとかないと。

春子に話す、それだけの理由で、嫌々ながらも司は母からの電話を取ります。

母が忠貴いつ帰って来るの?と聞くため、また死んだ父さんと間違えてるのか?と考える司。

違うよ俺は、と司は言いますが、早く帰って来てよ、私のお腹には…と母。

その言葉にショックを受けた司は後日母を自分の家に招きます。

今日からこんな素敵な所に住めるのね、と喜ぶ母。

俺の一人暮らしの家だからちょっと狭いけど、と司が言うと、今って夏よね?と返します。

コートは前の家に置いたままにしとけばよかったかしら、と言うも母も司もコート姿。

…今は12月だよ、と司は返しますが、母はうきうきしているようで聞いていません。

忠貴とずっと一緒に居られて安心だわ~お腹の中の清貴もきっと喜んでるわね、とお腹に触れる母。

母さん、清貴は…貴方の息子はここに居るよ、そう思ってもその言葉を司は伝えません。

…俺のせいだ、こんなになるまで放っておいた俺が悪い、と後悔する司。

母は医者曰く、過度のストレスとアルコール依存によってこのような状態になっているようです。

春子の言う通りもっと母さんを気にかけるべきだった、確かに母さんには俺しか居ないんだから…それに…。

苦しそうな顔で母を見つめる司。

清貴、早く会いたいわ、きっと忠貴のような素敵な男性になるわね、と母は言います。

そして司の顔を見て、あら、悲しい顔してどうしたの?大丈夫よ、と司を抱きしめる母。

その一連の言動から、母の愛に依存の中にもちゃんと愛はあったのかもしれない、と司は感じます。

涙をにじませながら、大丈夫と母を抱きしめる司。

あんなに嫌だった抱擁も、もう吐き気を感じなくなっています。

眠る母に毛布を掛け、パソコンに向かって優羽へのメールを認める司。

春子、俺母親と向き合うことにしたよ、今同居してる、と近況を伝えます。

よかった、ずっと気がかりでした、お2人にとって前に進めるいい機会になる事を祈ってますと喜ぶ優羽。

辛くなったら私が支えますから、どんどん弱音吐いていいですからね、と言う力強いメッセージに微笑む司。

年明け、会える?と送った後、母親が落ち着くまで会うのは延期するつもりだったのにダメだな俺…と後悔します。

会いたくてたまらないみたいだ、と改めて自分の気持ちを自覚する司。

優羽からははい、とだけ返され、司はまた連絡するからその時に具体的な日程を決めようかと返します。

けれどその返信もはい、のみの優羽。

短い文にいつもより少し遅い返信、恥ずかしさからか不安からか、両方かな、と司は考えます。

男が怖いのにそれでも俺に会おうとしてくれてる、ごめんな春子。

春子がやっぱり会うの止めようって思っててもやめてあげられそうにないよ、と、嬉しさが隠しきれない司。

そんな様子の司を、目を覚ました母が、じっと見つめています。

後日、司はまたいつもの店に一人で訪れ、楽しそうに談笑する優羽をそっと盗み見ています。

最近来る頻度減ってるよな、いるとしても瑞樹と2人だし…東條の告白はなんて返事をしたんだろうと悩む司。

聞いてもし会えなくなったら最悪だしな…母さんとの暮らしも慣れたし日程調整の連絡をしてみるか、と考えます。

やっと…もうすぐ会えるんだ、とはやる心を抑えつつ、帰路につく司。

自宅に帰ると、お、おかえりなさい、と不自然な様子の母が出迎えます。

ただいま、と返しつつ、今日は抱きしめないのか?と司もいつもと違う母の様子を感じ取っています。

ほらごはんにしましょう忠貴、あのね、今日は良く清貴が動いて…と食卓を囲んで話す母と司。

司はその状況に、こうやって一緒に食卓を囲んでいると父さんと3人で暮らしていた時を思い出す…と感じます。

今ではこの状況に少し感謝しているくらいだ、と静かに自分の心の中に変化がある事に気付き始めています。

食事も終わり、食器を洗う母にちょっと仕事してくるね、と声をかける司。

あっ…そっちは駄目!と焦って止める母に、え?と言って司が自室の扉を開けます。

そこにはモニターが割れたデスクトップパソコンと、散乱した本、倒れた椅子。

司は変わり果てた自室と壊れたパソコンを見て、あ…うそだろ…?と声をあげるのでした。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~21話感想

うーん…やっぱりお母さんがパソコンを壊したのでしょうか?

メールを打つ司を不自然に見てはいましたが…。

家族仲もせっかくいい雰囲気になって来ていただけに気になりますね。

続きが楽しみです!

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 22話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる