MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 20話ネタバレ!遂に二人が会う事に!

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ の20話ネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

大学の友人と親しそうにしている大倉の姿を見て、ショックを受けた白川。

帰ると言う彼女を大倉は引き留めますが、遂に白川は泣きだしてしまいます。

それを司が慰める姿にカッとなった大倉はようやく自分の白川への気持ちに気付いたのでした。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 19話のネタバレはこちら

目次

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 20話ネタバレ

出て行った2人をぽかんと見送る司、気づくと店内は自分を見てざわついています。

やば!と司は慌てますが、優羽もその光景を離れた座席からびっくりした…と見ています。

ドラマみたいだったねーと言う東條に、三角関係も大変ねと言う瑞希。

優羽自身も好きな人を取られちゃったのかな?と考えています。

どんな状況かは別として、恋愛ってやっぱりあんなふうに直接ぶつかりあってこそ深まる物なのかな…。

司の背中をじっと眺め、だとしたら私の恋は、なんかおままごとみたいだな…と感じてしまう優羽。

一方司も、危なかった、春子に顔見られてないよな、2人は今頃どうなってる事やら…と心配しています。

うまく行ってるといいけど…と思っていると、また来まーすと優羽達のグループが店を後にします。

お、帰ったかなと思い少しして自分も退店する司。

すると後ろから瑞希!ごめんお待たせ!と言って横を走って行く優羽とすれ違います。

司の前を歩く瑞希と東條、そして優羽、人にぶつかりそうな優羽を東條が庇います。

東條に肩を触れられる優羽をじっと見つめる司。

こんなの見たくない、でも俺にはどうする事もできない、大倉もこんな気持ちだったのかなと考えます。

前と後ろを歩く、この距離を縮められない、それが司には物凄く苦しく感じます。

後日、バーに白川、大倉、司で集まると、すっかり白川にべったりな大倉。

…白川さんにムカついてたんじゃなかったの?と大倉が言うと、今は可愛すぎてムカつく、と言う大倉。

白川を見つめて肩を抱きっぱなしなので、なんかすみません、と白川が謝ります。

ちょっと軽く頬にキスをされて焦る白川に、この調子で全然ヤラしてくんないの、紗耶と言う大倉。

司はドライに、そーかいと見ていますが、幸せそうな二人の光景にほっとします。

…白川さん、今まで金曜日付き合ってくれてありがとね、もう来なくていいから、と言う司。

え?あでも…と言う白川に金曜って何の事!?曜日指定の恋人ごっこ!?駄目だよもう絶対ダメ!と怒る大倉。

だからもう白川さんをお返ししますって言ってるの、と言う司。

すると大倉は紗耶を物みたいに言うなよ!と先日俺の物、と言ったことを忘れて更に激怒します。

結局飲みすぎて泥酔した大倉を白川がタクシーに乗せ、それを見届けてからひとり帰路に着く司。

すげーな遅く来たマジの恋愛は…俺はああはならないようにしよ…なんてなれる予定もないんだけど。

そんなことを考えて、不意に落ち込んでしまいます。

それからは、PUZZLEには行くものの、ひとりで30分くらいコーヒーだけ飲んで帰るようになった司。

優羽と東條の距離はどんどん近くなるのに自分との距離は縮まらない。

その事実に落ち込みつつも、それは自分に弱さと勇気がないせいだと気づいていました。

季節は冬になり、いつもの優羽からのメッセージが届きます。

そこには、今さっき瑞希の同期の男性社員から交際を申し込まれた…という内容が。

瑞希はとにかく男の人に慣れるために付き合ってみれば、というけれどそんな気持ちで付き合うのは失礼。

そう思うもののこのままでは一生変われない気もしてしまい、司に意見を求めたのです。

俺の意見なんて決まってる…そう思っても、メールにはとりあえず付き合うっていうのはアリだと書く司。

一般的な意見を言いたいのに脳内は反対する言葉に溢れてしまい、上手くメールが作れずにいます。

いっそこの機会に俺の気持ちを…いや…と悩む司。

そこに、返信をしていないのに優羽からのメッセージが入ります。

相談の途中ですが…司さん29歳のお誕生日おめでとうございます!お祝い一番乗りゲットですか?(笑)

そのメッセージを見て、自分でも誕生日を忘れていた司は驚き、とても喜びます。

すぐに、ありがとう、凄くうれしいよ、と返す司、それは心からの本音です。

会えたらプレゼント渡せるんですけどね(笑)今年も気持ちだけ送りますね、と言う優羽。

思わず司はこの言葉に、気持ちのままにメッセージを書き、送信してしまいます。

会う?とだけ書いた、けれど司の本音と思いが溢れた一通のメール。

けれど司はすぐに何やってんだよ俺…こんなの春子が困るに決まってる…と後悔します。

今日はもう返信来ないかもな…とベッドに寝転がり頭を冷やそうとする司。

すると、優羽からの返信が届き、慌てて飛び起きてパソコンを見ると、二文字のメッセージ。

はい、と書かれたメールに、司は言いようのない喜びを感じるのでした。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~20話感想

長かった…ようやく会う流れになるのですね…!

こうなると東條もいいスパイスだったかもしれませんね。

後はうまく行ってくれるといいのですが…!

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 21話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる