MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 1話ネタバレ!記憶喪失の恋人

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ の1話ネタバレをまとめました。

目次

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 1話ネタバレ

フードを被った男に追い詰められる、社内の女子達に陰で笑われる、辛い日々に投じたSOSの書き込み。

怖い、痛い、辛い、誰か…と恐怖のイメージの中、椎名優羽は病院のベッドの上で目覚めます。

いたっ!と頭の包帯を押さえ、ここ病院…なの…?と声を上げる優羽。

その様子に慌てて、よかった、目が覚めて、と立ち上がる一人の男性。

見覚えのないその男性に、優羽はあなた、誰ですか?と尋ねると、え…とショックを受ける男性。

じゃあ優羽は司君と事故の記憶だけがないって事ですか?と優羽の母が尋ねます。

頭を打ったことによる一時的な記憶喪失でしょう、と話す医師。

司君1週間ずっと優羽の事診ててくれたのになんで忘れて…と嘆く母に、目が覚めて何よりだろ、と父。

あと1週間したら退院できるようだしそれまでにゆっくり思い出せばいいわね、ね、司君と母が言います。

はい、そうですね、と少し辛そうに返す先ほどの青年・司。

司の様子を見て、悲しそう…酷い話だよね、彼氏の事を忘れるなんて…と感じる優羽。

じゃあまた明日来るからと病室を後にする父母たち。

こういう時って親が付いててくれるもんじゃないの?2人にされてもどうすれば…と優羽は慌てます。

どうしていいか解らずにいる優羽を見て、俺は司 清貴、29歳、改めてよろしくねと言う司。

にこっと微笑む司を見て、こんなカッコイイ人が自分の彼氏なのが不思議だと感じる優羽。

思わずじっと見ていたため、司に見すぎ、中学生みてぇ、可愛いとからかわれてしまいます。

恥ずかしそうにしつつ優羽は、私は貴方の事、なんて呼んでたんですか?と尋ねます。

清貴って呼びたい?と司が言うと、いえ!司さんって呼びますとりあえずは!と焦る優羽。

…そっか、と言う司の雰囲気に思わず、駄目…ですか?と優羽が尋ねると、いやいいよ好きにして、と言う司。

緊張しっぱなしの優羽は男性との会話ってどうすればいいんだっけ…?と悩みます。

私たちってどれくらい付き合って…と優羽が尋ねると、出会ってからは3年くらいかな、と返す司。

その言葉に、じゃあとっくに私の男性恐怖症は治ってるって事だよね…と考える優羽の脳裏に浮かぶフードの男。

頭が痛くなり、何か一瞬頭に…と先ほどのイメージが引っかかります。

その様子に、無理しないで今日はもう寝な、俺がいると緊張して寝付けないだろうし散歩してくるよ、と司。

優羽は司さんって何か大人だな…6個も上だから大人なんだけど…と司の対応に、少しばかり安心します。

後日、院内のイチョウ並木を車いすで散歩する優羽と、それを押す司。

お母さん夕方には来るって、と話す司に、ほんと司さんに任せっきりなんだから、と思う優羽。

夜も一緒に寝てくれたし、私が起きない間もずっと一緒にいてくれたのかな、と優羽は考えます。

お仕事は大丈夫なんですか?と優羽が言うと、司は今は有り余る有給を消化してるから大丈夫と答えます。

有り余ってる…と驚く優羽に、SEだからね、忙しすぎて有給撮る暇も無くて、と返す司。

システムエンジニアさんか…と思った優羽は、私の仕事は一般事務です、と司に伝えます。

笑いながら、知ってるって、という司に、そうだったと言う顔をする優羽。

短大出てから1社目に1年間、そんで今のところに2年間でしょ?きつかったけど頑張って来たね、と言う司。

前の会社でいじめられてたことも知ってるんだ…付き合ってたなら当たり前かな?と優羽の心が揺れます。

外気の寒さにくしゃみをした優羽に司はごめんね、寒かったよね、とそっと上着を掛けます。

いやいいですっと焦る優羽に、それ返されると逆に恥ずかしいんだけど…いいから羽織っててよと言う司。

…どうも、と言って上着を羽織る優羽。

だめだ…恋人同士ってどうやるんだか全然わかんない…本当に私に彼氏いたのかな…?と戸惑う優羽。

そうだ、明日ジェンガ持ってくるよ、と言う司に、ジェンガやりたい!と即座に優羽が返します。

気まずいから今すぐやりたいくらいだとすら思っている優羽。

ジェンガ好きだもんね、優羽、と司は返し、あとこれも、と自販機のボタンを押します。

はい、好きでしょ?ミルクティーと言って缶のミルクティーを手渡す司。

優羽はお礼を言いつつ、この人の笑顔は思い出せないのに温かい気持ちになる…と心に灯る思いを感じます。

司さんの事ももっと聞いていいですか?と優羽が言うと、司もうん何でも聞いて、と言います。

家の事や、会社の事を聞き、結局司さんへの質問大会みたいになっちゃった…!と病室で反省する優羽。

優羽が乗っていた車いすを片付け、じゃあ後でまた来るから、と病室を去る司。

優羽はほんとにずっと一緒に居てくれる…と感動します。

でも仕事で忙しいって言ってたし、普段はあんまり会えてなかったのかな、と二人の付き合いを想像する優羽。

そこに、優羽来たわよ~ちょっとは司君の事思いだした~?と母が明るく病室を訪れます。

それがまだ…と優羽が言うと、やだもう、というか司君いないの?ざんね~んと返す母。

シャワー浴びたらまた来てくれるって、と優羽が伝えると、ほんとラブラブなんだから、と母が言います。

照れくさそうにもじもじしながら、お母さん…あのさ、司さんと私ってその、どんな感じだったの?と優羽。

少しでも交際当時の事を知り、思い出したい、その一心で母に自分たちの過去について聞いて見るのでした。

遠回り~それでも好きになっていいですか?~1話感想

時折思い出される優羽の過去らしき映像がなんとも痛ましそうな内容でハラハラしますね…。

それにしても優しい彼氏がいて本当に良かったと思ってしまいますね!羨ましいぞ!

これからの二人の恋の行方が楽しみです!

遠回り~それでも好きになっていいですか?~ 2話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる