MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

東京卍リベンジャーズ224話ネタバレ最新話確定と考察!マイキー乱入!ドラケンの報復に梵(ブラフマン)vs六波羅単代

東京卍リベンジャーズ

2021年9月29日(水)に発売の週刊少年マガジンに掲載される漫画「東京卍リベンジャーズ」224話のネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回のおさらい
  • 救急車で運ばれるドラケン
  • 2005年の初日の出
  • 日の出を掴むマイキー
  • 最期に思い出すのは東卍のことばかり
  • 最期の言葉はエマに

前回の内容を忘れてしまった人は、下記より詳細をご覧ください。

ほかキャンペーン情報

目次

東京卍リベンジャーズ224話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

さっそく、漫画「東京卍リベンジャーズ」224話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそくお届けします。

寺野サウスが激怒

六波羅単代のアジトでは、寺野サウスが余計なことをしやがってと怒り心頭でした。

ドラケンを撃った部下を半殺しにしながら、舌なめずりをしています。

一方タケミチは、ドラケンを失ったことに呆然としていました。

ドラケンはやはり死亡。

救急車に乗り込んだ時には、息絶えていたのです。

タケミチの戦意が喪失

タケミチは何度も千咒に話し掛けられますが返事ができません。

ドラケンの死を受け入れられないのか、表情もどこかぼんやり。

そんなタケミチを千咒は心配そうに見つめます。

ドラケンの死に明司武臣が激高

そこへ駆けつけたのは明司武臣でした。

彼はドラケンが殺されたことに激高し、今から六波羅単代を潰すと言います。

しかし千咒はそれに猛反対。

今日はダメだと言う彼女に、明司はじゃあいつならいい!?と怒鳴り返します。

ドラケンが殺されたことを許せない明司武臣。

彼はこれは殺し合いだと叫び、千咒もそれに大声で反論するのでした。

六波羅単代が登場

兄妹喧嘩をしていたところに駆けつけたのは六波羅単代です。

寺野サウスはこっちから出向いてやったぜと、部下を大勢引き連れてやってきました。

ドラケンの鎮魂歌(レクイエム)だと叫ぶサウスに、明司は怒りが隠せません。

そうして梵(ブラフマン)と六波羅単代は、その場でぶつかり合うことになるのでした。

マイキーが単身乱入!

しかしそこに、聞き覚えのあるバイクの排気音が聞こえます。

その場に突如乱入してきたのは、関東卍會の特攻服を纏ったマイキーでした。

無表情で怒りを露わにするマイキーに、タケミチは彼の名前をぽつりと呟くのです。

東京卍リベンジャーズの224話を無料で先読みする方法

東京卍リベンジャーズ224話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう。

ドラケンは意識不明の重体か?

死亡したかに思われるドラケンですが、まだ死んだという明確な描写はありません。

前回のラストでエマが出てきたところを見ると、もしかすると「まだこっちに来てはいけない」といった展開があるかもしれませんね。

しかし胸の周辺を何発も打たれているドラケンです。

生存の可能性は低いを思っていた方がよいでしょう。

東卍メンバーが病院に駆けつける?

ドラケンの悲報に東卍メンバーが駆けつける展開が予想されます。

おそらくタケミチは質問攻めにされるでしょうが、果たして彼はうまく説明ができるのでしょうか?

もしかしたらその場には、千咒と明司が立ち会うかもしれませんね。

三ツ谷、千冬、イヌピーが不良の世界に帰ってくる?

ドラケンの悲報に黙っていないのは、おそらく双龍である三ツ谷とこれまでバイク屋とともに営んできたイヌピーでしょう。

彼らはドラケンの敵討ちとして不良の世界に帰ってくる可能性があります。

そして千冬も、相棒であるタケミチが身を置いている環境に戻ってくるかもしれませんね。

タケミチと千冬の相棒関係が、今後再開する未来もありそうです。

東京卍リベンジャーズ224話ネタバレ最新話考察まとめ

今回は、漫画「東京卍リベンジャーズ」224話のネタバレ最新話を考察予想と共に紹介しました。

東京卍リベンジャーズ224話は、ドラケンの死亡が確定。

梵(ブラフマン)vs六波羅単代が勃発かと思われたとき、単身で現われたのはマイキーでした。

タケミチはドラケンの死に傷心中。

また明司が冷静でいられない中、彼の死を巡って物語が動き出す予感です。

以上、漫画「東京卍リベンジャーズ」224話のネタバレ最新話を考察予想と共にお届けしました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる