MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新話確定!明かされる明司の過去!そして千咒がサウスに立ち向かう!

東京卍リベンジャーズ
2021年11月10日(水)に発売の週刊少年マガジンに掲載される漫画「東京卍リベンジャーズ」230話のネタバレ最新確定情報をお届します!

前回のあらすじ
  • 鶴蝶とマイキーが一触即発の状態に
  • 千咒がサウスに殴り飛ばされる
  • 明司「千咒の実力は大したことない」
  • 実は千咒はわざと実力を隠していた
  • サウスに強力な一撃をお見舞いした千咒!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

ほかキャンペーン情報

目次

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新話が確定いたしましたので紹介してまいります!

明かされる明司武臣の生い立ち!

天下をまとめあげた初代の黒龍、そしてその副総長だった明司武臣。

彼は子供時代、実に平凡な男の子でした。

けれど幼馴染だった真は、あかるく優しく、人を惹きつける魅力を持った強い男だったのです。

明真は真のすぐ横にずっといました。

だから、自然とNo.2の座につきました。

調子にのってしまっていた過去の明司

その座についた明司は調子にのり、黒龍が解散してもその地位を使って遊び呆けます。

けれど段々借金が重なっていき、彼は生き延びることに必死になります。

ちょうどその頃に、真は死んでいました。

そこから、千咒がチームを作ると言い出し、明司は彼らに拾われたのです。

ドラケンの死を自分のせいだと言う明司

明司は泣きながらうなだれました。

自分のせいで、自分が間違えたせいで、ドラケンは死んでしまった。

千咒がドラケンの死を乗り越えて立ち上がる!

けれどそれを千咒は否定します。

間違えたのは自分。とめられなかったのは自分。

それから、今の自分にできるのは、目の前のこの男を倒すことだ、と。

東京卍リベンジャーズ最新話を無料で先読みする方法

東京卍リベンジャーズ230ネタバレ最新話展開まとめ

今回は、漫画「東京卍リベンジャーズ」230話のネタバレを紹介しました。

千咒がとてもかっこいい回でした……。次回が気になりますね!

以上、漫画「東京卍リベンジャーズ」230話のネタバレ最新話をお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる