MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

東京卍リベンジャーズ226話ネタバレ最新話確定と考察!初代黒竜VS.最強の戦い!ドラケンは生きている可能性アリ!?

東京卍リベンジャーズ
2021年10月13日(水)に発売の週刊少年マガジンに掲載される漫画「東京卍リベンジャーズ」226話のネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回のおさらい
  • マイキーが関東卍會とともに登場!
  • ドラケンの死が引き金となる
  • 三つ巴の戦いに・・・
  • 最強VS.初代黒竜コンビ!?

前回の内容を忘れてしまった人は、下記より詳細をご覧ください。

ほかキャンペーン情報

目次

東京卍リベンジャーズ226話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

さっそく、漫画「東京卍リベンジャーズ」226話の最新話が確定しました!早速内容を紹介していきます!

三つ巴となった抗争

三天が入り乱れ戦う事となったのですが、なぜかマイキーは微動だにしません。

その様子に憤るカクチョーですが、千夜がすかさずおそいかかってきます!

武器を使えば楽勝だという彼ですが、そこに乱入してきたのは灰谷兄弟で、2人もまた武器を使って千夜に殴りかかりました!

タケオミを庇いサウスと相対するワカとベンケイ

タケオミはどくように怒鳴りますが、ベンケイはそれを許さず頭を冷やすように告げました。

ワカとベンケイは襲いかかってきた六破羅単代の連中をあっさりのしてしまいます。

周囲に倒れた人の山を見て、サウスは「100人くらいかな」と明るい表情で話しかけてきました。

「さすが最強コンビだ!」

ベンケイとワカの昔

その昔、関東の勢力図は西と東に分かれていました。

西関東をまとめあげていたのが、かつてラグナロクと呼ばれていたグループであり、その総長が武闘派で知られていたベンケイでした。

当時は返り血で赤く染まることから赤壁の異名をもっていたといいます。

東側をまとめていたのが煌道連合とよばれる、ラグナロクに対抗するために作られた12のグループが合併してできた巨大グループでした。

その煌道連合をまとめていたのが、白豹とよばれていたワカです。

赤壁VS.白豹の争いを終わらせたのが佐野真一郎

当然ラグナロクと煌道連合は争い合う運命だったといえるほどに仲が悪かったのですが・・・

そんな彼らの争いに終止符をうったのが佐野でした。

こうして関東は統一されたのだと千咒はタケミチに語ります。

遂に開幕!サウスVS.伝説の2人!

ベンケイは「マイキーまで温存しておきたかった」と嫌そうに吐き捨てながらも、サウスに睨みをきかせました。

ワカはそんな彼に、サウスもまたマイキー級なんだから油断するなと声をかけます。

圧倒的伝説をもつ2人に睨まれても尚、サウスは嬉しそうに叫んでいました。

「来いよ伝説!」

「「いくぞオラアア!!」」

サウスVS.ベンケイとワカ戦!開戦!

東京卍リベンジャーズの226話を無料で先読みする方法

東京卍リベンジャーズ226話ネタバレ最新話考察まとめ

今回は、漫画「東京卍リベンジャーズ」226話のネタバレ最新話を考察予想と共に紹介しました。

ワカとベンケイは実力者風に描かれてはいましたが、ここまで強い存在だったとは思いもしませんでしたね・・・

そんな二人がサウスに向かうとあって、圧倒的にサウスの劣勢かと思われますが・・・サウスの余裕そうな表情をみるとただ戦いを楽しみたいだけではなく、何か陰湿な勝機を感じます。

次号はこの調子でいくとワカとベンケイ、そしてサウスの戦いに終始しそうですね!

以上、漫画「東京卍リベンジャーズ」226話のネタバレ最新話を考察予想と共にお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる