MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ここからはオトナの時間です2巻ネタバレ!大好きな人の隣

コミックシーモアで連載中の【ここからはオトナの時間です】についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

入社3年目になるOL女子 佐々木みかんは、仕事に追われるばかりか失敗ばかりしてしまう落ちこぼれタイプ。

この日も仕事でミスをしてしまい、怖い先輩からめちゃくちゃ怒られてしまいます。

そんなみかんにいつも優しく接してくれるのは亜久津部長。

イケてるイケメン男性にみかんは気がある様子。

でも彼とお近づきになるどころか、仕事が忙しすぎて上京して3年経つのに友達も出来ません。

今日も誕生日なのに夜遅くまで残業。

まったく寂しい東京生活。

因みにみかんの悩みは他にもあります。

小さな頃から霊感があり、霊を見るどころか彼らから様々ないじめに遭ってきました。

幸い霊媒師のおばあさんに魔除けの首飾りを貰ったことで、霊の接近から身を守ることが出来るようになったみかん。

しかし霊が見える体質は相変わらず変化なく···。

あろうことか亜久津部長に常日頃から霊が纏わりついていると判明。

手で追っ払っても全く効果はなく、最近はより強い幽霊まで彼に憑いています。

みかんが霊感体質だという話はここまで。

遅くまで不本意な残業していたみかんに戻りますね。

本当なら誰かに祝ってもらいたい誕生日。

そんな人は誰もいない状態が悲しくなったみかんは、リスクも考えずに夜の公園でやけ酒。

酔い潰れて遊具にまで抱きつく彼女が、通行人に絡まれているところを助けたのは亜久津部長。

住所も確認出来ず公園に放置するわけにもいかず、背負って自宅に帰宅しベッドに寝かせました。

さあ明日からはまた上司と部下同士。

そう思った亜久津部長に、遠慮もなく敏感な部分を密着させてきたみかん。

男の部分が反応して仕方がない!

どうする亜久津部長?

目次

部長の要求は通い彼女?奇妙な関係はある日突然始まった!

佐々木みかんにベッドの上で抱きつかれた部長ですが、彼は紳士なのでそのまま抱くことはありませんでした。

しかしみかんはお母さんを求める娘のように、部長に抱きついたまま。

ベッドの上で2人一緒に眠る様子はまるで恋人か夫婦。

まあ彼にとってこうして誰かと寝るのは久しぶりのことです。

翌日

上司と仲良く寝ていたみかんが目覚めると今更ながら大騒ぎ。

びっくりし過ぎてベッドから転落して亜久津部長の前で大開脚。

おっちょこちょいなのは素面でも変わりません。

ボサボサの髪にパンツを見られ、服まで貸してもらったみかんは顔を赤く染めました。

とにかく謝罪するのが先決。

冷静になって昨日の醜態を謝罪します。

今後は心配だからあんなことはしないほうがいいよ。

よりによって憧れの人に見られてしまい一生の不覚!

この際部長の為に何でもします。

なら明日から仕事終わりに家に来てくれる?

これが亜久津部長の要求でした。

みかんはその要求を受け入れ、翌日の仕事終わりに一旦自宅に帰宅し身体を洗います。

特別な人に綺麗に見られたいと思うのは、女の子として自然ですよね。

そもそも何故部長にこれ程夢中なのかというと、それは2年前のほんの些細な事がきっかけ。

実家から送られてきた痛んだみかん。

母親に会社に持っていけと言われたみかんは、渋々給湯室でみかんを準備。

その時部長は俺もみかんが大好きなんだと、優しい笑顔と言葉を提供してくれました。

だから亜久津部長は特別な人。

回想終わり。

場面は切り替わり、実家から送られたみかんを持って部長宅を訪問するみかん。

部長はちゃんと最初にみかんを渡した時のことを、覚えてくれていました。

夕飯がまだのみかんに彼は豪華料理を振る舞ってくれます。

仕事だけでなく料理も得意なんですね!

更に誕生日まで覚えていてくれて、1日遅れですがケーキをプレゼント。

イケメンで優しく紳士的。

こんな理想的な男性なら、多くの女性が放っておかないでしょう。

さて今日来てもらったのは他でもない。

不眠症で最近よく眠れないから一緒に寝てほしいと部長。

嫌なら断ってくれて構わないと言われたみかんは二つ返事でOK。

これはもう襲われてもいいですよという合意も同然。

遠慮がちに一緒のベッドに眠るみかんの耳元に、もう少しこっちに来てと囁く部長。

意地悪してほしそうな背中に見えたそうです!

顔を真っ赤にして恥ずかしがるみかんは、彼への想いは急上昇中。

相手の顔を至近距離で直視しながら、もう一度昨日のお礼を言いました。

“佐々木は可愛いからおあいこ”

と言った部長のセリフは最早愛の告白のようなもの。

みかんは遠くから眺めているだけの存在だった人が、こんなに近くにいてくれることが嬉しくて仕方がありません。

先に目を閉じた亜久津部長の名前を切ない声で言ったみかん。

すると部長は突然起き上がり、彼女の両手を掴む形で上から直視してきました。

これはもう一つになるまであと少しかも!?

ここからはオトナの時間です2巻 大好きな人の隣の感想

睡眠不足気味だから一緒に寝てほしい。

君が一緒にいると安心出来る。

うん、これは単なる上司と部下の関係で言えることではないでしょう。

片想いだと考えていたみかんですが、実は以前から部長はみかんに気があったのではないでしょうか?

可愛いと言われて赤くなるみかんは、もう受け入れ体制万全。

関係はこの先どんどん進展していくこと間違いなし!

今回みかんと部長はいい雰囲気になったので、このまま一つに繋がっても不思議ではありません。

次回は2人のエロシーンが盛り沢山と予想しました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる