MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ここからはオトナの時間です14巻ネタバレ!みかんの家族全員集合!

コミックシーモアで連載中の【ここからはオトナの時間です】についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

扉の奥に隠された亡き奥さんの部屋。

今のみかんが愛する存在でもこれだけは見られたくない。

部長の表情からは複雑な感情が窺えました。

でもだからこそみかんと過ごす時間は大切。

わざわざ体調の悪い自分の面倒を見てくれたみかんを、ぎゅっと抱きしめ2人仲良く眠った部長。

そのお陰か翌日から彼は精力的に働けました。

みかんパワーは侮れません、

部長に話しかけるタイミングが掴めずちょっと寂しいみかん。

でも思いもよらないところにチャンスが転がっていました。

その時のみかんは、意外にも気が合った先輩女子社員と恋ばななどをトーク中。

隣にいた男性2人が会話で盛り上がり、誤ってみかんの手に熱いめんつゆを溢してしまいます。

早く手を冷やしてきなさい!

先輩女子社員に言われたタイミングで部長が登場。

給湯室まで連れていきみかんの手を冷やしてくれました。

それから2人はハグで我慢。

お互いにお持ち帰りしたい気持ちになるもなんとか堪えます。

こんなちょっとラッキーイベントがあったものの、部長が奥さんとの過去を引きずっているのは変わりません。

更に霊が何故奥さんを知っていたかも謎のまま···。

煮え切らない思いを抱えたまま遂に迎えた田舎への出発日!

少しでも進展があるといいですよね。

目次

実家への帰省は2人の絆を高めるきっかけに!もう離さない!

亜久津部長と実家へ向かう為、車に乗り込むみかん。

幽霊の事を聞いてお守りを直す目的があるとはいえ、一緒の外出はなんだかドキドキです。

みかんの実家は遠いようで、移動手段には飛行機も含まれていました。

気軽に帰れる距離ではないからこそ、家族はみかんに会えるのを楽しみにしている様子。

部長は最初俺も行っていいのかと遠慮してましたが、みかんが男性を連れて来るというので家族は大歓迎だそう。

場面は空港に到着した2人を、兄妹達が車で迎えに来るところに切り替わります。

みんなワイワイ賑やかな家族に囲まれみかんも嬉しそうです。

部長はその様子を微笑ましい目で見ていました。

因みに家族内で幽霊が視えるのは3人。

どうりで幽霊に慣れているわけです。

家族と久しぶりの会話を楽しんでいる間に、一行は霊媒師のおばあさんの家に到着。

壊したお守りは1日で修復可能だと言った上に、部長に憑いた幽霊も一瞬で排除してくれました。

効果は一時的だとしても流石は実力のある霊媒師。

実際に例の幽霊も、おばあさんの家には近付けていません。

1日一件しか受け付けていないということで、幽霊については聞けなかった2人。

ここにはまた明日来るとして、次は柑太郎のお店を訪ねることに。

そこで出会ったのはみかんの同級生。

昔嫌な思いをしたからか気まずそうなみかんに、柑太郎は助け船を出してくれました。

商品だけさっさと渡して満面の笑みでありがとうございます!

押しの強いイケメンの圧に負け、おずおずと引き下がりました。

ここで場面はみかんの実家に切り替わります。

大集合した家族はみかんに負けず劣らず明るさマックス。

イケメン部長がみかんの彼氏だと名乗り、側にいると心が温かくなる女性と評価すると家族は大盛り上がり!

但し他のみんなが亜久津部長を下の名前で”和音さん”と言ったので、みかんはいじけてしまいます。

自分はまだ呼んだことないのに···。

ここでみかんの兄が悪戯で妹のグラスに酒を注ぎました。

腕を組んで”抱っこしてください”準備中?

それともナウローディング?

「みんなばっかりずるい——–っ!!和音さん和音さんって私だって呼んだ事ないのに——–っ!!」

と泣き出したと思ったら、”部長は私のもの宣言”の直後に家族の前で部長に抱きつきました。

新たなバージョンの誕生です。

優しい部長は酔って眠ってしまったみかんを、ベッドまで運んでくれます。

相変わらず凄く優しいですよね。

目を覚ましたみかんは、部長がニコニコと見つめていることに気付き飛び起きました。

今更ながら醜態を晒してしまったことを後悔。

みかんがお風呂に入りに行っている間に、部長は彼女のお母さんから渡されたアルバムを閲覧。

そこには小さな頃のみかんや友達、そして彼らが成長した姿が記録されています。

興味はあるけどここまでにしておこう。

自分にだって知られたくない過去はあると、部長はそっとアルバムを閉じました。

そうこうしているうちにお風呂から戻ってきたみかん。

彼女の座る場所は部長の目の前。

後ろからぎゅっと抱きしめられたみかんに、あったかいご家族だねと囁きます。

みかんがあったかい理由がこれで分かったと部長。

私も部長の家族にいつか会いたいな。

すると”良かったら会ってね”と返事をもらえて、真っ赤になっていました。

「いつ名前で呼んでくれるの?」

これは酔ったみかんが家族に嫉妬した理由。

でもさっきは酔った勢いで言ってしまっただけに、なかなか部長を和音さんと呼べません。

そこで部長が”みかん”と呼んであげると、嬉しすぎて思わず涙を流しました。

みかんも感謝の気持ちを込めて一世一代の大勝負。

「和音さん。」

このたった一言にキュンときた部長。

みかんの顔を見るだけでも刺激的なのに、名前を呼んでくれたのは破壊力抜群。

おまけにキスもダメですか?なんて可愛い声で言われたものだから、これでもかというぐらい濃厚なキスをしました。

もっともっと触ってほしい。

でもこれ以上は理性が保てなくなるから終わり。

最後はお互いの温もりを感じながら、仲良く眠りました。

ここからはオトナの時間です14巻 みかんの家族全員集合!の感想

今回は個性的なみかん一家が集まりました!

みかんだけでなく、彼女の家族もみんな個性派揃いで賑やかです。

肝心のみかんと部長の関係は、相変わらず揺るぎないものとなっていましたね。

本当はもっと深く繋がりたいけど、お互いに遠慮していて未だに完全に一つにはならず。

部長は理性を試されていると思っていましたが、霊のことが解決出来るまではセックスすることはないのではないでしょうか?

これまでの様子から霊は部長の奥さんと何らかの関わりがあった人でも、不思議ではありません。

記憶を戻すという約束を果たす時、部長が過去の因縁と決別する時だと思っています。

お互いに隠し事がなくなった2人が真実の愛を見つけ出す。

なんてロマンチックな展開を期待してしまいました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる