MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ここからはオトナの時間です1巻ネタバレ!酔った勢いから始まる関係

コミックシーモアで連載中の【ここからはオトナの時間です】についてネタバレをまとめました。

目次

真面目な紳士亜久津部長とおっちょこちょいなみかん!2人の関係は急展開に!

「佐々木!なんで発注数前のままになってんのよ!」

と先輩女子社員に怒られる入社3年目になる佐々木みかん。

そもそも先輩がこれでいいと言ったはずだと、謝罪しながらも遠慮がちに抗議。

でも責任転嫁するなと先輩の怒りは収まりません。

入社3年目ならもうとっくに新人に教える立場。

お叱りを受けた上に今日は居残り残業。

仕方ないと項垂れながら歩くみかんは、亜久津部長にぶつかってしまいます。

先程の厳しい先輩とは打って変わり、亜久津部長は怒るどころかみかんを心配してくれました。

それにしても本日も彼には沢山の霊が憑いています。

以前はもっと小さくて弱い霊だったのが、今では得体の知れない大きな幽霊が見えるようです。

というのも実はみかんは、子供の頃から幽霊が見えるのだとか!

しかもいたずらをされたりと困ることばかり······。

例えば幽霊に追いかけられたり、熱があって寝込んでいるのに枕元で囁かれたりと災難が多発。

そんなみかんの力になってくれたのが霊媒師のおばあさん。

子供の頃にとある場所にある秘密基地で友達と遊んでいたら、悪寒がした時のことでした。

みかんにまとわりついて離れない悪霊。

とても息苦しくて怖い···!

その場でしゃがみこみ動けなくなってしまった彼女の首に、霊媒師のおばあさんは魔除けのネックレスをかけてくれました。

ネックレスのお陰で急に楽になったのです。

場面は再び現在。

会社で残業しているみかんは、あと数時間で誕生日が終わってしまうと落ち込みます。

東京に来て早3年、仕事に追われて友達を作る余裕もありませんでした。

だから今日が特別な日になる期待なんてないけど、やっぱり誕生日に残業なんて遠慮したいもの。

とはいえ結局仕事が終わったのは夜遅く。

疲れて帰宅した時にあったのは、家族からの久しぶりの電話。

電話もメールもしたのに見てないの?と聞かれ、咄嗟に誕生日だから会社の皆がご飯連れていってくれたと嘘をついてしまったみかん。

“みかん送ったから会社の皆さんと食べてね。”

自分を心から心配してくれた家族に、嘘をついたのは後ろめたい気持ちです。

でも心配させたくないからこそついた嘘。

携帯を確認すると兄達からも沢山のメールが!

良い家族に囲まれて彼女は幸せですね。

友達や恋人がいないことを除けば······。

この寂しさをどうやって紛らわそうかと考えたみかんは、なんと夜の公園のベンチに座り誕生日パーティー!

お菓子の他に酒まで買って酔い潰れる気満々です。

最初は近寄ってきた猫と話すだけだったのが、酔いが回ると遊具にまで抱きつく始末。

「だっこしてくださ~い。」

と醜態を晒すみかんをたまたま通りかかった亜久津部長が目撃。

亜久津部長を見たみかんは、冷静になるどころか大興奮。

部長に抱っこを求めて突撃するところがまだまだ子供。

しかし通りすがりの青年にぶつかってしまい、絡まれることに······。

手を広げて受け入れるポーズの青年を拒否したみかん。

キレた青年に突き飛ばされたことで、無視を決め込んでいた亜久津部長が助けに向かいます。

青年はそっちが先にぶつかってきたと責任転嫁。

部長は他人事な青年を睨み付けて注意。

みかんはというと子供のように部長に甘えて離れません。

夜の公園に放置するわけにもいかず住所確認も出来ない。

仕方なく彼女を背負い自宅まで帰宅。

ベッドに寝かして着替えさせる為に服を脱がす姿は、女性との行為前と思われてもおかしくない光景。

セクハラで訴えられたら恐らく勝ち目なし?

ともかく酔っていつもああなら問題大有り。

亜久津部長はとんでもない拾い物をしたと嘆きつつも、捲れた布団をかけ直してやりました。

これで明日からはまたいつものように上司と部下に戻るだろう。

でもベッドを離れようとした部長の腕を、みかんはガシッと掴んで引き寄せます。

バランスを崩し倒れた彼の上に覆い被さるみかん。

柔らかな秘部が脚に触れ部長は万事休す。

正気じゃないみかんは何の夢を見ているのか、部長と呼びながら更に体を密着させてきました。

流石に手を出さずに我慢していた亜久津部長も、男の部分が自然と反応。

これはもう2人はこのまま一線を超えてしまう予感がしますよ。

ここからはオトナの時間です1巻酔った勢いから始まる関係の感想

つきのおまめ先生が描く女の子の表情は、可愛くて優しい雰囲気。

冷たさがなくて見ているだけでほっこりとした気持ちになります。

それに主人公の佐々木みかんは、おっとりした天然でどこか憎めないタイプ。

夜の公園で若い女性が一人だけ。

しかも酒まで飲んで醜態を晒すなんて!

と最初は突っ込みましたが、普段からいろいろなものを抱えている分、酔って羽目を外したくなったのでしょう。

だからみかんは可哀想な子。

亜久津部長に絡んだことは迷惑をかけたことにはなりますが、今回の件がきっかけで関わりが増えていくこと間違いなし!

まずは今回のベッドシーンですが、あそこまで来ればもう一つになるまであと少し。

でも亜久津部長は紳士なので、無理矢理男の性欲を抑えて我慢するのではないでしょうか?

だって酔って正常な判断が出来ないところを抱いてしまったら、それは紳士とは言えないでしょう。

さてこれからどうなるのかドキドキです。

ともあれ亜久津部長と佐々木みかんの物語はまだ始まったばかり。

2巻のネタバレをお楽しみに!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる