MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

【推しの子】63話ネタバレ最新話確定!有馬かなの過去が判明!そして舞台で再び主役色に輝く有馬!

2021年11月18日(木)に発売の週刊ヤングジャンプに掲載される漫画「【推しの子】」63話のネタバレ最新話をお届します!

前回のあらすじ
  • 姫川に本気を出せと声をかけられる有馬
  • 姫川が有馬にアドリブを入れることを宣言
  • 姫川は主役らしく大暴れ!
  • 有馬とアクアにアドリブのセリフが全振りされる
  • 有馬のやりたいようにできる環境をアクア達が作る
  • アクアに背中を押されて本領発揮を有馬は決意する

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

ほかキャンペーン情報

目次

【推しの子】63話ネタバレ最新話確定!あらすじ紹介

【推しの子】63話の展開が確定いたしました!早速あらすじを紹介してまいります。

有馬の母親は芸能人の夢をかなに託した!

有馬の母親は、芸能人になりたがっていた母親でした。

そしてその夢を、娘であるかなに託したのです。

かながデビューして、順調に人気を博し、業界人となれた有馬の母親はとても幸せそうでした。

もちろんそれを見ていたかな本人も幸せでした。

かなの人気維持のためにおかしくなってしまうかなの母親

しかしその幸せな時期はすぐに終わりを告げてしまいます。

母親は、かなの人気が少し下がり始めた頃からその人気さをなんとかキープさせようとあれこれするようになったのです。

押し付けがましい営業、かなにもストレスをぶつけたり、その母親のせいで父親が不倫をしたり。

かなは思っていたのです。

私は売れていてる有馬かなであり続けなければ、いつか母親に見捨てられてしまう。

かなが選んだ”役者を引き立てる役者になる道”

ある日、有馬は監督に言われます。

ここで生き残りたいなら、演技力で勝負するんじゃなくて、使いやすさで勝負しな。

その言葉で、かなは自分自身は天才ではないのだと気付きます。

そこからかなは、人に合わせる、人をたたせる演技を覚えました。

自分にスポットライトが当たらなくたって構わない。

楽しそうに演技してる役者を見るのは好きだし、この方が偉い大人達もお母さんも喜ぶのだから。

吹っ切れたかなが本領発揮する!

そんな時、回想のなかで座り込んでいるかなにアクアがスポットライトを向けます。

いくらでもフォローをするから、好きなように演じろよ、有馬かな。

俺もみんなも、お前の演技を見たいんだから。

そしてかなは吹っ切れます。

アクアはいつもいつも私を変な風にしてくれるんだから、と彼女は演技を始めました。

その演技は、明るく、まぶしく、元気で。

主役は今、間違いなく有馬かなでした。

かなの埋もれていた魅力に気が付いた監督!

監督はそんなかなを見て驚きながらつぶやきます。

忘れていた、普段のひたすら使いやすい有馬かなでは見られないけれど、彼女はこんな演技も出来るんだった。

幼い頃みせていた才能は、まだ枯れていなかったみたいだな。

もっともっと、その視線を私に向けて、と演技をするかな。

その視線に、黒川はすっかりドキドキして興奮してしまいます!

【推しの子】最新話を無料で先読みする方法

【推しの子】63話ネタバレ最新話感想まとめ

今回は、漫画「【推しの子】」63話のネタバレ最新話の展開予想を紹介しました。

かなの本気が、アイやあかねとはまたひと味ちがった輝きで、とてもすてきでした!!

私を見て!!という彼女の自信たっぷりな笑顔には、なんだか視線を吸い寄せられるようです。

以上、漫画「【推しの子】」63話のネタバレ最新話の展開予想をお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる