MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

わたし、今日から「おひとりさま」11話ネタバレ!じゅりに心境の変化が・・・?

めちゃコミックで配信中のわたし、今日から「おひとりさま」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

紐野の家に居候することになった泉は、相変わらず亡くなったミチに会いに行くことをやめませんでした。

しかしそんな泉を元旦那が密かに見ていました。

目次

わたし、今日から「おひとりさま」11話ネタバレ

じゅりは高校時代から恋人ができても、長続きしませんでした。

当時から結婚願望はなく、東京に行ってプロのヘアメイクになるという夢があったようです。

そんなじゅりのことを泉はいずれ親は死んで、友達は家庭を持つので、1人になるのは可哀そうだと心配しました。

しかしじゅりは余計なお世話だと言い放ちました。

すると泉はじゅりがプロのヘアメイクになったら、自分の子供にもメイクしてあげてほしいと要求します。

じゅりはまだ女の子だとは分からないと呆れますが、泉はきっと女の子だ、母性本能で分かると言い張りました。

そして泉は絶対約束だとじゅりに告げたのでした。

じゅりは1人家でくつろぎながら、そんな高校時代の出来事を思い出し、ボーッとします。

その時、じゅりの携帯に「FaCEの表紙オファーがきた」と連絡が入りました。

今までのヘアメイクが産休らしく、新しい人を探していたようです。

FaCEはじゅりにとって、ずっと大好きな雑誌で憧れでした。

じゅりはあのチームと組めるなんて夢みたいだと喜び、迷わずオファーを引き受けました。

本当に売れっ子になった、31にしてこの仕事はすごすぎだと自画自賛し、浮かれるじゅり。

しかし独り言をいってことに気づき、我に返ります。

そして独り言の多い泉のことを思い出したじゅりは、彼女に汚染されていると少しショックを受けました。

それでもじゅりは泉と過ごした日々を思い返しながら、人と暮らすのも悪くなかったと感じます。

寂しくなって思わず元彼の慶太に電話しようとして我に返るじゅり。

さらに結婚や子供のことを考えますが、仕事を中断してまで自分が誰かのために生きるのは想像ができないと思いました。

そしてじゅりは、泉はすごいなとつぶやきました。

一方、泉はカレー屋で働いていました。

そんな彼女の元に、ある客が訪れるのでした。

わたし、今日から「おひとりさま」11話感想

1人で生きていけると言っていたじゅりですが、泉がいなくなって少し寂しくなってきたようですね。

そして泉の元を訪れたのは、誰なのでしょうか?

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる