MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

水神様の仰せのままに~生贄少女は悪魔に溺愛される~ネタバレ!ルミナ郷の秘密

DLsiteに掲載中の【水神様の仰せのままに~生贄少女は悪魔に溺愛される~】についてネタバレをまとめました。

目次

生贄少女が出会った謎の美男子!悪魔を名乗る人物は力を失った水神様で?

村を救うために水神様の生贄に選ばれたティアナ。

生贄は水神様の怒りを鎮めるためには、やむを得ないものでした。

今年の生贄に選ばれたからには、先代達と同じように未来永劫語り継がれる。

家族や友人達との別れを惜しみながら、ティアナは自ら川へと飛び降ります。

長い時間荒れる川に流れた末に意識が戻ると、目の前には一本の釣糸が!

それに手を伸ばしたティアナが辿り着いたのは、現世と黄金の国の間に位置するルミナ郷。

川で死を彷徨った者は必ず到達すると説明したのは、郷の番人アシュレイです。

アシュレイによると水神様は、村が勝手に作り上げている空想なのだとか。

だから村の水害は時期が来て雨量が減るのを待つしかない。

「お前はどうしてそんなに贄に固執しているんだ?」

と聞いたアシュレイに、ティアナは村の皆が少しでも安心して暮らせれば嬉しいと答えました。

そんなことは全くの無意味。

命を懸けても水害は収まらないことを、アシュレイの言葉が意味しています。

2人が話しているところに現れたのは侍女。

これから”略奪の儀”というものがあり、大浴場で川の汚れを落とされました。

侍女の説明では剥奪の儀は贄の業を落とす神聖な儀式なんだそうです。

神々の洗礼を受けてから初めてこの郷に住むことが出来る。

大浴場の後に案内されたのはアシュレイの寝室。

ティアナは剥奪の儀で何をやらされるかも知らないのに、不安より使命感が勝っています。

大抵の人間は生贄などにされたら恨んだり哀しんだりするのが普通。

お前のことが気に入ったから、今までにない方法で儀式をすると言ったアシュレイ。

それ即ちティアナの処女を捧げること。

「心配することはない···あとは俺に身体を委ねろ。」

とアシュレイはティアナの服を脱がしていきました。

初めて男に触れられた膣はぱっくりと口を広げ、そこから愛液が流れ出ます。

少し触っただけで感じる膣内に、指を挿入してかき混ぜると内部は既に大洪水。

しかし本番はこれから!

アシュレイの巨大な男の象徴が、ティアナの豊満な胸の谷間に滑り込みました。

乳首を刺激しながらそれを動かすと、ティアナの胸は精液だらけ。

そろそろいただくのにいい具合。

彼の巨大な象徴は膣の根元まで挿入され、いよいよ儀式の本番!

激しい腰の動きの末、膣内に大量の精液が注入されました。

でも儀式はまだ終わっていません。

再びアシュレイの男の象徴は、ティアナの狭い膣内に容赦なく侵入。

たっぷりと溢れ出るほどの液体は、2人の行為により混ざり合ったものです。

三回戦目は腰を高く上げさせてバックからの挿入。

激しくアシュレイが腰を打ち付けてくるので、室内にはパンパンという音が響き渡りました。

行為の後半ティアナは、ここで初めてかすかに水の香りがすることに気付きます。

そう、彼こそは本物の水神様だったのです。

といってもそれは昔の話で今は悪魔。

あの村の贄制度により、人が川に放り投げられ続け川は涙と血で穢れてしまいました。

憎悪が入り混じった水は、アシュレイの神力を消してしまうことに···。

しかし真実を知ってもティアナは軽蔑するどころか、アシュレイがますます好きになります。

後から聞いた話によると、本来の剥奪の儀はアシュレイに血を一滴捧げることで完了するらしく···。

彼女がされたのはまさしく”特別な儀式”ということになりますね。

因みにアシュレイを前にすると膣部がキュンキュンと反応するらしく、それに気付いたアシュレイはその身体で楽しませてやると約束。

こうしてティアナはルミナ郷で、アシュレイと共に新しい生活を送ることになりました。

生きているか死んでいるかも分からない状態。

きっと2人の幸せな生活は長きに渡り続くでしょう。

水神様の仰せのままに~生贄少女は悪魔に溺愛される~ルミナ郷の秘密の感想

筋肉質なイケメン悪魔(元水神様)と柔らかそうな身体のヒロインのラブストーリー。

とにかくイケメン悪魔がカッコいいし、純粋無垢なヒロインも魅力!

理不尽にも生贄にされても、それを運命だと受け入れようとする彼女を知り凄く健気だと感じました。

普通なら激しく取り乱し拒絶するでしょう。

アシュレイはヒロインのようなタイプに初めて会ったようで、彼女への感情は愛に近い。

今のところは主従関係ですが、近い将来ティアナはアシュレイのお嫁さんになるのではないでしょうか?

同じ場所で身体の関係ありで水神様を凄く慕っているとなれば、そんな関係に発展しても不思議ではありません。

いや寧ろそれを期待してしまいますよ。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる