MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

キスでふさいで、バレないで。7巻ネタバレ!楓が塩谷とラブラブの時間を過ごす!

コミックシーモアで連載している「キスでふさいで、バレないで。」のネタバレです。

【前回のあらすじ】

溝口のアドバイスで塩谷を水族館デートに誘った楓。

その帰りに塩谷の家に行くことになりました。

そこで楓は塩谷の気持ちを確かめ、付き合っていることを確認しました。

すると行為中に、塩谷のスマホに溝口から電話がかかってきます。

塩谷は溝口と電話をしながら、突然楓をベッドに押し倒すのでした。

目次

キスでふさいで、バレないで。7巻ネタバレ

塩谷は溝口との電話中、突然楓をベッドに押し倒しました。

そしてニコッと微笑みながら、楓のアソコに指を入れる塩谷。

楓は電話の向こうに聞こえてしまうので、必死に声を抑えますが、体が勝手にビクンと反応してしまいます。

早く終わってと願う楓ですが、塩谷は彼女の隣に横になり、スマホが気になる?と問いかけました。

そして「出る?」と言いながら、スマホを差し出す塩谷。

楓は動揺しますが、スマホは電源がオフになっていました。

実は塩谷は電話に出ていなかったらしく、電源ごと切っていたようです。

楓は聞こえてたらどうしようと怖かったのにと怒り、塩谷は「溝口の名前を聞いたらイラっとして、つい」と謝ります。

それでも塩谷は我慢している顔が可愛かったと言いながら、彼女に挿入し、腰を振り始めました。

楓は塩谷に自分にだけ声を聞かせてほしいと耳元でささやかれ、ゾクッとしました。

そして2人はラブラブの時間を過ごしました。

それから楓がベッドで眠った後、塩谷は部屋を出ていき、溝口に折り返し電話をかけました。

出張先のホテルにいる溝口は、電話を切っただろと怒り、塩谷は棒読みで謝ります。

塩谷は何の用かと尋ねますが、溝口は彼が出るのが遅いせいで忘れたとのこと。

すると溝口は塩谷に言われて楓と話してみたら、普通にいい奴だったと話します。

そんな彼の言葉に、ホッとする塩谷。

しかし仕事が遅いのは何とかしてほしいという溝口の言葉に、塩谷はおかしいと言います。

彼女が総務部にいた頃は仕事が早くて助かることが多かったらしく、そういう風には見えないとのこと。

まだ営業部に慣れてないんじゃないかと溝口は言いますが、塩谷は楓が引き継ぎが上手くいっていないと話していたことを伝えます。

しかし溝口はそれはないと否定し、あの仕事一筋な臼田が引継ぎをしているので、そこはバッチリだろうと言います。

それでも引き継ぎに問題がないなら、彼女がそこまで苦労するとは思えないという塩谷。

すると溝口は、なんでそこまで楓のフォローをしているのかと問いかけます。

塩谷は溝口には知られたくないと楓が話していたことを思い出し、この間会った時に仕事が大変だと話していたため、心配していただけだと答えました。

次の日の朝、楓が目を覚ますと、隣で塩谷が眠っていました。

あまりの距離の近さに、驚いて心臓が止まりそうになる楓。

そして恋人になったことを実感し、幸せを噛み締めます。

心置きなく塩谷の寝顔を眺め放題で、楓は思わずカッコいいなとつぶやきます。

その時、彼の手が楓のおしりの際どいところに触れました。

楓は昨日のことを思い出し、下半身がムズムズしてきます。

すると塩谷が楓の胸とお尻を触り始めました。

起きてますよね!?と楓が問いかけると、塩谷はバレたかとつぶやきながら目を覚まし、おはようと微笑みます。

朝イチからの笑顔の破壊力に動揺しながら、挨拶を返す楓。

そんな彼女をじっと見つめながら、塩谷は幸せな日曜だなと言いました。

楓は顔を真っ赤にしながら、自分も毎日目が覚めたときに塩谷がいたらいいのにと思うと返します。

そして2人はキスをし、思う存分イチャイチャしました。

次の日、昨日の天国から一気に現実に引き戻された楓は、この日も残業で夜遅くまで仕事をします。

しかし夜のオフィスに一人で残業だろうが、終電帰りだろうが、今日は全く苦ではありません。

なぜなら塩谷の彼女だからです。

楓がそんなことを考えながら一人でニヤニヤしていると、溝口が出張土産を持って会社に戻ってきました。

そして楓は溝口に塩谷と上手くいったことを報告しようとしますが、それより先に彼が、今やっている仕事は何なのかと聞いてきました。

楓が仕事の内容を答えると、溝口は引き継ぎの資料を出すよう指示し、それをチェックし始めました。

キスでふさいで、バレないで。7巻感想

塩谷と楓のラブラブっぷりが微笑ましいです。

そしていよいよ臼田の件が問題になりそうですね。

次の展開が楽しみです!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる