MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

キスでふさいで、バレないで。16巻ネタバレ!塩谷が拗ねて楓に八つ当たり!?

コミックシーモアで連載している「キスでふさいで、バレないで。」のネタバレです。

【前回のあらすじ】

楓は過去に油井課長にセクハラされた時も、織部に悪い噂を流されて総務部で浮いた時も、いつも塩谷が助けてくれたことに気づきました。

そして塩谷は「俺は絶対に楓の味方だから」と楓を抱きしめました。

そんな彼に楓は感謝しました。

その後、楓は塩谷が残業をしている間、溝口と家で飲むことになりました。

すると溝口は酔っぱらって楓を抱きしめるのでした。

目次

キスでふさいで、バレないで。16巻ネタバレ

溝口は突然楓を抱きしめました。

驚いて溝口を引き離そうとする楓ですが、彼はさらにギュッと彼女を抱きしめます。

そして溝口はそのままこたつの中で寝始めてしまいました。

楓は溝口の腕の中から何とか脱出するも、右手は彼にがっちり掴まれて枕代わりにされており、抜け出すことができません。

だんだん楓も眠くなってきましたが、塩谷におかえりと言わなければと考え、睡魔と戦います。

しかし結局寝落ちしてしまい、溝口に手を引っ張られて、彼の横で眠り始めました。

その後、溝口が眠りから目覚めました。

ところが寝ぼけているため、なんだこれ、こんなのうちにあったっけ?と考えながら、目の前の楓の頬をふにふにと触ります。

そしてそれが楓の顔だと気づいた溝口は、ようやく状況を理解し、顔を真っ赤にして動揺します。

何してたんだっけ?と必死に考えるも、ボーっとして頭が働きませんでした。

それから溝口は楓の頬に触れ、こいつのこと知らないことばっかりだと感じます。

自分が知っていることは、実は仕事熱心なところや案外図太いところや結構可愛いところや、好きな奴がいるところだと考えながら、楓を抱きしめる溝口。

布団に運んでやりたいけど、もう少しこのままでいいか・・・

そう考えながら、溝口は楓と共に眠り始めました。

その後、塩谷が仕事から帰ってくると、溝口と楓がこたつの中で仲良く寄り添って寝ていました。

イラっとした塩谷は溝口の顔を踏みつけます。

しかし溝口は酔いつぶれて爆睡しており、起きる気配はありません。

すると楓が起きて寝ぼけながら、塩谷に「おかえりなさい」と抱き着きます。

塩谷は微笑みながら「ただいま」と返しますが、楓の匂いを嗅ぐと、突然彼女を持ち上げて洗面所に連れていき、鍵を閉めました。

そこで塩谷は、溝口に何かされたかと楓に尋ねます。

楓は溝口に抱きしめられたことを思い出すも、何もなかったと答えます。

しかし塩谷は嫌なにおいがするから、洗い流してと指示しました。

楓は溝口を気にしますが、塩谷によると彼はああなったら朝まで起きないとのこと。

そして塩谷は服を脱ぎ始めます。

どうやら一緒に入るつもりらしく、楓は戸惑いますが、彼に「早く」と促されたため、服を脱いで風呂場に入ります。

すると塩谷は自分の手に石鹸をつけ、楓の体を素手で洗い始めました。

楓は洗うなら自分で洗うと戸惑いますが、「いいからじっとしてて」という塩谷。

塩谷に胸を揉まれた楓は、思わず声が出てしまいます。

その後も塩谷は黙々と楓の体を洗いますが、楓は居たたまれなくなり、彼にもう大丈夫なので、次は自分がやると言います。

すると塩谷は楓を膝の上に乗せ、これでお願いと告げました。

楓は戸惑いながらも、その状態で塩谷の体を洗い始めますが、ぬるぬるした体が密着しているため、変な気分になってしまいます。

そして楓は我慢できず、塩谷にキスをしました。

塩谷は楓と舌を絡ませてキスをした後、少しイライラして八つ当たりしたと謝ります。

残業を終わらせて帰ったら、2人が仲良く寝ているからだという塩谷。

楓は返す言葉もなく、大変申し訳ございませんでしたと謝罪します。

塩谷は少しは元気になったならいいけどと言いますが、明らかに表情は拗ねていました。

そんな彼の様子を見て驚く楓。

そして塩谷は楓の体をシャワーで流した後、ゴムを取り出し、つけてと指示。

それから楓は塩谷に言われるまま壁に手をついてお尻を突き出し、セックスを始めました。

頑張って声を抑えてと塩谷に言われ、必死に声を抑える楓。

体の力が抜けて、もう駄目だとつぶやく楓ですが、塩谷は謝りながらも動きを激しくしていきます。

そして楓はイッてしまいました。

その後、2人は一緒にお風呂に浸かりました。

その時、楓は塩谷が臼田の前では不倫のことだけ話して、セクハラの件を言わなかったことを思い出し、きっと知ってて黙ってくれたんだろうと考えます。

「好きだから、もう見ているだけは嫌だ」

そんな塩谷の言葉を思い出し、赤面する楓。

そして楓は塩谷にいつ自分を好きになったのかと尋ねますが、塩谷は秘密だと言って、恥ずかしそうに目をそらしました。

しかし好きになったのは彼の方が先とのこと。

それを聞いた楓は知りたいと食いつき、今は場所と時間が悪いので、今度教えてほしいと必死に訴えます。

しかし塩谷は「どうしようかな」とはぐらかしました。

その後、楓はお風呂から上がって、部屋に戻りますが、溝口はまだいびきをかいて眠っていました。

溝口の寝顔を観察する楓を、塩谷はじっと見つめるのでした。

キスでふさいで、バレないで。16巻感想

溝口と楓が仲良く寝ている姿を見て、拗ねる塩谷が可愛かったです。

しかし塩谷がいつどんなきっかけで楓を好きになったのか気になりますね。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる