MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

キスでふさいで、バレないで。1巻ネタバレ!片思いの男とクローゼットの中で・・・

コミックシーモアで連載している「キスでふさいで、バレないで。」のネタバレです。

目次

キスでふさいで、バレないで。1巻ネタバレ

佐藤楓26歳は総務部から華の営業部に異動したばかりです。

営業部はとてもいい雰囲気で毎日充実してます。

ただIT部の塩谷に会えなくなり、少し寂しくなりました。

楓は塩谷に片思いしていました。

それは2年前のこと。

楓は偶然女性社員たちが自分の悪口を言っているのを聞いてしまいました。

その時、塩谷が楓の頭にポンと手を置きながら、そんな風に思われているなんて気にしなくていい、仕事ぶりは勝ってるから堂々としてればいいと慰めてくれたのです。

ちょろい楓はそれだけでうっかり彼に恋に落ちてしまいました。

それ以来、塩谷をこっそり見ては元気をもらっていたのですが、営業部に異動したことで下の階に行かないと彼が見えなくなってしまったのです。

楓はビビリなのでアプローチもできませんでした。

そして営業部には有望株の溝口がいました。

溝口は塩谷の同期でもあり、気さくで明るくて人望のある人なのですが、なぜか楓は彼に嫌われており、異動した当初から冷たい態度で接してくるのです。

なぜ嫌われているのか全く身に覚えがなく、異動したばかりで仕事が遅いからかもしれないと落ち込む楓ですが、塩谷にかけてもらった言葉を励みに、めげずに頑張っていました。

そんなある日、楓は会社で夜遅くまで残業し、終わった頃には社内には誰もいなくなっていました。

そして仕事を終えてお手洗いに行き、営業部に戻ろうとした時、鍵を開けるために必要な社員カードを室内に置き忘れたことに気づきます。

スマホも財布も全て室内に置いており、寒い廊下で一晩明かさなければならないのではないかと絶望する楓。

しかし社内のどこかに誰かが残っている可能性もあるため、他のフロアを見て回ることにしました。

そこで偶然にも塩谷と遭遇することができました。

楓は安心しながら事情を説明し、社員カードを貸してもらえないかと頼みます。

ところが、塩谷は家に社員カードを忘れてしまったようです。

そのため、今から取りに戻るという塩谷。

そこで楓は彼の家に一緒に行くことになりました。

会社から塩谷の家までは徒歩5分なので、2人は夜道を歩いて家に向かいます。

そんな中、塩谷がルームシェアをしていることが判明し、楓はもしかして彼女なのかと考えます。

すると家に向かっている途中で雨が降ってきました。

濡れてしまった楓は塩谷の家でお風呂に入り、彼に服も借りることになりました。

風呂周りには彼女用らしきものは置いておらず、内心ホッとする楓。

すると塩谷は社員カードは明日でもいいかと尋ねます。

服の乾燥を待っていたら深夜になるので、明日の朝にしようと提案する塩谷。

楓はお泊りにドキドキしながら、お世話になりますと頭を下げます。

しかしその瞬間、楓が着ている塩谷のダボダボのズボンが脱げて、パンツが丸見えになってしまいました。

楓は青ざめ、慌ててズボンを履き直しながら謝ります。

すると塩谷は自分の部屋に行き、クローゼットから紐を取り出し、楓に渡しました。

塩谷は楓を襲わない保証はできないので、それで腕を縛ってほしいと要求します。

そんな彼の言葉に楓は驚きながら、縛るなんてできないと拒否し、自分のことはその辺のぺんぺん草と思ってもらえればいいと話します。

しかし縛ってくれないなら、自分は今から会社に戻るという塩谷。

そこで楓は塩谷の腕をひもで縛りました。

その時、ルームメイトが帰宅します。

実はルームメイトの正体は溝口でした。

楓は溝口に塩谷を縛ったと知られたら彼の対応がますます塩になると感じ、咄嗟に塩谷と一緒にクローゼットの中に身を隠しました。

狭いクローゼットの中で塩谷に接近し、動揺する楓。

そんな中、楓は塩谷の紐をきつく結び過ぎたと感じ、彼の紐をほどこうとします。

その時、自分の胸元に彼の鼻がこすれ、楓は少し反応してしまいました。

すると塩谷は紐がほどけたら自分は何をするか分からない、いいのかと問いかけます。

そんな彼の言葉に顔を真っ赤にしながら、紐をほどこうとする楓。

その瞬間、塩谷は楓をグイッと引き寄せ、キスをしました。

楓は何が起こっているのか分からず、困惑します。

さらに塩谷は楓に壁に手を置くよう指示すると、彼女の胸をペロペロとなめ始めました。

溝口に聞こえないように必死に声を抑える楓ですが、ゾクゾクと体が反応し、声が漏れてしまいます。

塩谷はこんな状況で感じるなんてやらしいなと笑みを浮かべながら、楓のズボンも脱がせ、パンツの上からアソコを触り始めます。

ますます体が反応し、声が抑えられなくなる楓。

その時、溝口が塩谷の部屋へとやってきました。

楓は動揺しますが、塩谷は彼女にキスをして口を塞ぎ、パンツの中に指を突っ込んでいじり始めました。

そんな中で、クローゼットの前で溝口がゴソゴソと何か探し物を始めます。

楓は塩谷に下半身をいじられながら、音が聞こえてしまうのではないかとドキドキし、バレないでと心の中で祈るのでした。

キスでふさいで、バレないで。1巻感想

クローゼットの中で身を潜めながらイチャつくというドキドキ感がいいですね。

塩谷はクールで落ち着いた雰囲気があり、魅力的だと思います。

しかし溝口は、なぜ楓にだけ冷たいのでしょうか。

次の展開が気になります。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる