MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

キングダム712話ネタバレ最新話確定!趙北部に進軍する連合軍!赤麗の攻城戦を任される壁軍・・・!

2022年3月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載「キングダム」712話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 狼孟軍に追い詰められた曹波広(そうはこう)は、カン・サロに斬りかかっていきますが、カン・サロは余裕の様子で曹波広(そうはこう)を斬り伏せます。
  • 一方、少し先に先行していたジ・アガ軍は、前方の四割程度のところから突撃してその軍を蹴散らして粉砕していました。
  • そんな秦軍のところに、奇襲により総大将の曹波広(そうはこう)が討たれたという凶報が届き、次々に広がっていきます。
  • 曹波広(そうはこう)将軍が討たられたということだけで、詳しい状況がわからない寄せ集めの秦軍は完全に混乱して統率が取れておらず全く立て直せません。
  • 結局後方の軍は、そのまま立て直すことは出来ずに退却してしまいます。
  • 後方の軍が退却したことを知った風范(ふうはん)は、そもそもこの作戦は王翦軍・桓騎軍と合流して趙北部を攻略するという作戦だったのだからと、残った5万の兵で合流地に向かうことを決めます。
  • 趙北西部、太原と宜安の中間地あたりで野営していた桓騎軍は、秦北東部軍が5万しか来ていないことを聞いて軍議を開きます。
  • 再び二択を迫られることになった信たち・・・二択のうちの一つは、秦北東部軍の五万を吸収して今ここにいるだけの連合軍で宜安攻略戦を始めるというもので、もう一つが一度作戦を諦めて閼与まで撤退をするというものです。
  • 結局、秦北東部軍5万と合わせて連合軍十四万で作戦を続行させることに決まりかけますが・・・意見を聞かれた信が珍しく分からないと答えます。
  • 信が、桓騎に・・・桓騎も何か感じてるんじゃないのかと言うと桓騎は同意しますが、危険を感じるからこそ飛び込む・・・そういう所にあるものを手に入れてこそ価値があると言います。
  • 一方、趙国 壮関(そうかん)では、軍議をしている李牧のもとに、狼孟軍が秦北東部軍を撃破したという急報が届いていました。
  • 馬南慈やカイネたちと共に自分もすぐに出陣する準備をはじめる李牧。
  • そして、李牧は・・・予定通り宜安で桓騎を討つ!と宣言するのでした・・・!秦の将軍たちは全員死ぬと不敵に笑うのでした・・・!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

キングダム712話ネタバレ最新話確定!趙北部に進軍する連合軍!赤麗の攻城戦を任される壁軍・・・!

王翦軍本陣

閼与、王翦本陣・・・夜、王翦将軍に亜光、田里弥、倉央などの姿があります。

その王翦本陣に、桓騎軍が北東部軍五万を吸収して東進を開始し、予定通り宜安攻略に踏み切ったという急報が届きます。

その報せを聞いた倉央は、田里弥に意見を聞きます。

田里弥は、作戦を続けるのに無理な数字ではないが、余裕があった当初の予定の半分以下になってしまったのは事実・・・際どい戦いになってしまったことは否定できないと答えます。

田里弥の意見に同意した倉央は、自分が桓騎軍の援軍として一万を率いて出陣してもいいか・・・と王翦将軍に進言します。

王翦将軍が答えないうちに立ち上がって動き出そうとする倉央でしたが、王翦将軍が引き止めます。

もう少し様子を見るから、まだ行くなと命令する王翦将軍。

倉央は、王翦将軍の命令に従います。

不吉・・・

桓騎たち連合軍はいよいよ未踏の地である趙北部へと足を踏み入れていました。

連合軍はさらに、趙北部の深部へと行軍していきます。

趙北部の深部に入ってきて、飛信隊のみんなも周りの景色が変わってきたことを感じます。

みんなに警戒を怠らないようにと注意を促す河了貂。

行軍しながら空を眺めていた礼が、昼間なのに星が見えると呟きます・・・。

しかも、その星の並びはすごく良くない並びのようです。

一方、飛信隊より前を行軍していた壁軍。

壁軍のナジャラ族の族長イアリエが、閼与を出た時から占いの結果も良くないしこのまま進と全員無事には帰れないと不吉なことを言います。

そんな訳で壁は、ナジャラ族の魔払いを軍の長である壁にも受けてほしいと提案されます。

魔除け

信が行軍していると・・・行軍の列から外れたところでなんだか謎の言葉を叫びながら騒いでいる集団が目に入ります。

その集団の中に壁がいるのを見つけて、面白がる信。

信に笑われて少し恥ずかしそうな壁は、これは神聖なナジャラ族の儀式だと抗議します。

すると、羌瘣が信にあれはちゃんとした魔除けの祭りだと注意します。

さらに、なんなら信も入れてもらって方がいいと礼が言います。

しかし、信は脅威は自分の力で打ち砕く!と言い返します。

順調・・・

今重要なのは、宜安まで辿り着く間にどれだけ被害をおさえられるかです。

未踏の地では、色々と情報が少なく敵からどれほどの抵抗を受けるかわかりません。

秦の未踏の地である趙北部に深く入った桓騎連合軍は敵の急襲に備えながらさらに東に進んでいきます。

しかし、みんなの心配とは裏腹に桓騎連合軍はただの一戦も交えることなく宜安まであと二日というところまで侵攻しました。

斥候狩り

飛信隊の斥候数名と那貴が、先の様子を探り来ていると・・・厘玉隊の斥候たちが伏兵に襲われるところを見つけます。

その様子にすぐに”斥候殺し”だと分かった那貴は、一人に戻って報告するように指示を出し自分はもう少し奥まで探りにいくことにします。

・・・夜。

桓騎連合軍の武将と軍師たちが集まって軍議が開かれます。

途中にあった城は籠城して出てこなかったので、宜安まであと一日半というところまで一戦もせずにたどり着いた桓騎連合軍。

少し違和感は残るものの一戦も交えずにここまで来れたことを好意的に捉える意見が多数です。

ただ、”斥候狩り”にあってここから先の情報が入ってこないため、どうなっているのか全くわからないのが問題だと切り出す河了貂。

楽華隊も桓騎軍も同じだったらしく河了貂の言葉に反応します。

飛信隊では那貴から他の斥候より先まで行ったと報告を受けたけど・・・それでも「赤麗(せきれい)」までは見れなかったと続ける河了貂。

元桓騎軍であった那貴の名前に反応する桓騎と摩論・・・。

赤麗(せきれい)

赤麗(せきれい)は、宜安のすぐ近くにある小城です。

宜安攻略を始める前に赤麗だけは落としておいた方がいいと思うと提案する河了貂。

赤麗を制圧して陣取ることができれば、仮に宜安攻めが長引いた場合でも戻る根城が確保できるので軍の消耗がぐっと減らせます。

河了貂の提案に同意する蒙恬たちと摩論。

秦側が赤麗を重要視しているように、趙側もその重要度は分かっているはずです。

その為、赤麗の防衛には宜安軍も出てくるかもしれません。

いよいよ趙北部攻略が始まります。

赤麗(せきれい)攻め

軍議は赤麗をどうやって攻め落とすかという話になります。

そこで河了貂が、本戦である宜安戦の前に力を温存しておきたいからできれば一軍だけで攻め落としたいと言います。

桓騎軍は外したいからということで、言い出しっぺの飛信隊にと決まりかけたところで蒙恬がまったをかけます。

それから、赤麗攻めは壁軍にお願いできないかと提案する蒙恬。

いきなり話を振られた壁は驚きます。

蒙恬は、壁軍にお願いしたい理由は飛信隊と楽華隊の特異性にあると言います。

三百人隊の時から長く独立遊軍をやってきた両隊は、あらゆる状況に対して機転が利くところに強みがあります。

斥候が封じられて状況がわからない宜安戦において、その両隊の強みは重要になってきます。

壁軍の力が劣っているということではなく、軍の特性の活かし方だと話す蒙恬。

壁軍の特性

河了貂は、蒙恬の話に同意します。

信は、蒙恬の意見を突っぱねて飛信隊がやる!と言い張ります。

しかし、壁は・・・赤麗攻めは自分達が引き受けると答えます。

なんで!と言う信以外は、引き受けてくれる壁にお礼を言います。

騒ぐ信をなだめるように引き受ける理由を説明する壁。

壁軍は確かに飛信隊・楽華隊に比べて特性は薄いが、逆に全てをそつなくこなすという特性があります。

そして、正攻法が必要な攻城戦は飛信隊・楽華隊は得意ではないはずです。

攻城戦は自分達の方が上手いと話す壁。

宜安攻めでの信たちの活躍を期待して赤麗は自分達が引き受けた!と言う壁の話に最後には信も納得したようでした。

初戦

遠くに小さく見える赤麗城・・・城壁の外には軍の気配はありません。

やはり赤麗攻めは攻城戦になるようです。

なんで自分は攻城戦は上手いと口走ってしまったんだと愚痴をこぼす壁。

赤麗城の目の前に壁軍が続々配置についていきます。

全隊が配置につきいつでも攻城戦を開始できる準備が整います・・・。

史記によれば始皇十四年(紀元前233年)に秦は大軍を起こして趙北部攻略戦を仕掛けています。

そして、その初戦が赤麗でした。

壁が覚悟を決めて弓隊と歩兵大隊に前進の号令をかけます。

壁たちの後ろ・・・少し離れたところで待機していた羌瘣が何かに気づきます。

さらに、羌瘣が何かに気づいたとほぼ同時に礼も同じように反応します。

何かを感じた礼は困惑したような顔で赤麗城を見つめながら、あの城はなんじゃ・・・と呟いたのでした・・・!

キングダム最新話をお得に読む方法

キングダム712話ネタバレ最新話確定!趙北部に進軍する連合軍!赤麗の攻城戦を任される壁軍・・・!の感想

この趙北部の攻略ではずっと不穏な空気が流れていて不安になりますね・・・。

赤麗攻めをすることになった壁ですが、行軍中に魔除けの儀式をしていたのが気になります。

ひどいことが起きないといいのですが、最後の羌瘣と礼のリアクションで不安になります・・・!

続きが気になります!次回も楽しみです!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる