MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

キングダム711話ネタバレ最新話確定!曹波広(そうはこう)討死・・・!再び二択を迫られる秦軍・・・

2022年3月3日発売の週刊ヤングジャンプ掲載「キングダム」711話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 大軍で移動を続ける秦北東部軍が狼孟軍から奇襲を受けます。
  • ジ・アガ将軍は、カン・サロの指示を待ちきれず勝手に攻撃しはじめてしまったようでカン・サロの軍はまだ崖の上にいます。
  • 崖の上の敵影を見てすぐに”狼孟”から来たと気づいた曹波広(そうはこう)は、すぐに味方を鼓舞して指示を出します。
  • その頃、邯鄲と宜安の中間地点にある莊関(そうかん)にいる李牧たちの元に閼与(あつよ)から北に向かって秦軍が出陣したことと、その秦軍の中に王翦軍の姿がなかったという報告が届きます。
  • さらに、狼孟からも太原に集結している秦北東部軍が約二十万人ということと、すぐに出陣した秦北東部軍を追って狼孟も出陣するという急報が届きます。
  • 狼孟に入っているジ・アガ将軍は、青歌一の剛将でカン・サロ将軍は青歌最強の武将でした。
  • そんな狼孟軍に秦北東部軍は、あっという間に蹴散らされます。
  • 半年も前から準備を始めていた狼猛軍は、寄せ集めの秦軍とは兵の練度も士気の高さも比べ物になりませんでした。
  • 李牧が、この局面を予測して軍略を考え半年も前から準備していた事実を知って自分との世界の違いを思い知る曹波広(そうはこう)。
  • そして、カン・サロは、秦軍は侵攻しているつもりだろうが・・・趙北部の戦いで秦の将軍たちは全員死ぬと不敵に笑うのでした・・・!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

キングダム711話ネタバレ最新話確定!曹波広(そうはこう)討死・・・!再び二択を迫られる秦軍・・・

曹波広(そうはこう)討死

狼孟軍に追い詰められた曹波広(そうはこう)・・・。

カン・サロは、秦の大将の誇りは見せてもらいたいが・・・と言いながらも、一応と言って・・・曹波広(そうはこう)に投降を進めます。

曹波広(そうはこう)は怒りに震えながら、カン・サロのことを不意打ちしてきた卑怯者と罵ります。

勝のは秦だ!と言ってカン・サロに斬りかかっていく曹波広(そうはこう)。

しかし、カン・サロは余裕の様子で曹波広(そうはこう)を斬り伏せます。

カン・サロに斬り伏せられて馬から落ちる曹波広(そうはこう)・・・周りに部下たちが集まってきます。

曹波広(そうはこう)は、討死してしまいました・・・。

混乱する秦北東部軍

カン・サロ軍は、作戦通り曹波広(そうはこう)を狙って急襲し曹波広(そうはこう)を討ち取りました。

一方、少し先に先行していたジ・アガ軍は、前方の四割程度のところから突撃してその軍を蹴散らして粉砕していました。

それからさらに向きを変えて、後方の軍を蹴散らしながら爆走します。

ジ・アガが暴れ回っている場所は、人が蹴散らされており・・・それを遠目から見ていた他の秦軍の者たちは完全にビビっています。

そんな秦軍のところに、奇襲により総大将の曹波広(そうはこう)が討たれたという凶報が届き、次々に広がっていきます。

曹波広(そうはこう)将軍が討たられたということだけで、詳しい状況がわからない寄せ集めの秦軍は完全に混乱して統率が取れておらず全く立て直せません。

分断された秦北東部軍

そんな混乱状態の秦軍の前に新たに趙の旗を掲げた敵が現れます。

すると、崖の上にズラッと並んだ敵軍を見てどのくらいの規模の軍かも確かめることなく、勝手にビビって逃げ出す秦兵が続出します。

しかし、実はこの時崖の上の趙兵は数列程度しかいませんでした。

各城からの寄せ集めの北東部軍は、一度混乱すると統制が効きませんでした。

その為、崖の上の趙兵の人数を確認することもなくあっという間に、退却の大きな流れをうんでしまったのでした・・・。

一方、秦北東部軍の先頭は曹波広(そうはこう)が討たれたことにより、軍の後方が退却したことを知ります。

それを知り焦り出す仲間を一括する、風范(ふうはん)将軍。

風范(ふうはん)は、そもそもこの作戦は王翦軍・桓騎軍と合流して趙北部を攻略するという作戦だったのだからと、残った5万の兵で合流地に向かうことを決めます。

不敵に笑うカン・サロ

今回の奇襲にかけていた狼孟軍は凄まじく・・・わずか半日で秦北東部軍の四万もの兵を葬りました。

中軍と後軍は、我先にと退却してしまい出発地の太原まで後退してしまいました。

そして、残った前方の五万の軍は当初の予定通り前進して桓騎軍との合流地に向かいました。

前進して行く秦軍前方の軍を見て、不敵に笑うカン・サロ・・・。

まるで、自分達の思惑通りであるかのような態度です。

太原と宜安の中間地あたり・・・

趙北西部、太原と宜安の中間地あたりで野営をしている信たち。

秦北東部軍の到着を待っているのか、みんな暇そうにしています。

信が気の抜けた顔で欠伸ををしていると、そこに伝令がやってきます。

やっと来たかと喜ぶ信でしたが・・・伝令は、来たのは五万だけだと告げます。

思わず、はぁ!?と返す信。

そのことは閼与の王翦にも伝わっていました。

五万と聞いて考え込む王翦・・・。

微妙な数

すぐに桓騎軍でも軍議が開かれます。

軍議には、蒙恬、愛閃、信、河了貂、壁、桓騎、摩論などが参加しているようです。

五万は微妙な数字だと話す愛閃・・・それに、蒙恬と河了貂が同意します。

五万の軍というのもかなり大きな軍勢ですが、元々二十万と思っていたことを考えると結構な違いです。

さらに、王翦軍がいないことで既に戦力は半分の状態でもありました・・・。

待てば残りの十数万の軍がやってくるという望みも少ない状態で、元々そんなに悠長に構える時間がない秦軍は再び二択を迫られます。

再び迫られる二択

二択のうちの一つは、秦北東部軍の五万を吸収して今ここにいるだけの連合軍で宜安攻略戦を始めるというもの・・・。

そして、もう一つが一度作戦を諦めて閼与まで撤退をするというものです。

ここまで話を仕切っていた河了貂に、意見を求める摩論。

河了貂は少し考えた後に、分からない・・・と答えて、蒙恬の意見が聞きたいと言います。

五万という数が、宜安攻めを諦めるほどじゃないけど・・・攻略の確証を得る戦力には届いていない・・・本当に判断が難しいと話す河了貂。

現状ある情報として、報告では宜安一帯の敵兵の数は、おそらく十万程・・・そして、連合軍は全部で十四万です。

蒙恬は、この情報に加え閼与に戻って立て直しをする場合のリスクを鑑みて・・・今攻め込んだ方がいいという結論を出します。

蒙恬の意見に賛成する愛閃。

蒙恬の話を聞いて少し考えた後、河了貂も蒙恬の意見に賛成します。

珍しい信

他のものも賛成していく中、珍しくずっと黙っている信・・・。

そんな様子の信に気づいた摩論が信に意見を聞きます。

いつものように、行くに決まってんだろーがとやる気満々の返答が返ってくるかと思いましたが・・・・信は、分からないと答えます。

意外な答えが返ってきて少し戸惑ったような河了貂は、どういうことか?と信に質問します。

分からないけど・・・妙だと言った信は、何か閼与あたりから、都合が良くないか・・・と呟きます。

いつもの桓騎

・・・・・・。

ずっと黙って軍議を聞いていた桓騎が、信の言葉を聞いて口を出します。

信に、ビビってるなら帰れという桓騎に、冷静に言い返す信。

信は、桓騎に・・・桓騎も何か感じてるんじゃないのかと言います。

信の言葉を鼻で笑う摩論・・・しかし、桓騎はお前以上に感じてるぜと答えます。

意味が分からない様子の一同・・・。

桓騎は、いつものようにニヤつきながら話し続けます。

危険を感じるからこそ飛び込む・・・そういう所にあるものを手に入れてこそ価値があると言う桓騎。

いつものことだと言った桓騎は、首を斬るようなジェスチャーをしながら不敵に笑います。

そして、どんな仕込みがされてようが、最後は相手をぶっ殺して俺が勝つんだよと言い放ちました。

予定通り

一方、趙国 壮関(そうかん)。

軍議をしている李牧のもとに、狼孟軍が秦北東部軍を撃破したという急報が届きます。

さらに、秦北東部軍の五万が桓騎軍と合流して、十四万となった連合軍が宜安に向けて動き出したと聞いた李牧たちは喜びます。

馬南慈やカイネたちと共に自分もすぐに出陣する準備をはじめる李牧。

そして、李牧は・・・予定通り宜安で桓騎を討つ!と宣言するのでした・・・!

キングダム最新話をお得に読む方法

キングダム711話ネタバレ最新話確定!曹波広(そうはこう)討死・・・!再び二択を迫られる秦軍・・・の感想

秦北東部軍は、あっという間にやられてしまいましたね・・・。

李牧の手のひらの上で操られている感じですが、桓騎は分かってて飛び込んでるふうですね・・・!

李牧VS桓騎・・・どうなるんでしょうか!?

できれば秦軍には負けてほしくないですが・・・!

続きが気になります!次回も楽しみです!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる