MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

キングダム702話ネタバレ最新話確定!ついに開戦!動き出した李牧!

2021年12月2日発売の週刊ヤングジャンプ掲載「キングダム」702話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 桓騎がした投降兵の大量虐殺に秦国への憎悪を膨らませて士気を上げる趙国民と武将たち
  • 対応に追われて荒れる趙国の中央会議
  • 元三大天の廉頗(れんぱ)が、趙国を救おうと手を差し伸べてくれたが・・・郭開(かくかい)らは、自分たちの保身の為に嘘の情報で廉頗(れんぱ)が趙国へ戻って来れないようにします
  • 追い詰められた趙国は、李牧を呼び戻すことを決めます
  • そして、二年ぶりに三大天李牧が復活を遂げることになります

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

ほかキャンペーン情報

目次

キングダム702話ネタバレ最新話確定!ついに開戦!動き出した李牧!

策略を練る李牧

一人で盤面に並べられた駒を見て何か考えている様子の李牧。

李牧は、盤面上の「宜安(ぎあん)」という地名に目を止めて少し思案した後、考えがまとまったようです。

部屋を出る李牧。

部屋を出てすぐの扉の横に、カイネがうずくまって座っています。

すぐに出てきた李牧に気づいたカイネは、大丈夫ですか!?と李牧を心配しています。

李牧は、二日も部屋にこもりきりで軍略を練っていたようで・・・心配したカイネは扉の横でずっと待機していたようでした。

李牧は、皆を集めるようにカイネに指示します。

動き出す李牧

集められた者たちは李牧の話を聞き、北!?と驚いています・・・。

舜水樹(しゅんすいじゅ)に二城の後ろの線は?と確認する李牧。

舜水樹(しゅんすいじゅ)は、李牧の考えの察しがついている様子で、ちょうど昨日完成しましたと答えています。

李牧は、舜水樹(しゅんすいじゅ)と馬南慈(ばなんじ)に留守を頼み、十日ほど邯鄲を離れると言います。

焦って李牧様はどこへ!?自分もついて行く!と言っているカイネをよそに、青歌城の将軍、楽彰(がくしょう)は北を見にいくと?と冷静に聞いています。

その通りですと答える李牧に、楽彰(がくしょう)は少し考えてから閼与(あつよ)辺りですか?と言います。

いえ、宜安(ぎあん)ですと答える李牧。

そんなに北!?と驚いているカイネたちとは、対照的に何かを察したように考え出す楽彰(がくしょう)。

李牧は、お供します!と言っているカイネに、すぐに発つので急いで支度をするように言います。

李牧とカイネが部屋を出た後、青歌城の将軍、上和龍(じょうかりゅう)は、楽彰(がくしょう)にどう見る?と尋ねます。

楽彰(がくしょう)は、宜安(ぎあん)は離れすぎだと答えます。

同意する上和龍(じょうかりゅう)。

しかし、楽彰(がくしょう)は・・・だが、宜安(ぎあん)と聞いた時背筋が凍ったと言います。

そして、楽彰(がくしょう)は李牧の描く通りに進むのなら・・・秦軍は大いに後手を踏むと言いました。

宜安(ぎあん)についた李牧は、何かを確認して思った通り、悪くないと呟くのでした・・・。

平陽城への総攻撃がはじまる

始皇十四年。

趙の平陽近くの前線で新年を迎えた飛信隊。

お祝いムードで、みんな楽しそうにお酒を飲んで騒いでいます。

しかし、そんな楽しい休息も束の間・・・展開していた趙軍が平陽・武城に入ったので、秦軍は二城に到達し、いよいよ総攻撃がはじまりました。

平陽城の高い城壁を見上げる信たち。

壁に近づこうとしても、高い壁の上から敵が矢の雨を降らせます。

信たちが城壁を破るのに苦戦していると・・・攻城兵器の井蘭車(せいらんしゃ)を引く部隊が現れます。

桓騎軍に井蘭車(せいらんしゃ)なんかあったのか!?とみんなが驚くなか、一人だけ桓騎軍の氾善(はんぜん)は、井蘭車(せいらんしゃ)ではない!「紅春(こうしゅん)」だ!!と意味不明の主張をしています。

周りのみんなは「紅春(こうしゅん)」ってなんだ?と困惑しており、事情を知るものが昔告白してフラれた女の名前だと教えています・・・。

氾善(はんぜん)はテンション高めに、見ているか桓騎!「紅春(こうしゅん)」の美しい姿を!と桓騎に話しかけています。

桓騎は、美しいか?、函谷関(かんこくかん)で見た井蘭車(せいらんしゃ)と違ってフラついてるなと明らかに低いテンションで言っていますが・・・

そんなことお構いなしに、絶賛を続ける氾善(はんぜん)。

「紅春(こうしゅん)」はどんどん平陽城の城壁に近づいていきます。

王翦(おうせん)将軍

一方、

平陽・武城の城攻めが同時にはじまった時二城の中間地を疾走する一団がありました。

王翦(おうせん)将軍の一団です。

そんな王翦(おうせん)将軍たちが目にしたものは、どこまでも続いている長い長い防壁。

その防壁が、王翦(おうせん)の部下たちが、どこまで続いているのか調べると・・・。

およそ二百五十里続いていることがわかります。

それを聞いた王翦(おうせん)は「李牧の長城」かと言います。

趙国全体の地図を持ってこいと指示する王翦(おうせん)。

それから、地図を広げて思案していた王翦(おうせん)は、ある場所を指差します。

そして、宜安(ぎあん)か・・・とつぶやく王翦(おうせんなのでしたーー。

キングダム最新話をお得に読む方法

キングダム702話ネタバレ最新話確定!ついに開戦!動き出した李牧!の感想

早速、李牧が仕掛けているようですね・・・。

李牧の狙いが何なのか全然わかりませんが・・・王翦(おうせん)将軍は、気づいたようですね!

怖いけど、頼りになります!

飛信隊のみんなも戦いがはじまったので、頑張って欲しいです!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる