MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

キングダム687話ネタバレ最新話確定と考察!岳白公がパワーを見せつけ信が苦戦!体術の突破口に呼ぶ名は尾平

2021年7月29日(木)に発売の週刊ヤングジャンプ「キングダム」687話確定情報を考察予想と共にお届します!

前回のおさらい
  • 罰という名の拷問が始まる
  • 耐え抜く雷土の戦い
  • 惨い姿になる雷土と部下
  • 桓騎の狙いを問う扈輒将軍
  • 雷土の死を感じ取る黒桜と魔論

前回の内容を忘れてしまった人は、下記より詳細をご覧ください。

>>キングダムを漫画全巻安く読む電子書籍まとめ!安い最安値クーポン情報

目次

キングダム687話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「キングダム」687話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、情報更新していきます。

荒ぶる新龍白が雷土軍を殲滅

桓騎軍の右翼は雷土を失って総崩れとなり、まともに機能していませんでした。

そこへ突撃するのは、新たに左翼の将となり龍白の名を賜った竜布です。

殺された龍白公とその息子である曹還の無念に怒りが最高潮に達している龍白は、荒ぶりながら雷土軍を殲滅していました。

虎白公が桓騎軍中央へ大打撃をくらわす

一方中央軍では、黒桜軍と厘玉軍が虎白軍に分断されてしまいます。

総攻撃を食らった厘玉軍は四散し、虎白軍は桓騎本陣を含む国王軍にも”虎斬の陣”で襲い掛かります。

脱走者が後を絶たず弱体化している黒桜軍にとっては、まさにとどめの一撃。

最悪の状況であることは一目瞭然であり、桓騎軍本陣は早々に逃げ出していました。

このままいけば、どう考えても桓騎軍の敗北は濃厚といえるでしょう。

扈輒将軍の懸念

扈輒軍本陣では、定時報告をしに夏満(かまん)が扈輒将軍の前に現れます。

桓騎軍の立て直しはもはや不可能と報告する夏満ですが、影丘が抜かれる可能性を視野に入念な警戒をする扈輒将軍。

影丘は抜かれないと思ってはいながらも、万が一何かあるとすれば右だけだと考えています。

天幕の中ではまだ雷土たちの拷問が続けられている様子ですが、頑なに雷土が話さない様子から見るに、いよいよ何かあると予感する扈輒将軍。

影丘抜きのほかに懸念すべき存在は、王翦です。

念入りな準備を怠らない扈輒軍

もしも王翦が扈輒将軍のもとに来るとなれば、さすがに今の盤面を見直さなくてはいけない事態になります。

とはいえ現状を考えるに王翦が扈輒将軍の元へ来る可能性は、限りなく低いでしょう。

王翦の狙いは、武城と平陽です。

しかし予想外のことを企むのが、桓騎という男。

扈輒将軍は中央の虎白公に三千の兵を残すよう指示しましたが、念には念を入れて夏満は五千の兵を置くことにしました。

王翦の急襲にも備えてすでに西の見張りは倍に増やしているため、桓騎の首を上げることに注力しようと考えた夏満。

桓騎を撮り逃さぬよう龍白公にも、隊を中央へ向けさせることにします。

痛みを抱きかかえる扈輒将軍と相反する桓騎

桓騎が六将になって早々に扈輒将軍を相手にするとは、運が悪かったと遠くを見渡す夏満。

桓騎は痛みを武器に相手を呑む戦を得意としますが、扈輒は誰よりも痛みを抱きかかえて戦い歩んだ将です。

話しすぎだと扈輒将軍に遮られてしまいますが、夏満は夜に桓騎の頭蓋の杯で酒を飲もうと語りました。

関常が戦場へ復帰!負傷した玉鳳軍数百連れ

そのころ影丘の崖を攻略した飛信隊は、崖上で苦戦を強いられていました。

河了貂の元には、負傷している関常が現れます。

王賁を敵から引きはがすために囮になっていた関常は、しばらく敵に追われた先でくたばっていたのです。

しかしすぐさま隊の生き残りを引き連れ、みなそれぞれに負傷してボロボロの身ではありますが百ほどの数がそろいます。

玉鳳はまだ終わっていないと語る関常は、河了貂の指示に従い、前方で苦戦している羌瘣の助太刀に加わることになりました。

飛信隊の強軍を崖上にあげるくらいなら、傷だらけの兵でも全うできそうな指示です。

おかしな体術を使う岳白公

岳白公との直接対決をする信ですが、パワー攻撃を繰り出すもなぜか当たりません。

猛攻撃を仕掛ける信ですが、奇妙なことに岳白公の攻撃だけが当たります。

岳白公の攻撃によって吹き飛ばされた信は、巨体からの怪力ではなくおかしな体術に注目します。

羌礼も岳白公には、奇妙な体術があると話していました。

信が百人称の尾平を呼ぶ

片足を上げ、ふおっと構えをとる岳白公を見た信は何かひらめいた様子です。

とつぜん大声で、百人将の尾平を呼びつけました。

ちょっと来いと話していることから、尾平にしか任せられない重要な使命があるのでしょう。

尾平が突破口となるのか注目が集まったところで、漫画「キングダム」は次回へ続きます。

キングダム687話を無料で先読みする方法

キングダム687話ネタバレ最新話の考察と予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう。

雷土の無残な姿がさらされる?

雷土は龍白公の息子・曹還(そうかん)を虐殺して、目立つよう木に死体を縛り付けていました。

扈輒軍は、同じように雷土の死体を辱めて、桓騎軍に死亡を報せるのではないでしょうか?

家族の無念を晴らすためにも竜布が率先して、請け負いそうです。

扈輒将軍も残忍な桓騎へ己の内にも同じものがあると、見せつけるのではないかと考えます。

飛信隊と次にぶつかるのは竜布?

趙軍左翼の指揮を任された竜布が次にぶつかるのは、飛信隊でしょう。

飛信隊は岳白公の軍と対決していますが、信の勝利は見えています。

史実では桓騎軍が勝利すると記されていることから、信は苦戦を強いられても戦場を突破すると考えます。

岳白公が信にパワーを見せつける?

影丘の崖上では、岳白公軍と飛信隊が前面衝突しています。

そんな中で信は、岳白公と直接対峙して一気に決める姿勢を見せていました。

しかし岳白公は、一振りで何人もの兵を薙ぎ払うパワーがあります。

龐煖を討った信といえど、多少の苦戦は強いられそうです。

岳白公は信との直接対決で、腕っぷしを見せつけるのではないかと予想します。

キングダム687話ネタバレ最新話確定まとめ

今回は、漫画「キングダム」687話のネタバレ最新確定情報を考察予想とともに紹介しました!

キングダム687話では、雷土の無残な姿がさらされるのではないかと予想。

趙軍左翼の指揮を任された竜布が次にぶつかるのは、飛信隊でしょう。

しかし影丘の崖上では、岳白公軍と飛信隊が前面衝突しています。

史実では桓騎軍が勝利すると記されているため、信は苦戦を強いられても戦場を突破すると考えます。

とはいえ、一振りで何人もの兵を薙ぎ払うパワーをもつ岳白公。

信との直接対決で、腕っぷしを見せつけるのではないかと予想します。

以上、漫画「キングダム」687話のネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる