MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

呪術廻戦173話ネタバレ最新話確定!拮抗する仙台コロニー!そのバランスを崩す「特級術師乙骨憂太」始動!!

2022年1月31日発売の週刊少年ジャンプ掲載「呪術廻戦」173話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • お互いに1秒後には圧殺されていてもおかしくない状況の中、我慢比べになる伏黒とレジィ。
  • 状況を打開しようとしたレジィは、「再契象」と言った瞬間「満象」の重みに耐えきれず潰されて・・・影の中に飲み込まれます。
  • 影の中は浮力も抗力もなく・・・ただ、ただ沈んでいくレジィ。
  • そのまま力尽きるかと思われたレジィでしたが、一台の乗用車に押し出されて影からジィが飛び出してきます。
  • レジィは「とっておき」の木造軸組2階建てを再現して、伏黒にトドメをさしにきます。
  • しかし、次の瞬間・・・水の中で溺れているレジィ・・・!
  • 伏黒は、一旦影に逃げ込んで領域を解き、レジィが再現した一軒家で床を破壊させて、総合体育館の地下1階にある温水プールにレジィを落としたのでした。
  • ここまでの戦いで二人とも疲弊しているので、ここからはシンプルなド突き合いになると自分に錯覚させ、式神で俺の隙を作りにくるであろう伏黒をカウンターで仕留めようと企らんでいるレジィ。
  • そして、レジィの読み通り伏黒は式神を使いますが・・・伏黒が使ったのは「玉犬」でした。
  • レジィの想定から完全に消えていた「玉犬」により、トドメを刺されたレジィは・・・大量の血を流して倒れるのでした・・・!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

呪術廻戦173話ネタバレ最新話確定!拮抗する仙台コロニー!そのバランスを崩す「特級術師乙骨憂太」始動!!

致命傷のレジィ

大量の血を流して仰向けに倒れているレジィ。

レジィは、まだ意識があります。

「領域」、「水責め」、犬のカードはなくしたと思わせて伏せておく・・・やっぱり総合体育館には、逃げ込んだんじゃなく誘ったんだなと話すレジィ。

レジィは、現代の術師・・・しかもこんなガキに出し抜かれるとはね・・・と続けます。

逃げたくても鵺は人を乗せて長くは飛べない、と返す伏黒。

伏黒はレジィに、オマエ天元様とはどういう関係だ?と聞きます。

テンゲン?・・・あぁ、そっか、そりゃ生きてるかあの引きこもりと返すレジィ。

・・・・・・そうか、もういいと言う伏黒。

伏黒は、天元様と羂索(けんじゃく)が裏で繋がっていて、嘘の(死滅回遊)目的を流した可能性を考慮していましたが、レジィの答えを聞いて・・・その心配ないと判断します。

5点が追加されました

コイツに俺の点を全部やれ、とコガネに言うレジィ。

!?・・・。

レジィ・スターから41点が譲渡されましたと言うコガネ。

伏黒は、レジィの意図が分からずに少し困惑している様子で・・・どういうつもりだ、と言います。

随分な物言いだな、今際の際の善行だぜ?と返すレジィ。

レジィは、俺はただの野次馬さ羂索(けんじゃく)と仲良し小好しじゃない、こうした方が面白くなる予感・・・ただの勘だ、と返します。

それからうつろな目で天井を見たまま・・・頼むぜぇ?そんな俺を殺したんだ

オマエは運命に翻弄され、道化となって死んでくれよ、と言うレジィ。

プールの排水溝には、レジィから流れ出た大量の血が流れていっています・・・。

そして、その場を後にする伏黒。

プールに一人横たわるレジィ・・・。

5点が追加されました、とお知らせされます。

髙羽(たかば)対黄檐(はぜのき)

ドドッ!!!。

マンションの屋上ですごい爆発が起きています。

その爆発の煙の中から、ザァァっと飛び出してくる黄檐。

黄檐は、すぐに体勢を整え・・・やったか!?と言って爆煙の方を確認します。

スタッ。

いや!!油断するな!!と黄檐の横で言っている髙羽。

髙羽の方を静かに見る黄檐・・・・。

髙羽は、奴はしぶとい!!と続けます。

黄檐「・・・・・・・・・」。

なんなんだよ!!!と怒って殴りかかる黄檐。

しかし、髙羽に当たった拳は、ぬるんっと滑ります。

なんでローションまみれなんだよ!!とツッコミを入れる黄檐。

髙羽は、あんかけかもよ?と返します。

うるせぇ!!死ね!!と怒る黄檐でしたが・・・・ってマジであんかけじゃねーか!!と結局ツッコミを入れています。

手についたあんかけを、ズボンでごしごししながらマジでなんなんだコイツは・・・!と困惑する黄檐。

黄檐は、何度も爆撃した!!5回は殺せてる手応えだ!!なんでその程度で済んでる・・・・!?と髙羽を見てさらに困惑しています。

髙羽は、髪の毛の一部が焦げてチリチリになっているだけで・・・あんかけ嫌い?とおとぼけ顔で言っています。

髙羽の術式

始めの傷もいつの間にか治っているのに、黄檐のように反転術式を使った気配がない髙羽。

意味が分からねぇ!!と黄檐が考えていると・・・黄檐様、とコガネが言います。

なんだ、と聞く黄檐に・・・レジィ・スター様がお亡くなりになりました、と報告するコガネ。

黄檐は、その情報を聞いた途端に・・・くるっと向きを変えて歩き出します。

どうした?と聞く髙羽。

黄檐は、帰る、やってられるか、と言って去っていきます。

そうか!!風呂入れよ!!歯磨けよ!!と返す髙羽。

はっ!!と何か思いついた様子の髙羽は、黄檐を追いかけながら・・・点ちょうだい!!と揉み手をしています。

ついてくんな、死ね、と冷たく返す黄檐ーー。

髙羽の術式「超人(コメディアン)」は、髙羽が”ウケる”と確信したイメージを実現させるという術式でした。

これは、五条悟にも対抗出来うる術式・・・髙羽は、自身の術式のことを何も知りません・・・。

天使降臨

カッカッカ、と路地裏を逃げている麗美。

麗美は、必死に走りながら・・・分かんない、分かんない!と混乱して焦っているようです。

自分は可愛いから、なにも考えなくていい、何だって男がやってくれる・・・そう思って生きてきた麗美。

今まで麗美は、自分じゃどうにもできないことや、分からないことを男になんとかしてきてもらっていました・・・・。

ついに追い詰められる麗美・・・尻餅をついている麗美の前には「玉犬」が立ちはだかっています。

口を開ける「玉犬」・・・麗美はどうすることも出来ずに固まっています。

ーー駄目だよ、恵ーー。

パシャ、っと「玉犬」が消えます。

・・・・いいの?とつぶやく麗美。

路地裏を歩いていた伏黒は、・・・うるせぇ、クソ姉貴と言って気を失ってしまいました。

すると、倒れている伏黒の元へ・・・天使が降臨してきす。

その天使は、あらゆる術式を消滅させる術式を持つという、1000年前の術師なのでした。

仙台コロニー

一方、仙台コロニーの方では、東京コロニーを遥かに凌駕する展開の早さで苛烈を極めていました。

宮城県仙台市、11月12日11時28分。

「ドルゥヴ・ラクダワラ」所持得点91点・・・二度目の受肉、倭国大乱にて単独での列島制圧を成し遂げた宿老、自立型の二種の式神、その式神の軌跡を自らの領域とします。

「石流 龍(いしごおり りゅう)」所持得点77点・・・プレイヤー1の呪力出力を誇る大砲です。

「烏鷺 亨子(うろ たかこ)」所持得点70点・・・元藤氏直属暗殺部隊「日月星進隊隊長(じつげつしんたいたいちょう)」、空を操る術式を持っています。

「黒漆死(くろうるし)」所持得点54点・・・羂索(けんじゃく)が呪霊操術の支配から外した蜚蠊呪霊(ごきぶりじゅれい)、等級は特級(登録済)で今は、導入条件の消失まで休眠中です。

乙骨憂太始動!

同盟はなく拮抗した実力と錯雑(さくざつ)した相性による三竦み(さんすくみ)の四つ巴になっている仙台コロニー。

しかし、その一角である「ドルゥヴ・ラクダワラ」が堕ちます。

「ドルゥヴ・ラクダワラ」を堕としたのは、所持得点35点の乙骨憂太です。

乙骨は、百鬼夜行後三ヶ月で特級術師へと返り咲いた・・・五条悟に次ぐ現代の異能です・・・・!

ついに、その乙骨が動き出します・・・!

呪術廻戦最新話をお得に読む方法

呪術廻戦173話ネタバレ最新話確定!拮抗する仙台コロニー!そのバランスを崩す「特級術師乙骨憂太」始動!!の感想

気を失った伏黒のところに、天使がやってきましたが・・・大丈夫でしょうか・・・心配です。

なんかすごいのは薄々感じてたんですが、高羽の術式めっちゃすごいですね・・・!あと、地味に黄檐のサスペンダーが好きです。(笑)

ついに、乙骨が動き出しましたね!やっぱり強い!次回の展開も楽しみです!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる