MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

愛しい嘘 優しい闇16話ネタバレ最新話確定!りえの刃に襲われ…

コミックシーモアで配信中の「愛しい嘘 優しい闇 」の16話ネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

右手が不調なまま、仕事を貰えずに居たりえ。

編集部に執筆を頼みに行くも、断られてしまいます。

そんな時、望緒が順調に仕事をしている様を目にしてしまい…?

愛しい嘘 優しい闇15話のネタバレはこちら

目次

愛しい嘘 優しい闇16話ネタバレ最新話確定!

秀一の快気祝いの為に、先に秀一の家を訪れて準備を手伝う望緒。

和やかに話す秀一を見つめながら、玲子に言われた自分の中の迷いについて考えて居ました。

望緒にも、玲子の指摘通り、秀一に対して生まれた心に引っかかったままの迷いがあったのです。

そして望緒は、中学の頃自分の事をずっと見ていたのなら、なぜ金魚のお墓の事を覚えてないのか尋ねます。

え?と返す秀一に、ふたりで校庭に墓を作ったのに、同窓会の時その話をしても秀一は覚えてなかった事を指摘する望緒。

望緒にとっては大切な思い出で、それ以外で喋ったことは殆ど無かった二人。

あの頃から本当に望緒が好きだったなら、絶対記憶に残っているはずの出来事です。

その言葉に秀一は、しばらく黙って覚えてたよ、と答えると、望緒もえ?ほんとに?と返します。

同窓会の時は咄嗟に言葉が出なかった、教室で飼ってた金魚が死んだときの事だよね、と言う秀一。

あの時は望緒が悲しそうにしているのを見て、話しかける口実を見つけてテンパってしまった。

けれど実は平静を装うのに必死で、覚えてる?と聞かれて思い出したら恥ずかしいと思ってしまった。

だから咄嗟に変な態度を取ってしまったのだ、と話す秀一。

ずっと気にしてたの?カッコつけずにちゃんと言えばよかったね、誤解させてごめん、と秀一は微笑みます。

望緒には今の言葉が本当かどうか、確かめようがなく、信じるか信じないかは自分次第なのだ、と気づきました。

鞄の中からそっと、優美のSDカードを取り出し、秀一に見せる望緒。

望緒が持ってたの?と驚く秀一に望緒はこれを手にする事になった経緯を説明します。

このSDカードが元で、秀一への疑いが自分の中に生まれた、けれどもう、自分には必要ない。

そう思った望緒は、元々雨宮君のガラケーのデータだから返すね、とSDカードを秀一の手に渡します。

雨宮君を信じる、それが望緒の決断でした。

秀一はありがとう、と答え、それを受け取りながら、ずっと驚いたような顔で望緒を見つめていました。

そんな中、玲子と稜も到着し、4人で食事を囲んで快気祝いを楽しみます。

あいつ今どうなってるんだ?と言う稜に、野瀬正?拘留されてるはずよ、と答える玲子。

そろそろ交流期限だから起訴されるでしょ、殺人未遂の現行犯だし何年でもブチこんでやればいいわよ。

望緒はそんな玲子の言葉遣いを弁護士がそんな事言っちゃあ、と宥めます。

雨宮君は裁判とか大変だろうけど、と言う玲子に、そうだね、と答える秀一。

そろそろデザートにしよう、と秀一は奮発したと言う有名店のアップルパイを皆に振る舞います。

玲子は食べて見たかったというだけあって、一口食べてすぐに美味しい~と笑顔を浮かべます。

しかし稜は一口食べてすぐ、望緒に食べない方がいいと言おうとしますが、もう既に望緒は食べた後でした。

真っ青な顔の望緒に、吐き出せ!と言いますが、嫌がる望緒に水を差しだし一緒に飲み込むように言う稜。

ど、どうしたの?と秀一が驚くと、稜はこいつシナモンがだめなんだよ、と話します。

えーそうなの?そういえばこれ結構シナモン効いてるわね、と言う玲子。

稜は小さなころシナモンクッキーを食べてみっともない顔で泣きながら吐き出した望緒の話をしてみせます。

秀一はその様子を複雑そうに見つめ、ごめん、苦手だって知らなかったから…と望緒に謝りました。

こっちこそごめんなさい!折角並んで買って来てくれたのに!と慌てる望緒、しかし秀一の視線は稜に注がれていました。

その視線に察した稜は、そろそろ帰る、と言い、玲子も望緒を促して帰ろうとします。

その瞬間、望緒は泊まっていけばいいよ、と言う秀一に、どうしてそんなことを二人の前で言うのかと思う望緒。

泊まるなんて一言も…と思っている望緒をよそに、稜は支度を終えてじゃ、またな、と家を出ました。

稜!と後を追いかけようとした望緒を秀一が呼び止めますが、望緒はごめん、あたしも帰るねと言って家を出ます。

嫉妬しちゃってカッコ悪いわよ、意外と本気で望緒の事好きなのね、と言う玲子。

え?と驚く秀一に、玲子はいつから?中学の時はそんな風に見えなかったわ、明らかに興味なかったよね?と尋ねます。

そんなことない、僕はずっと望緒をみていた、君たちが気づかなかっただけだよ、と秀一は答えます。

その頃望緒は稜を追いかけ、秀一と付き合っている事を伝えていました。

今更言われなくても見てりゃ解るよ、と言う稜に、ごめん、でも稜にはちゃんと言わなきゃいけないと思ってと言う望緒。

言われたからって…どうしろと、オレはお前が幸せならそれでいいよ、と稜は辛そうに言います。

そんな望緒の後ろに秀一が居る事に気付いた稜は、秀一の方を見据えて望緒に話しかけます。

でももし、お前が不幸になりそうだったら、俺は全力でお前を引きずり戻す、と宣言して去っていく稜。

秀一は稜が去っていくのを見つめた後、望緒に声を掛けます。

え!?いたの!?と驚く望緒にさっきはごめん、二人の前で変な事言って、と謝る秀一。

幼なじみに嫉妬しても勝ち目がないのを解っているけれど、自分の知らない望緒を稜が知って居る事。

そして望緒が秀一と居る時に見せない顔をする事も嫌なのだと、恥ずかしそうに話す秀一。

望緒は優しく微笑み、うん、と言って秀一を抱き締めます。

ホントに帰るの?と言う秀一に、週明けに次回作を見せるから仕事しなきゃいけないんだと話す望緒。

順調な事を喜びつつ、それが落ち着くまでは会えないかな、と返す秀一に、望緒はうん…と答えます。

打ち合わせの後はちょうどバレンタイン、その日に会わないかと言う望緒。

秀一はうん、会いたい、と言って望緒にキスをします。

そんな光景をエントランスで繰り広げられ、通って帰る訳に行かずに帰宅しそびれた玲子は苛立っていました。

その夜、秀一は風呂から上がるなり、机に置いていたSDカードを鋏を突きさして破壊してしまいました。

バレンタイン当日、打ち合わせも無事に終えた望緒は担当におしゃれだね、どこか行くの?と聞かれます。

嫌だなあ、いつもおしゃれしてるつもりなんですけど、と誤魔化し、失礼しまーすと帰る望緒。

そんな望緒の後ろ姿に、担当は絶対デートだな、と確信します。

出版社を出て、秀一へのチョコも持って待ち合わせのカフェまでうきうきしながら向かおうとする望緒。

ふと向こう側に秀一が立っているのを見つけ、駆け寄って行こうとする望緒。

その瞬間、背後から望緒先輩、と黒いフードを被ったりえに声を掛けられます。

…りえちゃん?と返し、どうしてりえちゃんが…と戸惑う望緒、しかしりえの手にはナイフが握られていました。

望緒の姿に気付いた秀一が声を掛けようとした時、りえが望緒にナイフを向けているのが目に入ります。

望緒!とあわてて駆け寄り、りえが振りかざした刃の前に出て望緒に被さる秀一。

雨宮くん!!と言う望緒の声と、どすっとした鈍い音が、その場に重く響き渡るのでした。

愛しい嘘 優しい闇16話ネタバレ最新話確定!感想

え?秀一また刺されるんですか!?

うーん…謎が深まるばかりですね…次回も楽しみです!

愛しい嘘 優しい闇17話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる