MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

边界~いじめられっ子を助けたら中華系同級生(外道)に 狂愛されました~ネタバレ!狂い始めた日常

DLsiteで連載中の【边界~いじめられっ子を助けたら中華系同級生(外道)に 狂愛されました~】についてネタバレをまとめました。

目次

味方だと思っていたクラスメイト達の変貌 全ての元凶はスマイリーな好青年?

学校一の人気者である王 偉(ワンウェイ)。

主人公の山下かほは、彼とはここに進学する前からの付き合い。

ワンと親しみを込めて呼ばれているので、ここからは彼をワンと表記します。

因みにかほは昔委員長だったらしく、今もワンから委員長と呼ばれているようです。

これまでのワンは誰に対しても優しく、マイナス感情など見せたことがありませんでした。

ところがクラスメイトの小山くんがワンからボコボコにされていて···。

こんなのはいじめに違いない。

小山くんを背負い保健室に連れていこうとすると、背後から小山くんにワンの蹴りが炸裂。

何故こんな酷いことを?

正義感のあるかほは問い質さずにはいられません。

いじめ?それは俺がいじめられていたかもよ?

ワンはかほと自分どちらを皆が信じるかと迫ります。

彼曰くかほが思う以上に彼女が皆から嫌われているから、今助けたらもっと酷くなるとのこと。

そんなに人助けがしたいならコイツ(頭を押さえつけられた小山くん)と代われるか?

大の男を相手に代わりになるなんて言えば、どんな目に遭うか分からない。

それでも小山くんを放ってはおけないかほは、彼の代わりになると約束。

なら明日から宜しく···何が楽しいのか笑みを浮かべその場を去るワン。

やめて欲しくなったらいつでも言ってとはいえ、後戻り出来ないようにも見えました。

実際にかほは山下くんの代わりに、いじめの対象になってしまいます。

“コイツはゴミだ···ゴミはモップで掃除しなきゃ”

モップを顔に押し付けられるなを、てまだ序の口。

新宿歌舞伎町のラブホテルで、ワンの性の捌け口の対象にもなることに!

何でこんな酷いことが出来るの?いやきっと何か理由があるはず。

自問自答している間にも、ワンはかほのシャツをこじ開け胸を後ろから鷲掴みにしてきました。

そして自らの熱くなった性器をかほの口へ無理やり挿入。

抵抗も出来ずされるがまま状態のかほ。

意地の悪い笑みを見せながら迫るワンが恐ろしい。

さて勿論ここまで来てワンが諦めてくれるわけではありません。

パンツの内側へと手を滑り込ませ、既に湿った秘部に指を挿入してきました。

早く帰りたそうな顔をするかほを見たワン。

「じゃあさっさと終わらすか。」

と言った直後、太くて長い性器を強引に秘部へと押し込みます。

それから欲望のままに腰を動かされ、最悪の初体験に···。

でもワンのいじめがこれで終わることはなく、水泳の授業の後に水着を隠され更衣室で立ち往生。

ワンは女子更衣室でもお構い無しに侵入し、かほを誰もいない更衣室で犯しました。

次の日もその次の日も、かほが墜ちるまで続くワンのいじめ。

生徒も先生も皆見てみぬふり。

そして今日のいじめの会場は保健室。

当然保健の先生とも示し合わせていて、保健室で何をしてもリスクはなし。

嬉しそうにかほの秘部に仕込んだローターの様子を見るワン。

もう嫌!こんな日常から早く抜け出したい!

願い虚しくワンどころかクラスメイトからもいじめられる日々。

クラスメイトによると、ワンに目を付けられたのはかほのせいだそう。

ある日学校でたまたま彼らが話しているところをきいて

ワンは前の学校で暴力沙汰を起こして転校してきたのです。

そして今クラスメイトの中にはあの小山くんの姿も!

アイツの本性を知らないのはかほだけ。

下手な正義感は皆が迷惑する。

口々に皆そう話しますがそもそもの元凶はワン。

かほは本人にそのことを問い詰めました。

弱者を助け分け隔てなく笑顔を振りまく愛する女。

その笑顔を自分だけのものにしたい。

だからワンはかほの為に人助けが出来る状況を作ったのです。

こんなの間違っている!でも周囲からの称賛が気持ち良かったのは事実。

否定出来ずにいるかほを抱きしめたワンの股関を見ると、抱きしめただけなのに興奮しています。

今のワンの心と体にはかほが必要。

気が付くといつの間にか秘部にワンの指が押し入れられていました。

秘部から流れ出たのは果たして愛液なのか?

ともかくかほは皆から必要とされてなどいない単なる偽善者。

頑張るだけ無駄期待しても無駄···そうこの状況は決して覆らない。

もう楽になりたい!考えることなんて嫌!

壊れてしまったかほは、ワンの差し伸べる手を取るしかありませんでした。

因みに今いる場所は教室。

だから何?そこに愛する女がいるならキスをして抱いてやるだけ。

バックから激しくワンの性器で刺激されたかほは、不思議と気持ちいいと感じてしまいます。

こんなんじゃまた足りない。

秘部に性器を強引に挿入し、欲望のままに動くワン。

一緒にイキたかったのに、先に昇天したのはかほでした。

性器が抜かれた秘部から滝のように流れ出る精液。

まあいっか、どうせかほはもう俺のものだし。

ワンからの相次ぐ”いじめ”に疲れ果てたかほ。

クラスメイトも信じることが出来ず、ワンに頼るしかなくなることに···。

偽りの中を生きるのではなく、自分に嘘を付かないこの生き方。

かほは黙って男の支配を受け入れ、堕ちていきました。

边界~いじめられっ子を助けたら中華系同級生(外道)に 狂愛されました~狂い始めた日常の感想。

間違ったことを正そうといつも正義感を発動する主人公。

彼女は自分では気付かないうちに、ワンの異常な愛の対象にされていました。

愛する女性を手に入れる為なら、他者を巻き込み利用することも厭わない。

更にワンはかほが他者を助け満足感を得ていたことを知っていて、彼女の気持ちをも利用したことになります。

自分のものになるまでゆっくりと育てる。

考えただけでも恐ろしいですよね。

なので無理やり系が駄目な人にはオススメしませんが、大丈夫な人は主人公が闇堕ちする様子から目が離せなくなるのではないでしょうか?

純粋だった女の子の変貌がよく表現された本作。

ワンの思いがままの恋人になる様子をお楽しみ下さい。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる