MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

僕のヒーローアカデミア351話ネタバレ最新話確定!轟VS荼毘!!火の極致赫灼熱拳・・・!!

2022年4月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載「僕のヒーローアカデミア」351話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 警察署に収容されている殻木がこの最終決戦の為に歪みを持って生まれた種を探し求めてきたことを話しはじめます。
  • 11年前に瀬古杜岳(セコトたけ)で自分の炎により黒焦げになり瀕死の状態の燈矢をAFOが発見します。
  • 3年間眠り続けていた燈矢は、AFOたちが歪みの種を持った子供たちを集めて実験している施設で目を覚まします。
  • すぐに自宅に帰ろうとした燈矢でしたが、AFOたちがそれを許しませんでした。
  • しかし、燈矢は施設に火を放ち逃げ出します。
  • 死柄木に何かあった時の保険としてつくられていた魔王の器のスペア・・・荼毘は、そんなスペアの一つであり失敗作でした。
  • 火傷が酷かった燈矢の体は、いくら治療したとはいえ目を覚まして動き出してしまった以上・・・一ヶ月も持たずに朽ちてしまうはずでした・・・。
  • しかし、燈矢は荼毘になってAFOたちの元へ戻ってきます。
  • 荼毘は、その死に征く体をただただ怨嗟の炎だけで踏み止まれせてきたのでした・・・。
  • 神野区グランド・ゼロ・・・対峙する轟兄弟。
  • 自分の命を燃やしてエンデヴァーの大切なもの全てを焼き尽くすことが、自分の生まれた証だと言う荼毘・・・。
  • そして、そんな兄を止めるために荼毘の前の立ちはだかる轟なのでした・・・!!!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

僕のヒーローアカデミア351話ネタバレ最新話確定!轟VS荼毘!!火の極致赫灼熱拳・・・!!

赫灼熱拳

必殺技・・・赫灼熱拳(かくしゃくねっけん)。

その技は、自身の熱を極限まで高めて溜めた状態・・・又は、その溜めた熱を放出する技です。

これは、若い時のエンデヴァーが到達した火の極致です。

力を求めてこの技に到達したエンデヴァーは、自身の限界を知ったのでした。

見様見真似

オールマイトの銅像をドロドロに溶かすほどの熱を放出し続ける荼毘。

轟も急いで熱を上昇させますが、荼毘の方が温度上昇のスピードが早ようです。

自身の体も壊れていっているように見える荼毘ですが、炎の温度上昇に一切迷いがありません。

今までの荼毘の話を聞いていると荼毘はエンデヴァーにしか興味がないように感じましたが、目の前にいる轟に対してもしっかりと思うところがあるようです。

ーー丸焦げから奇跡的に回復した荼毘が始めにやったことは、弱くなった火を取り戻すことでした。

荼毘は、父親との訓練で火力の上げ方だけは知っていました。

そして、エンデヴァーの言った「俺以上の素質」という言葉が荼毘の励みになりました。

あの事故で鈍化してしまった身体は、逆に荼毘から限界を取り去りましたーー。

荼毘は、見様見真似の放出特化・・・「赫灼熱拳!!ヘルスパイダー」を繰り出します。

身体からすごい熱を放出する荼毘は、轟に「オールマイトは好きか?」と言います。

中途半端の人形

「赫灼熱拳!!ヘルスパイダー」はエンデヴァーの技です。

荼毘のヘルスパイダーは、エンデヴァーのより少し炎の縄が太く大雑把な印象です。

エンデヴァーのサイドキックたちが荼毘の攻撃から轟を守っています。

轟は何かの準備をしているようです。

轟の胸の前あたりに熱が生成されているように見えます。

準備ができた轟がまさに動き出そうとした瞬間・・・荼毘が、轟の後ろに回り込んできます。

ヘルスパイダーは目眩しだったようです・・・。

すごいスピードで轟を殴り飛ばす荼毘・・・轟は、荼毘の速さについていけていません。

荼毘は、轟をボコボコにしながら轟に対しての胸のうちを吐き出します。

エンデヴァーの息子であり荼毘の兄弟である轟ですが、一般市民たちと一緒に雄英に籠っていました。

そういう厚かましさが気に食わないと言う荼毘・・・。

荼毘は、轟に対して全てを持って生まれたのに、そう在ろうとしなかったと責めます。

荼毘から見ると「最高の環境」と「最適な身体」があるにもかかわらず父親であるエンデヴァーではなく他人のオールマイトに縋ったように感じているようです。

そんな轟を「中途半端の人形」と罵る荼毘・・・。

荼毘は「ジェットバーン」パンチで轟をぶっ飛ばします。

俺のことも見ててくれて良かった

轟は思いっきり吹っ飛ばされて建物に突っ込みます。

フッと自分の熱が中和されていることに気づく荼毘・・・荼毘が、建物の方を見ると轟が出てきます。

荼毘から中途半端で何者にもなれないと言われた轟は、荼毘の言う通りだと自分自身でも認めます。

荼毘に罵られてショックを受けているかと思いましたが、轟はエンデヴァーのことしか見えていないと思っていた荼毘が自分のことも確りと見ていてくれたことを喜んでいるようです。

決戦前

ーー決戦前・・・エンデヴァーは轟に配置の再考を提案しました。

しかし、轟は緑谷が死柄木を止めるようにそれぞれが適任の場所に配置されると言い返します。

一人だけのことではなく皆んなで・・・それぞれやるべきことをやって戦うんだと話す轟。

轟は、荼毘を止める!と覚悟を決めています。

もちろん、一人ではなく皆んなで・・・!!ーー

赫灼熱拳”燐”

轟がみんなに追いつきたくて努力する過程で見つけた赫灼・・・この技は、轟が自分自身の力で発展させました。

荼毘を止めるための技です。

赫灼熱拳”燐”・・・!!!

全身全霊で荼毘にぶつかる轟・・・!!!

轟は、関係ない人たちじゃなくて・・・全部俺たちにぶつけろ!!と言って、荼毘をぶん殴るのでした・・・!

僕のヒーローアカデミア最新話をお得に読む方法

僕のヒーローアカデミア351話ネタバレ最新話確定!轟VS荼毘!!火の極致赫灼熱拳・・・!!の感想

何となく荼毘の性格は、エンデヴァーに似ている気がしました・・・。やっぱり親子ですね・・・。

轟の思いが荼毘に届けばいいなと思います・・・!

荼毘と轟の「赫灼熱拳」がどっちもかっこ良かったです!!

前回も思いましたが・・・轟頑張れ・・・!!!

続きが気になりますね!

次回もめちゃくちゃ楽しみです!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる