MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ296話最新話確定!土方とのっぺらぼうの過去が明かされる!一方アシリパたちは撤退の準備を開始!

2021年11月11日(木)に発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」296話ネタバレ最新話展開のネタバレをお届けします!

前回のあらすじ
  • 二階堂と杉本の戦いは杉本が勝利!
  • 二階堂は体を真っ二つにされ爆散
  • 死の間際自分の半分になった体をみて兄弟に会えたと錯覚
  • 一方鯉登は鶴見に離反するかもと宣言
  • 月島に鶴見が「味方は君だけ」とつぶやく

前回の内容を忘れてしまった方は、下記記事に詳細がのっています。

ほかキャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ296話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

ゴールデンカムイ296話の展開が確定いたしました!早速あらすじを紹介してまいります。

のっぺらぼうと土方の過去の会話

時は少し遡り、土方の体にのっぺらぼうが刺青を入れている時のこと。

土方は言います。

こんな遠回しで面倒くさいやり方をせずに、私にだけ金のありかを教えればいいものを。

しかしのっぺらぼうとしては、土方が本物の土方かどうか分からないので、曖昧な情報を頼って任せるわけにはいかないと思っているようです。

のっぺらぼうはポーランド人の血が混ざっている

のっぺらぼう、お前は本当にアイヌか?と土方は尋ねました。

のっぺらぼうは、私の目が青いのは父親が樺太へ流刑にされていたポーランド人だからだよ、と返します。

そんなのっぺらぼうに、土方はもう一度言います。

お前は絶対に脱獄できやしないんだろ?

それなら私に託したって悪くないと思うが。

のっぺらぼうが土方に託したアシリパの名

ですがのっぺらぼうはのっぺらぼうで、土方にしか頼めない別のことも考えている様子でした。

土方に向けて、のっぺらぼうは言うのです。

まあとにかく、自分はお前さんに、こいつはアイヌのために動ける男だ、っていう確信が無いんだ。

だから丸任せは無理だ。

しかしここで土方は自分の武士道を語ります。

己の目的が果たせないというだけなら、すぐに諦められる。

だが私は、いかにしてこの日本という国を守っていくかと考えている、そこにはもちろんアイヌも入っている。

個人的にもアイヌのキムシプという男に借りもあることだしな。

その名前を聞いて、のっぺらぼうは言うのでした。

それなら、コチョウベアスコという人を探せばいい。そしたら、私が何者か分かるはずだ。

五稜郭での第七師団との激しい戦闘

場面は五稜郭での激しい戦闘に戻ります。

敵兵を日本刀と拳銃でどんどん倒していく土方。

杉本と背中を合わせながら土方は戦い続けました。

しかしなんとか戦えているものの、土方たちよりも敵兵の方が強いので状況は不利なままです。

土方は杉本に言いました。

鶴見さえ倒せば、こいつらの勢いも弱まる。

しかし杉本は、こんな激しい戦闘の中で人探しなんかできるかとぼやきます。

その頃白石とアシリパは、権利書を持ってここから逃げ出すために動き始めていました。

ゴールデンカムイ296話を無料で先読みする方法

ゴールデンカムイ296話ネタバレ最新話まとめ

今回は、漫画「ゴールデンカムイ」296話のネタバレ最新話を紹介しました!

のっぺらぼうのお顔がやはり中々怖いですね…。

そして土方の語る武士道の定義がとてもかっこよかったです…!

次回の白石とアシリパの展開も気になります!

以上、漫画「ゴールデンカムイ」296話のネタバレ最新話をお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる