MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ295話ネタバレ最新話確定!二階堂死亡・・・死の間際ようやく兄弟と再開!?

2021年10月28日(木)に発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」295話ネタバレ最新確定情報をお届けします!

前回のあらすじ
  • 二階堂の銃弾から土方を守る都丹
  • 重傷を負うも最期まで戦うと宣言する都丹
  • 土方も肩に傷を負う
  • 都丹は死の間際無音の世界で安息を得る
  • 杉本の元へとやってきた二階堂!激闘!

前回の内容を忘れてしまった方は、下記記事に詳細がのっています。

ほかキャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ295話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「ゴールデンカムイ」295話のネタバレ最新話が確定しました!早速あらすじを紹介して参ります!

二階堂VS.杉本

杉本の顔にキックをお見舞いし、その靴底から銃弾をとばした二階堂・・・

杉本は頬を撃ち抜かれながらも即座に応戦します。

お前だけは許さない!

二階堂は杉本への恨みのみを原動力として動いていました!

杉本を殺して洋平をとりもどしたい

浩平はずっと杉本への恨みと怒りを原動力として動き続けてきました。

彼はもはや正気をうしない、杉本をバラバラにさえしてしまえば再び兄弟と出会えると思い込んでいたのです。

ブツブツと恨み節を叫びながら攻撃を仕掛ける二階堂に、杉本は「うるさい!殺し合いだろうが!」と叫ぶのでした。

2人の死闘で広がる犠牲

二階堂と杉本の戦いをみた他の雑兵たちは即座に進軍を行うもの、加勢するものにわかれましたが、そのいずれもが重傷を負うか死ぬかの末路をたどることに・・・

杉本はなんとか二階堂の足をおさえつけると、その銃弾を利用して他の鶴見の兵を倒していきます。

二階堂はとっさに指に鉄串のようなものをつけて杉本の首をえぐりました!

そのころ鯉登は・・・

鯉登の父親は船とともに命を海に沈めましたが、そのことを知らない鯉登はただ胸騒ぎを感じながら鶴見につれられて五稜郭のあの家まで来ていました。

戸棚の中にいまだしまわれ続けたままのアンパン・・・

それをみた鯉登は鶴見に対し「この戦が終わって、得るものがなければ私は部下のためにあなたを殺す」と宣言します。

鶴見はそれを否定するでもなくうなずいてみせました。

月島への鶴見からの甘い呪いの言葉

「月島・・・」

鯉登が先に部屋をでていった後、小屋に取り残された月島と鶴見・・・

自分も鯉登の後を追いかけようとした月島に、鶴見はこういいます。

とうとう私の味方はお前だけというわけだ

二階堂、遂に死亡

杉本と二階堂の死闘は、遂に決着がつこうとしていました。

杉本は二階堂の執念深さとしぶとさに怒りながら銃剣で彼の腹部を深くつきさします。

二階堂は自分の命はこれまでだと悟ったのか、懐から手榴弾を取り出し、それを握り込んだまま杉本と心中しようとしました!

杉本は叫びながら二階堂を掘られていた穴の奥に放り込むと銃剣ごと二階堂を放置し走りさります・・・

死の間際の邂逅

二階堂は、穴の中で手榴弾が爆発してしまい杉本を殺すことはできませんでした。

手榴弾の起爆の瞬間、彼の腹部に深くつき刺さっていた銃剣が反動で動き、彼の体を真っ二つにさいてしまいます。

その瞬間、二階堂の体は半分ずつにわかれ、向い合せとなりました。

「おや?」

そこにいたのは、ずっと会いたかった双子の片割れ・・・

また会えた

体が手榴弾によって細切れとなる寸前まで、彼はようやく出会えた兄弟をみつけ、安寧を得ることができたのでした。

ゴールデンカムイ295話を無料で先読みする方法

ゴールデンカムイ295話ネタバレ最新話まとめ

今回は、漫画「ゴールデンカムイ」295話のネタバレ最新話を紹介しました。

二階堂の攻撃で杉本が重傷を負うのではないかと不安でしたが、不死身の杉本はやはり最強でしたね。

死の間際にずっと会いたいと願っていた片割れに会えたようでよかったです。

都丹もそうですが、死の間際、つかの間の安寧を得て亡くなっていく描写はホッとするような、切ないような・・・なんともいえない気持ちとなってしまいます・・・

以上、漫画「ゴールデンカムイ」295話のネタバレ最新話をお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる