MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ293話ネタバレ最新話感想!キラウシ生存確定!鶴見部隊に狙われる土方!?

2021年10月14日(水)に発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」293話ネタバレ最新確定情報を考察と共にお届します!

前回のあらすじ
  • 鯉登の父親が永倉たちに砲撃!
  • 被弾しながらも永倉たちは駆逐艦撃破
  • 尾形は単独で五稜郭へと潜入中
  • 第七師団が侵入開始!

前回の内容を忘れてしまった方は、下記記事に詳細がのっています。

ほかキャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ293話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

「ゴールデンカムイ」の293話最新話情報を入手いたしましたので、早速紹介いたします!

遂に稜堡の一部から侵入してきた第七師団

土方たちは急ぎ侵入してきた第七師団の兵士たちを迎撃するべく動きます。

侵入は想定内だ

土方はそう告げ、むしろ五稜郭につながる全ての入り口からいっぺんに入られるという最悪の状況は回避できたといいます。

杉本が俺は不死身の杉本だーッ!状態に!

あらゆる場所から走ってくる兵士を杉本は確実に仕留めていきます。

多勢に無勢状態となり、数の上では劣勢状態となってしまいますが、杉本は焦らずに行動しあらゆる武器を駆使して敵兵を殺していきました。

アシリパと白石は留守番組に・・・

杉本が心配だ・・・

ソワソワとするアシリパに、白石はあいつなら大丈夫だといいながらいざというときのために逃走の支度をしていました。

アシリパは権利書を守ることだけ考えないといけない、そう諭す白石にアシリパはうなずきます。

生き残っていたキラウシたち

キラウシと門倉はボロボロになりながらもなんとか生き延びていました

マンスールは右手が吹き飛ばされてしまったといいますが、それでも彼も生きています。

永倉はひどいケガを負った3人をみて、もうこれ以上はいいというと、自分だけは土方とともに戦うといい再び五稜郭へと戻っていきました。

二階堂が土方を発見!

五稜郭への潜入はかなり苦しいものでしたが、堀をなんとか泳ぎきった二階堂は大量の手榴弾を発見。

さらに、少し先に迎撃体制に入ろうとしていた土方を見つけてしまいました!

すぐに手榴弾を投げた二階堂は、恨めしそうに「土方歳三」とつぶやきます・・・

小さな声でしたが、それを都丹は聞き逃しませんでした!

彼はとっさに土方をつきとばし、彼の身代わりとなって二階堂の凶弾を受けることに!

ゴールデンカムイ293話を無料で先読みする方法

ゴールデンカムイ293話ネタバレ最新話まとめ

今回は、漫画「ゴールデンカムイ」293話のネタバレ最新話を考察と共に紹介しました。

中々に苦しい内容になってきましたね・・・最終話に近づいてきているので、仕方のないことかもしれませんが。

白石とアシリパが一緒にいるのはかなり心強いと思えましたが、土方や長倉はこのまま死んでしまうのではないかと心配になります。

土方も永倉も、五稜郭での戦いのことだけを考えていてその先を考えていないような気がしてなりません。

以上、漫画「ゴールデンカムイ」293話のネタバレ最新話を考察と共にお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる