MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ313話ネタバレ最新話確定!愛するものをみんな殺してしまうゴールデンカムイの呪いと不死身の杉元・・・!

2022年4月21日発売の週刊ヤングジャンプ掲載「ゴールデンカムイ」313話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 外に出た杉元・・・杉元と鶴見中尉は地獄行きの特等席にいます。
  • 鶴見中尉は、菊田の死に際の言葉を思い出して杉元を挑発します。
  • 杉元は鶴見中尉に飛び掛かっていき、鶴見中尉との攻防がはじまります。
  • 杉元も鶴見中尉も一歩も引きません・・・!
  • 土方の亡骸を背負っている永倉・・・永倉は夢を追う土方を守る為なら死んでもいいと思っていました。
  • しかし、もう土方はもういません。
  • 永倉にはこれ以上戦う理由も意味もありません。
  • そして、機関室と切り離された列車がいよいよ止まります。
  • 白石は列車が止まると同時に線路に飛び降りて急いで走り出します。
  • そんな白石の元に馬に乗った谷垣が現れます・・・!
  • 鶴見中尉は、杉元たちに取引を提案します。
  • 鶴見中尉の提案は、鶴見中尉は権利書で杉元たちには金塊・・・これで手をうとうということのようです。
  • しかし、鶴見中尉の話を聞いたアシリパと杉元は、鶴見中尉の提案を即座に断ります。
  • 杉元は、五稜郭で砂金を見つけた時に手で掴めるだけポケットに詰めてきていました。
  • その砂金で鶴見中尉の目潰しをする杉元・・・拳銃を構えたまま杉元に斬られた鶴見中尉の顔は砂金まみれで確認できません・・・!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ313話ネタバレ最新話確定!愛するものをみんな殺してしまうゴールデンカムイの呪いと不死身の杉元・・・!

二つの小さな骨

杉元が持っていた砂金で目眩しをされた鶴見中尉は、拳銃を撃つ前に杉元に斬られます。

杉元が振り下ろした刀は、鶴見中尉の頭から頬にかけてと胸から胴体にかけて斬りつけます。

刀で斬られ際に一緒に額につけている仮面のベルトと斜めがけにしていた矢筒の紐も一緒に切れます。

鶴見中尉の仮面は取れて切り裂かれた胸から小さな骨が二つ落ちてきます。

切り裂かれた場所にちょうど胸ポケットのようなものがあったようです・・・。

その落ちてきた小さな骨は、鶴見中尉が長谷川としてスパイをしていた時の奥さんと子供の骨です。

もちろん矢筒も落ちますが、小さな骨とは反対方向に落ちていきます。

矢筒を狙うアシリパ・・・鶴見中尉は骨が落ちていくのにも気づいていましたが、アシリパより先に矢筒の方を掴みます。

すぐに小さな骨が落ちた方を確認する鶴見中尉・・・小さな骨は列車の隙間から下に落ちていきました・・・。

その骨の行方を見ていた鶴見中尉は、苦しげで悲しい・・・解放されたような、なんとも言えない切ない表情になります・・・。

その顔は、今ままでの死神の顔とは違い人の顔になっているように見えます。

みんなゴールデンカムイに殺される

鶴見中尉が掴んでいた矢筒の紐を切って矢筒を奪うアシリパでしたが、滑って列車から落ちそうになります。

慌ててアシリパを助けに手を伸ばす杉元。

杉元は、ギリギリでアシリパの手を掴みますが、無防備な体制になってしまっていた為に鶴見中尉に刀を奪われてしまいます。

そのままその刀で胸を一突きにされる杉元。

仰向けの形で突き刺された刀は、杉元の胸に突き刺さり背中から出て列車にまで突き刺さっています。

杉元を貫いている刀を見て動揺するアシリパに、鶴見中尉がたたみかけます。

鶴見中尉の顔は、また死神の顔に戻っています・・・。

愛するものはみんな「ゴールデンカムイ」に殺されると言う鶴見中尉。

鶴見中尉もアシリパもここに辿り着くまでにたくさんの愛するものたちを失ってきています・・・。

鶴見中尉は、全部ウイルクの責任だぞと続けます。

鶴見中尉の額からは脳髄が漏れてきており、その姿はアシリパに言っているのか、自分自身に言っているのか・・・本当にウイルクに言っているのか分からない感じにも見えます。

不死身の杉元

アシリパの手を掴んでいた杉元は、そのままアシリパをぶん投げます。

刀が刺さったままの杉元は、飛んでいくアシリパに向かって「俺は不死身の杉元だ・・・」と微笑みます。

アシリパが投げられた先には、ちょうど馬に乗った谷垣と白石がいました。

谷垣と白石は馬で列車の先頭まで追いついてきていたようでした。

飛んできたアシリパを慌てて掴む谷垣と白石・・・。

鶴見中尉も、アシリパたちの方へ向かおうとします。

鶴見中尉VS杉元

駅を通過して倉庫のような場所の扉を突き破る暴走列車。

杉元は鶴見中尉の拳銃を掴んで列車の上に引きとどめていました。

杉元は刀が刺さったままなので、少しだけ上体を起こして鶴見中尉を引っ張って掴みます。

それから持っている拳銃の向きを無理やり変えて・・・鶴見中尉の胸の方に向けます。

そして、杉元はそのまま鶴見中尉の胸を撃ちぬきました・・・。

沈む暴走列車・・・

倉庫のような場所も走り抜けた暴走列車は、そのまま海に飛び出します。

倉庫は海沿いに立っていました・・・。

杉元と鶴見中尉・・・二人を乗せたまま海に沈んでいく暴走列車・・・。

急いで現場に駆けつける三人・・・無事に谷垣と白石にキャッチされたアシリパは無傷のようですが、白石は小さなたんこぶができています。

三人は、列車が落ちた場所に佇んでいます・・・。

暴走列車の姿は、全てがすっぽりと海に飲み込まれてしまっているのでした・・・!

ゴールデンカムイ最新話をお得に読む方法

ゴールデンカムイ313話ネタバレ最新話確定!愛するものをみんな殺してしまうゴールデンカムイの呪いと不死身の杉元・・・!の感想

今回も息つく暇がなかったですね・・・!!心臓に悪すぎます!!

谷垣、白石、アシリパが無事なのが本当に嬉しいです!

でも、列車と一緒に落ちていった杉元が・・・・めちゃくちゃ心配です・・・。不死身の杉元なので大丈夫ですよね・・・。お願いします・・・!!

骨が落ちていった時の鶴見中尉の表情がなんとも言えなかったです・・・。初めて鶴見中尉の素顔を見た気がしました・・・。

次回も気になりすぎます!早く来週になってほしい!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる