MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ312話ネタバレ最新話確定!杉元・アシリパ最強相棒コンビVS死神鶴見中尉!!悪魔との取引を断る杉元とアシリパ・・・!

2022年4月14日発売の週刊ヤングジャンプ掲載「ゴールデンカムイ」312話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 一両目から出てきた鶴見中尉は、機関室の方に行きます。
  • アシリパは、一両目の後ろから降りて一両目の中を通って機関室に行こうとしていました。
  • アシリパが扉を開けると・・・一両目と機関室の車両の連結が外されているのが見えて、機関室だけが、だんだんゆっくりと離れて行きます・・・。
  • 一旦扉を閉めたアシリパは、杉元と白石に最後のお願いがあるといいます。
  • 金塊を誰かが持っている限り殺し合いが延々と続いて言ってしまうだろうから、金塊が隠されていたあの井戸を埋めたままにしておいて欲しいとお願いするアシリパ。
  • 誰かが、黄金のカムイの呪いを断ち切らないといけません。
  • アシリパのお願いを聞いた白石は、頭を抱えて悩みますが、結局受け入れます。
  • 杉元は、白石に「また」と声をかけてからアシリパを抱えて機関室に飛び移ります。
  • 杉元とアシリパで鶴見中尉に立ち向かいます。
  • とりあえず、列車を止めようとする杉元とアシリパでしたが、機械の操作が分からずに手間取ります。
  • 杉元は、列車をとめるのをアシリパに任せて鶴見中尉の方に向かっていくのでした・・・!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ312話ネタバレ最新話確定!杉元・アシリパ最強相棒コンビVS死神鶴見中尉!!悪魔との取引を断る杉元とアシリパ・・・!

地獄行きの特等席

外に出た杉元・・・杉元と鶴見中尉は地獄行きの特等席にいます。

杉元は、鶴見中尉に向かって発砲します。

杉元の銃弾を避けた鶴見中尉は、菊田が死に際に言った言葉を思い出します。

菊田は死に際に、鶴見中尉を倒すのは「ノラ坊」だと言いましたーー。

そして、菊田が最期に言った「ノラ坊」とはお前のことかな・・・!と杉元を揺さぶる鶴見中尉。

鶴見中尉の言葉に挑発される杉元・・・アシリパが機関室から杉元に落ち着くようにと声をかけます。

杉元VS鶴見中尉

鶴見中尉に向かって飛び掛かっていく杉元。

鶴見中尉は、杉元が無防備に飛び出した際にすかさず発砲します。

左の二の腕あたりに被弾した杉元でしたが、そのまま止まることなく銃剣で攻撃します。

杉元の攻撃を避けた鶴見中尉は、銃剣の持ち手の方で杉元の頭を思いっきり殴ります。

殴られて体勢を崩した杉元は、さらに足を滑らせてしまいます。

すかさず杉元が持っていた銃剣を蹴り飛ばす鶴見中尉。

杉元は何とか列車につかまって落ちませんでしたが、残念ながら蹴り飛ばされた銃剣は落としてしまいます。

間髪入れずに銃で撃とうしてくる鶴見中尉・・・杉元は、鶴見中尉に近づいて撃たせないように銃剣をガシッと掴んでおさえます。

銃をおさえられた鶴見中尉は、近づいてきた杉元の顔の傷に噛み付きます。

顔の傷のめくれている皮に噛みつかれても全く動じない杉元・・・噛み付いている鶴見中尉にアッパーを食らわせます。

そのまま腹に蹴りを入れて銃剣を奪い取る杉元。

杉元に蹴り飛ばされてヨロついている鶴見中尉をすかさず、奪い取った銃で狙います。

しかし、鶴見中尉は銃が打てないように部品を取っていました。

銃剣を捨てて和泉守兼定を抜刀する杉元・・・アシリパも機関室から出てきて杉元の後ろで弓矢を持ってひかえています。

永倉と夏太郎

土方の亡骸を背負っている永倉。

夏太郎は、権利書はどうするのか!と永倉に涙目で言います。

永倉は夢を追う土方を守る為なら死んでもいいと思っていました。

しかし、もう土方は死んでしまいました。

永倉にはこれ以上戦う理由も意味もありません。

そして、永倉は土方の遺体をさらすのが何より嫌でした。

永倉の思いを汲み取る夏太郎・・・。

二人がそんなやりとりをしていると・・・機関室と切り離された列車がいよいよ止まりました。

白石と谷垣・・・!

ギギギギ・・・・。

ハンドルを回して列車をとめた白石・・・。

白石は列車が止まると同時に線路に飛び降りて急いで走り出します。

ドド、ドド・・・・。

!!!!

そんな白石の元に馬に乗った谷垣が現れます・・・!

鶴見中尉に撃たれて列車から落ちた谷垣は、馬に乗って列車を追ってきていたようでした。

しかし谷垣は、横腹あたりから血を流しているようです・・・。

鶴見中尉からの提案

和泉守兼定を構える杉元に、話しかける鶴見中尉。

鶴見中尉は、金塊は五稜郭にあったということは分かっているようで取引を持ちかけてきます。

資源の少ない日本を外国から守るには満州進出しかないと考えている鶴見中尉。

しかし、その計画を進めるには権利書を使って中央を黙らせるしかないと鶴見中尉は説明します。

中央に追われる自分は、どうせ金塊持ち出す時間もないし金塊は杉元たちのものでいいと・・・そのかわり今すぐ列車から飛び降りろと言う鶴見中尉。

鶴見中尉の提案は、鶴見中尉は権利書で杉元たちには金塊・・・これで手をうとうということのようです。

拒否

鶴見中尉の話を聞いたアシリパと杉元は、鶴見中尉の提案を即座に断ります。

ここで全てを終わらせるつもりの二人・・・。

杉元とアシリパの答えを聞いた鶴見中尉は、二人に気づかれないようにゆっくりと隠していた拳銃に手を伸ばします。

杉元の分け前

実は杉元は、五稜郭で金塊を見つけた際に自分の分の分け前をこっそりズボンのポケットに入れてきていました。

右手で和泉守兼定を構えて左手でこっそりポケットから砂金を一掴み取り出します。

その様子は、以前土方が網走監獄で犬童と戦った時に自分の血を手に溜めて隠していた時のようです。

隠していた拳銃をとり杉元の方に構える鶴見中尉・・・すかさず隠し持っていた砂金を鶴見中尉の目に向かって放つ杉元。

杉元が放った砂金は鶴見中尉の目にバチバチと当たってキラキラと反射します。

目潰しをされた鶴見中尉が拳銃を打つ前に、刀を振り下ろす杉元。

ドシュッッ・・・!!!

拳銃を構えたまま杉元に斬られた鶴見中尉の顔は砂金まみれで確認できません・・・!

ゴールデンカムイ最新話をお得に読む方法

ゴールデンカムイ312話ネタバレ最新話確定!杉元・アシリパ最強相棒コンビVS死神鶴見中尉!!悪魔との取引を断る杉元とアシリパ・・・!の感想

鶴見中尉と杉元の戦いは息つく暇がありませんでしたね・・・!

二人とも強すぎる・・!!

谷垣ニシパの登場が嬉しい反面・・・怖い!心配です!

白石も二人に追いつくのかな・・・こっちも心配です!

最後の杉元の一太刀は鶴見中尉にとどいたのか・・・!

次回も気になりすぎます!残り少ないですが・・・楽しみです!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる