MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ308話ネタバレ最新話確定!夢から覚めた土方歳三との別れ・・・そして、託される杉本!

2022年3月10日発売の週刊ヤングジャンプ掲載「ゴールデンカムイ」308話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 手榴弾の爆発からアシリパを守ろうとして、手榴弾を抱え込んだ牛山・・・。
  • 無事に爆発から守られたアシリパが牛山を見ると、牛山は爆発で左腕が吹っ飛んでいましたが・・・背筋を伸ばし綺麗に正座していました。
  • 左腕が吹っ飛び足下に血溜まりができているにもかかわらず牛山は、アシリパにお嬢、怪我はないか?といつものように言います。
  • そして、牛山は以前家永に聞かられた・・・「あなたの完璧はいつだった?」という問いに、今だよ・・・と小さく答えて息をひきとりました。
  • アシリパは、牛山の死で悲しみに打ちひしがれ・・・悲痛な叫びをあげます。
  • いつの間にか矢筒を奪った月島は、鶴見中尉の元へ急ぎます。
  • ちょうどその頃、永倉と夏太郎もやっと列車に追いついてきたようでした。
  • 矢筒を受け取った鶴見中尉は、月島も上に上がってくるようにと満身創痍の月島に手を伸ばします。
  • 鶴見中尉の手を取ろうとしていた月島でしたが、鯉登に引き止められます。
  • 月島を死なせたくない鯉登は、必死で鶴見中尉を説得しました。
  • 鯉登に説得された鶴見中尉は、一人で列車の上を歩いていきます。
  • その時、鯉登たちの横をスーーーっと頭から血を流した土方が横切っていきます。
  • 3両目に入っていく土方は、まだ過去の夢の中にいるようで・・・夢の中では、新撰組を率いて巡察に出ていて「死番」を務めています。
  • 現実と夢の中両方で敵を斬り倒して行く土方は、ヒグマに刀を振り下ろし・・・ヒグマの顔面を斬り裂くのでした・・・!!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ308話ネタバレ最新話確定!夢から覚めた土方歳三との別れ・・・そして、託される杉本!

暴走列車地獄行きの!の乗車状況

現在の暴走列車地獄行きの乗車状況は・・・・まず、2両目の屋根の上に尾形、3両目の屋根の上に鶴見中尉がいます。

それから、3両目の中に杉元、アシリパ、白石が合流しており・・・1両目から人を襲いながら移動してきた熊と夢の中を彷徨っている土方が鉢合わせています。

そして、3両目と4両目の連結部分に牛山・土方との戦闘でボロボロの鯉登と月島がいました。

かじられる白石

夢の中で新撰組としてどんどん敵を斬り倒していく土方。

土方は列車の中で暴れ回っていた熊にも斬りかかります。

土方に顔面を斬られた熊は土方にビビって2両目の方に方向転換をして逃げていきます。

座席の下にアシリパと一緒に隠れてい白石は、危険なのでもっと土方たちから離れようと座席から頭を出します。

白石が頭を出したところに丁度タイミング良く土方から逃げてきた熊が来て鉢合わせます。

ガリっと白石の頭をカジる熊・・・しかし、熊はちょっとカジっただけで2両目の方に出ていきます。

通りすがりに熊から頭をカジられた白石は、頭を抑え仰向けに倒れます・・・。

!!!

仰向けになった白石は、出口から丁度外が見えました。

丁度、3両目から2両目の屋根に鶴見中尉が移動しているところで手にはアシリパの矢筒を持っています。

鶴見中尉と尾形

月島から受け取った矢筒を開ける鶴見中尉。

矢筒を逆さまにしてバラバラと毒矢を落とします。

それから、鶴見中尉は中に入っていた権利書を広げて内容を確認します。

権利書を確認し終わると尾形に、杉元たちが登ってくるから自分を囮にして狙撃しろと命令する鶴見中尉。

鶴見中尉は矢筒の蓋を閉めます。

夢から覚める・・・

その頃、土方から逃げた熊が2両目に戻ってきていました。

また熊が戻ってきて兵士たちは混乱しています。

兵士たちは、熊に向けて何発も発砲しています。

熊が通りすぎた後に杉元を追って2両目から3両目に移動していく数人の兵士たち・・・。

夢の中で夜の市中を彷徨っている土方は、どんどん敵を斬り倒していきます。

そして、夢の中で新撰組の局長である近藤に話しかけた土方は・・・少し疲れたなと呟きます。

現実では頭から血を流している土方が息を切らして膝をつきます。

顔を上げて前を見た土方は、若い頃の自分と新撰組のみんなが意気揚々と進んでいくのが見えます。

その光景は下の方からどんどんと崩れてきています。

若い頃の土方が振り返り膝をついている土方を見ます。

その若い土方が消えていくと同時に現実の杉元の姿がかさなりました。

託す

その杉元は現実の杉元で兵士たちと戦っています。

夢から戻ってきた土方は、目の前で戦う杉元の名前を呼びます。

敵を倒して土方の方を振り向く杉元。

「和泉守兼定」を鞘に戻した土方は、きっと役に立つから持っていけと杉元に「和泉守兼定」を差し出します。

少し戸惑う杉元に土方は、義に命をかける似たもの同士、自分の受けた恩くらいは託させてくれと言います。

金塊と権利書は和人とアイヌも救われるように・・・とつづける土方。

杉元は、分かったと言って「和泉守兼定」を受け取ります。

土方を見て苦しそうにするアシリパ・・・悲しみと苦しみを堪えて杉元と白石と共に前に進みます。

土方と永倉・・・

月島と鯉登が倒れているのを横目に列車の3両目に入っていく永倉と夏太郎。

・・・・・・。

!!?

そこで永倉は、座り込み項垂れる土方を見つけます。

駆け寄って土方の名前を呼ぶ永倉。

夏太郎は目の前の光景が信じられない様子です。

まだ意識のあった土方は、永倉にあの頃は面白かったなぁと言います。

何も答えずに土方の言葉を聞く永倉。

これから、もっとあの頃より暴れて面白くなるはずだったのに・・・悔しいなぁ・・・・と言って息を引き取る土方。

永倉は、悲しそうな・・・でも受け入れているような・・・何とも言えない優しい複雑な表情をしています。

そんな二人の後ろで夏太郎は涙を流していました。

土方は、永倉と夏太郎に見守られながら息を引き取ったのでした。

尾形と熊と・・・

2両目でたくさんの兵士に追い立てられて攻撃された熊は、外に出て来ていました。

そして、兵士たちから逃げようと必死の熊は列車の屋根の上に登ろうとしていました。

顔を出した熊に気づいた尾形は、熊がどうやって列車に乗ったのかと疑問に思います。

ドン!!!

尾形の撃った弾丸は熊の頭に命中しますが、熊は死ぬことはなく興奮して威嚇しだします。

熊は頭蓋骨が分厚いんだっけと思い出した尾形は、強いやつを倒す時は頭を狙わない・・・と呟きます。

ドッ・・・!!!

尾形の左胸あたりを後ろから銃剣(?)で突き刺す杉元。

目の前の熊に気を取られていた尾形は、背後から近づいてきた杉元に全く気づいていないようでした。

杉元が突き刺した剣は、尾形の体を貫いているように見えます・・・!

ゴールデンカムイ最新話をお得に読む方法

ゴールデンカムイ308話ネタバレ最新話確定!夢から覚めた土方歳三との別れ・・・そして、託される杉本!の感想

最近は、毎話毎話心がカオスです・・・!

土方さん・・・悲しいです・・・。どんどん、みんながいなくなっちゃうので寂しい・・・。

ずっとアシリパさんが苦しそうなのも見てられないです・・・!

痛そうだったけど通りすがりにカジられた白石だけが笑顔にしてくれました。笑

杉元が尾形を突き刺したところで終わりましたが・・・肉弾戦だと尾形に勝ち目がない気もする・・・どうなるんでしょうか!?

読むのが怖いけど、結局次回も気になりすぎます!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる