MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ306話ネタバレ最新話確定!鯉登少尉の一太刀に倒れる土方・・・!そして、アシリパを爆発から庇う牛山・・・!

2022年2月17日発売の週刊ヤングジャンプ掲載「ゴールデンカムイ」306話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ
  • 土方と対峙する鯉登少尉ですが、土方の攻撃をギリギリでかわしているだけで中々攻撃できません。
  • 鯉登少尉は幼い頃、父親に自顕流には「受け」はなく、避けられるかもしれないという迷いを捨てて、死の物狂いで打ち下ろすと教えてもらったことを思い出します。
  • 強大な敵である土方に対し覚悟を決めれず迷いがあり、立ち向かえないでいた鯉登でしたが、父の教えと、沢山の人の為に・・・という思いで覚悟が決まります。
  • その頃、牛山と戦っていた月島は・・・桁違いの化け物の牛山に対し苦戦していました。
  • 瀕死の仲間から受け取った手榴弾を牛山に向かって投げた月島でしたが、牛山は撃針に触れないように手榴弾をキャッチして月島ほうに投げ返します。
  • 月島の頭上の壁にぶつかり手榴弾が爆発したとほぼ同時くらいに、鯉登が土方に斬りかかります。
  • 土方の攻撃にもひるまず、顔に銃剣が刺さりながらも踏み込み一太刀目を振り下ろす鯉登。
  • とうとう土方は、鯉登の一太刀目を刀で受けてしまいます。
  • その頃、杉元は駅に着くまでに一人でも多く追手を減らそうと考えて、2両目に突入しようとしていました。
  • しかし、兵士たちが、2両目の入り口に固まって入れないように入り口を塞いでいて中々先に進めません。
  • そんな2両目の様子が気になってどうにか覗こうとしている1両目の兵士たち。
  • 兵士全員が2両目の方に気を取られている間に・・・前方の運転室の方の扉から誰か入ってきます。
  • して、ガチャとドアの開く音で、一人の兵士が振り返ると・・・そこには大きな熊がいたのでした・・・・!

前回の内容を忘れてしまったという方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

他キャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ306話ネタバレ最新話確定!鯉登少尉の一太刀に倒れる土方・・・!そして、アシリパを爆発から庇う牛山・・・!

ヒグマと杉元

暴走列車に突然乗り込んできた一匹のヒグマ。

ヒグマは、1両目の後ろの扉前に固まってい数人の兵士たちに向かって一目散に襲い掛かります。

突然の出来事でまだ状況が飲み込めていなかった兵士たちは、ヒグマの突進をまともにくらいます。

兵士たちは、ヒグマの一撃で顔の皮が捲れてしまったり爪で深い傷を負ってしまったりしています。

一人の兵士が銃剣をヒグマの喉元あたりに突き刺し、さらに銃弾を撃ち込みますが、興奮したヒグマはそのままその兵士の顔にかぶりつきます。

かぶりつかれた兵士を振り回すヒグマ・・・そこに隙に他の兵士たちは一斉に銃を撃ち攻撃します。

1両目の騒ぎが聞こえたのか1両目に近い2両目の方から徐々にヒグマがいることが伝わりだします。

3両目側から2両目に入ってきていた杉元・・・、ヒグマがいるという情報は途中から、杉元がいるという情報にかき消されていきます。

鯉登対土方

一方、鯉登対土方・・・銃剣が顔に刺さりながらも踏み込み土方に一太刀目を振り下ろす鯉登。

土方は、鯉登の一太刀目を刀で受けてしまいます。

ギャリギャリ・・・ギギギ・・!

渾身の力で刀を押し込む鯉登・・・。

!!!

キィィィン・・・!

鯉登の刀が折れてしまいます・・・!

すかさず斬りかかろうとする土方。

しかし、鯉登は折れた刀をそのまま土方に振り下ろします。

メリッ・・・!!

自顕流に「受け」はない・・・、土方の刀が鯉登に届くより先に鯉登の折れた刀が土方の頭にめり込みます。

意識を失っているのか・・・、そのままグタっと座り込む土方。

鯉登は激闘でハァハァと息を切らしながらも、頭に刀をめり込ませたまま力なく座り込む土方を確認すると、先へ進みだします。

鯉登は、土方に斬られた肩の傷が痛むようで、おさえています。

月島軍曹の自爆・・・

座席の下に隠れて手榴弾の爆発から逃れた月島。

月島が座席の下から顔を出すと、あたりはめちゃくちゃになっています。

座席の下から出てきた月島は、一旦牛山から隠れて作戦を考えます。

近くに落ちている手榴弾が目にはいる月島・・・、月島は自分の命はこの為に使ってもいいと覚悟します。

落ちている手榴弾を拾い、ピンを抜く月島。

月島は、そのまま牛山に飛びつきます。

手榴弾を振り上げる月島。

かけつける鯉登少尉

まさに、月島が牛山と共に自爆しようとした瞬間・・・、鯉登が駆けつけます。

月島に声をかける鯉登。

!?

鯉登に気づいた月島は、来るな!!と言います。

月島の自爆を止めようとする鯉登・・・、月島は、鯉登を巻き添えにすることが出来ずに手榴弾を爆発させることが出来ません。

アシリパを庇う牛山・・・

月島が躊躇している隙に、向きを変え月島を抱えたまま鯉登に突進した牛山は、二人まとめて吹っ飛ばします。

牛山に投げ飛ばされた衝撃で思わず手榴弾を手放してしまう月島。

その手榴弾は、牛山の後方に飛んでいきます。

手榴弾を目で追っていた牛山・・・、手榴弾が落ちようとしている先にちょうどアシリパと白石がいました。

二人は座席の下に隠れていたのですが、アシリパは先に進もうとちょうど座席の下から体半分くらい出てきていました・・・。

手榴弾に気づき急いで身を屈めるアシリパ・・・。

アシリパに気づいた牛山は、爆発する手榴弾を抱き込むような形でアシリパを爆発から守ります・・・。

牛山の胸の前で爆発する手榴弾・・・

土方歳三・・・

そして、鯉登に頭をかち割られた土方・・・、土方はでっかい満月が浮かぶ城下町のようなところに佇んでいました・・・。

そんな月夜に佇む土方の姿は、土方の若い頃の姿なのでした・・・!

ゴールデンカムイ最新話をお得に読む方法

ゴールデンカムイ306話ネタバレ最新話確定!鯉登少尉の一太刀に倒れる土方・・・!そして、アシリパを爆発から庇う牛山・・・!の感想

ちょっと、感情が追いつきません・・・!

土方さんに牛山さんに・・・。現実逃避したい気分です。

土方対鯉登・・・すごかったですね!どっちが勝っても負けても苦しいです・・・。

自爆しようとした月島を鯉登が止めてくれて本当によかったです!!

アシリパさんを庇った牛山さんも無事であってほしい・・・!

次回も気になりすぎます!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる