MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ289話ネタバレ最新話感想!艦砲射撃再開!鶴見の裏を掻く土方

2021年9月9日(木)に発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」289話ネタバレ最新確定情報を考察と共にお届します!

前回のおさらい
  • 1902年ロシア領事館
  • 若い頃の土方歳三
  • 函館戦争
  • ウイルクが土方歳三を頼った理由
  • 土方の思いとは?

前回の内容を忘れてしまった方は、下記より詳細をご覧ください。

ほかキャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ289話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「ゴールデンカムイ」289話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそくお届けします。

艦砲射撃再開

鶴見中尉たちは艦砲射撃を再開し、杉元たちはひとまず金塊を置いて避難することにします。

これでいよいよ籠城戦しかなくなったと意気込む杉元。

負けたら二度と金塊は拝めません。

鶴見中尉の作戦

永倉は権利書の話を鶴見中尉は信じなかったのか?と思います。

一方で、土方は永倉が艦砲射撃のために権利書のことを話しただろうと予測していました。

自分でもそうすると告げる眼前で、堡塁が吹き飛びます。

鶴見は艦砲射撃で堡塁だけを吹き飛ばしていました。

気球を使った観測で、函館戦争時よりも精密な射撃が可能になったからこそ出来る激闘です。

第七師団は旅順攻囲線で堡塁の厄介さが身に染みていたのです。

第七師団突入

五稜郭の堡塁を徹底的に破壊したあと、第七師団の歩兵155名が五稜郭の入り口3ヶ所から突撃してきました。

鶴見中尉は南口。他に北口と東口があります。

鶴見は全体を見渡したあと、部下に早く橋を渡るよう指示しました。

隠れた部分から一斉にソフィア陣営たちが顔を出します。

吹き飛ばした堡塁は囮で、誰もいなかったのでした。

籠城線開始!

鶴見達は退却しても防風林は300メートル後ろです。

五稜郭の外側に身を隠せる死角はなく、土方たちの格好の的になっていました。

鶴見は焦ったように中へ入るよう指示を飛ばします。

ゴールデンカムイ289話を無料で先読みする方法

ゴールデンカムイ289話ネタバレ最新話の感想

ついに五稜郭での戦闘が開始しました!

互いに頭脳戦といったところですね。

鶴見と土方が直接的な対決をするのは網走以来!

五稜郭という舞台で始まった最終決戦に期待が止まりません。

ゴールデンカムイ289話ネタバレ最新話確定まとめ

今回は、漫画「ゴールデンカムイ」289話のネタバレ最新確定情報を、感想とともに紹介しました!

「ゴールデンカムイ」289話では、鶴見中尉の艦砲射撃が再開。

土方陣営はそれらを凌いだあとに反撃に入ります!

ついに始まった籠城戦。不穏分子が入り交じる中最終決戦が始まりました。

以上、漫画「ゴールデンカムイ」289話のネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる