MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ゴールデンカムイ287話ネタバレ最新話感想!金塊発見!五稜郭攻囲線が開幕

2021年8月19日(木)に発売の週刊ヤングジャンプ「ゴールデンカムイ」287話ネタバレ最新確定情報を考察と共にお届します!

前回のおさらい
  • 門倉動く!
  • 永倉が鶴見中尉から逃げ出す
  • 土方は動かず
  • 幸運の男!門倉!
  • ウイルクの想い

前回の内容を忘れてしまった方は、下記より詳細をご覧ください。

ほかキャンペーン情報

目次

ゴールデンカムイ287話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「ゴールデンカムイ」287話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそくお届けします。

永倉が門倉と合流

艦砲射撃は永倉の作戦通り一時中断。

その間に門倉と合流し、鶴見中尉に大規模な攻撃を躊躇するだけの「種」は残してきたと語ります。

一方鶴見も、月島や鯉登たちと合流していました。

鶴見は権利書の話を信じている

鶴見中尉に大沼公園駅名物の大沼団子を手渡す鯉登。

鶴見は道中それを頬張りながら、これまでの経緯を月島に説明していました。

権利書などそんな話を信じるのかと言う月島に、鶴見はハッタリとは言い切れないと語ります。

函館戦争後、金欠だった明治政府は新帝都東京の大開発事業を始めました。

上下水道や鉄道の大規模な敷設。

銀座の煉瓦街。

そして横浜、札幌、東京、大阪と立て続けに建設されたのは巨大なビール工場です。

アイヌの金塊が一部明治政府に渡ったというのは、なきにしもあらずな話でした。

五稜郭攻囲戦の開幕

それでも月島は奥田閣下が権利書の存在を知らないはずがないと言います。

もしかしたらアイヌとの不都合な契約を破棄するのが目的で、金塊を餌に利用されたのでは?と思案。

鶴見は本当に権利書があるのかどうかはこの目で確かめると言います。

土方歳三の望み通りに喧嘩をする。

彼は「五稜郭攻囲戦だ」と第七師団に告げました。

門倉の刺青が金塊の在処?

土方は白石たちにある場所を掘らせます。

門倉の刺青にあった重要な文字。

「馬」という漢字に、土方はあまりに昔のことで自分もすっかり忘れていたと言います。

杉元たちが掘ったそこには、馬用の井戸がありました。

当時の五稜郭で馬の世話をしており、この井戸の存在を知っている人間は土方以外に生き残っていなかったのです。

金塊発見!!

井戸の中に降りたのは杉元とアシリパでした。

中には大量の革袋。

みんなの前で中身を確認しようと持ち上げると、うっかり破けた袋からさらさらと何かが降り注ぎます。

それは金塊の粒たちでした。

涙を流す白石。

杉元はアシリパに「とうとう俺たちで金塊を見つけちまったね」と笑いかけるのです。

ゴールデンカムイ287話を無料で先読みする方法

ゴールデンカムイ287話ネタバレ最新話の感想

ついに金塊を発見しました!!!!

287話でついにその在処を突き止めた杉元とアシリパです。

白石がひっそり涙を流すのにも頷けますね!!

これから鶴見中尉たちと決戦が始まるとしても、先に金塊を見つけたアドバンテージは大きいです!

ゴールデンカムイ287話ネタバレ最新話確定まとめ

今回は、漫画「ゴールデンカムイ」287話のネタバレ最新確定情報を、感想とともに紹介しました!

「ゴールデンカムイ」287話では、ついに金塊を発見!

鶴見たちが五稜郭攻囲戦を行おうとしている中で、杉元たちは目的のものに辿り着きました。

問題はそれらをどうやって運び出すかですが、次回の展開が気になります!

以上、漫画「ゴールデンカムイ」287話のネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる