MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

偽装カレシに愛されてしまいました8話ネタバレ!元彼・拓也の狂気

偽装カレシに愛されてしまいましたの8話ネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

自宅で秋穂と話すうちに、自分の親は毒親であると吐露するめぐみ。

高校卒業と同時に家を離れずっと逃げてきたが追いかけられてきたと語ります。

だから家庭を持つ事が怖い、けれどそれで元彼とも進まなかったと。

そんな苦しい胸の内を聞いた秋穂は、めぐみの腕を掴み抱き寄せたのでした。

偽装カレシに愛されてしまいました7話のネタバレはこちら

目次

偽装カレシに愛されてしまいました8話ネタバレ

ピーッと機械音が鳴って、我に返る二人。

…乾燥、終わったみたいとめぐみが言うと、そうみたいですね、と秋穂。

秋穂が身なりを整えてじゃあ俺帰ります、始発もそろそろだし、と玄関先に向かうと、それを見送るめぐみ。

…秋穂くん、あのほんとありがと、迷惑かけてごめん、と恥ずかしそうなめぐみ。

気にしてませんよ、また飲み行きましょう、と言って秋穂は家を後にします。

去って行く秋穂を見送り、あっっぶねー!!落ちそうになった…と余裕がなくなり、赤面するめぐみ。

雰囲気に流されてしまった、明日、いやもう今日か、病院で顔合わせるの緊張する…。

そう思っためぐみとは裏腹に、おはようございます、とスンとした態度の秋穂。

めぐみは動揺を隠せず、おっハヨー!と上ずってしまいます。

びっくりしたー…そうだったこれが本来の姿だった…と冷静過ぎる秋穂にも納得するめぐみ。

あの時、なんで秋穂くんは抱きしめてくれたんだろう、と考えますが、考えても仕方ないと思考を止めます。

ふと職場のデスクの上に手紙があることに気付いためぐみ、ピンクの封筒に椎葉めぐみ様と書かれています。

元患者さんからかな?と開いた手紙にはとても重たいメッセージがびっしりと。

俺が本当に愛しているのは君だということに気が付きました、遅くてごめん、また君と穏やかな日々を過ごしたい。

手書きでぎっちり書かれたその内容に、思わずうわ怖っと声に出すと、エリコがどした?と覗き込みます。

いやなんか手紙…多分元患者さんなんだけど…とめぐみ。

俺が本当に愛しているのは君だと…うわ怖っとエリコも返し、やばいでしょ、と満場一致で危ない手紙認定です。

また君と穏やかな日々をって何?入院してくんのかな、とエリコ。

え~!!わざと事故るとかされたらどうしようと慌てるめぐみ。

けどこっちからは何もできないよね…差出人ないじゃん、と冷静にエリコが状況を判断します。

そーなんだよね、とりあえず放置するしかないか…と諦めるめぐみにストーカー化したら怖いと言うエリコ。

一応証拠として取っときなよーと言われ、怖い事言わないでよ、とめぐみは怯えます。

ひとまず二人は仕事に向かいますが、めぐみの内心は何もないといいけど、と穏やかではありません。

午後を迎え、皆が帰宅する中、めぐみも帰宅する事に。

廊下を歩くめぐみを偶然見かけた秋穂は、何か気になっているのか、めぐみを目で追います。

めぐみが外に出ると、あっと言う声、ふと見るとそこには拓也が立っています。

めぐみ…!と嬉しそうに近づいてくる拓也になんで…と嫌がるめぐみ。

おつかれ待ってたんだ、ちょっと話したくてさ…と拓也に言われ、今更何を?とめぐみは思ってしまいます。

悪いけどもう帰るとこだから…とめぐみが言っても、まあいいじゃんちょっとだけ時間くれよ、と言う拓也。

荷物持つよ、と伸ばされた手をめぐみは嫌!!といってはねのけます。

一瞬動揺する拓也にあ…ごめ…と言うめぐみの表情は真っ青です。

めぐみもしかして、手紙読んでくれてない?と言う拓也、めぐみは、は?としか言葉が出ません。

ピンクの封筒、朝こっそりデスクに置いておいたんだけど、と言う拓也。

めぐみは、オマエかよ…どうしようなんて答えるのが正解なの…と思いつつあーアレ、とだけ返します。

俺やっと気づいたんだよ、俺はめぐみじゃなきゃダメなんだって、とめぐみの腕を掴んで背後に立つ拓也。

それにめぐみにだって俺が必要だと思うんだよ、と病んだ目でめぐみに語り掛けます。

この人何言ってるの…信じられない?と思うめぐみ。

私このあいだ彼氏紹介したよね?と切り出しますがあの彼?いやちゃんとわかってるよ、と言う拓也。

俺にやきもち妬かせたかったんでしょ?とさっぱり話の通じない拓也にぞっとしためぐみは慌てて帰ろうとします。

いやごめんないから、じゃ、おつかれ、と逃げたい一心で去ろうとするめぐみ。

けれど拓也は、待って、とめぐみの腕を掴んでいいだろ少しくらい、7年も付き合ったんだから…と言ってきます。

あまりの拓也の狂気に、思わずめぐみが目を瞑って叫びかけたその時、うわっと言う拓也の声。

めぐみが目を開けると、めぐみの前にかばうようにして秋穂が立っています。

秋穂は、何してるんですか?と拓也を問い詰めるのでした。

偽装カレシに愛されてしまいました8話感想

拓也がすっかりやばい人になってしまっているのですが…胡桃はどうしたのでしょうか?

一話の時点では頼ってくれる胡桃の方が良いと言う事でしたよね。

振られて誰からも頼られなくなったのが寂しいとか?自信喪失でしょうか?

突然あんなふうに変貌するとは…と驚かされた8話でした、秋穂が撃退してくれると信じています!

偽装カレシに愛されてしまいました9話ネタバレはこちら

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる