MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~ネタバレ!オーディンの思惑

DLsiteで連載中の【dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~】についてネタバレをまとめました。

目次

オーディン襲来!ひまりが危険に晒される中双子が大活躍!

ジェーンドゥの魔女と呼ばれる主人公と、龍人族奴隷の双子の兄弟は仲良く暮らしていました。

最初は単なる同居人だったのが今や体の関係もある恋人同士。

その関係がいつまでも続くと思われた時、主人公の前にオーディンという許嫁の魔法剣士が現れます。

オーディンは地位や名誉を得る為に手段を問わない男で、ゲーム中盤には国から得られる名誉を目的に一度は魔女を殺していたのです。

だからなるべく避けたいと思っていたようですが、オーディンはじっと主人公を見つめていました。

あの奴隷達にどこまで身体を許したんだ?契約はどこまでしている?

と主人公の身体に問いかけるオーディン。

双子が居ないことをいいことに、主人公の秘部にまで舌を伸ばし舐めてきました。

催眠魔法は双子によって与えられているようですが、オーディンの能力はモノともせずに主人公に迫ります。

肝心の双子はオーディンの娘に校内の案内を頼まれ、少しの間足止め状態。

幸いララという娘の意図を早くに見抜き屋敷に戻り、主人公の秘部は無事。

しかし竜人の双子、セオドアとテオが戻ってもオーディンは余裕。

そもそも双子の催眠魔法が通じやすかったのは、長年時間を共有し魔女の力が弱まってきたからです。

相性が良かったのも理由の一つ。

またオーディンに見つかったのは、自身の居場所を知られない為に大量の魔法を使用したからのようですよ。

つまり双子と長年一緒に過ごしてきたことが、オーディンに見つかる原因となった。

真実を明かされたセオドアとテオは、主人公を助けようにもどうすることも出来ません。

しかも二人は突然血を吐きその場に倒れ、爆発と同時にオーディンは姿を消しました。

この世界の脅威となるものはすぐにでも殺さなければならないが、その前に魔女の力を手に入れたい。

だが今日のところは立ち去るとしよう。

“私の愛する者よ”

オーディンは立ち去る前に意味深な言葉を残しています。

事件の後、主人公と双子は見知らぬ森に移動していました。

しかし魔女は眠れる森の美女の如く目を覚ましません。

助ける方法はただ一つ、主従の逆転契約。

儀式に必要なのは正確な魔法式と魔女の本名、それに奴隷である双子の体の一部。

セオドアが対価にしたのは自らの角の一部で、入念な下調べのお陰もあり主従逆転の儀式は成功。

テオの契約が消えた代わりにセオドアの契約印が刻まれ魔女は復活しました。

しかし魔力不足により魔女は記憶喪失。

主人公の記憶を取り戻すには、以前実行した方法しかない。

それは主人公とセックスをし魔力を注ぎ込む方法です。

“ひまり”と呼ばれた主人公は服を脱ぐよう命令され、双子に体を許していきます。

セオドアにキスされ気持ち良さそうな主人公もといひまり。

今度がテオがひまりの秘部に指を挿入し、膣壁をかき回しました。

記憶の無いひまりとのセックスを躊躇するセオドアですが、テオに促されひまりの秘部奥深くに性器を挿入。

ひまりの記憶が戻るように願いながら、何度も繰り返し腰を動かし彼女を求めました。

お次はテオがひまりと繋がる番。

敏感な部分を激しく突かれ、ひまりの幸せそうな喘ぎ声が響き渡ります。

その様子を黙って見ていたセオドアは、我慢出来ずにテオの邪魔をしました(笑)。

仕方がないと思ったテオは後ろの穴に性器を挿入し、前の秘部はセオドアに譲っていましたよ。

前後から太くて長い性器に犯されひまりは絶頂。

その後も双子は何度も魔女と繋がり、ひまりが元に戻ることを祈りました。

彼らの努力の結果ひまりは今までの記憶を思い出すことに成功!

もう僕達はずっと一緒さ。

固い約束をし人知れぬ森の中で三人だけの時間を過ごしました。

dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~悪魔·オーディンの思惑の感想。

一時はオーディンに連れ去られて犯されるのではないかと心配しましたが、催眠魔法をかけられただけでした。

しかしその魔法が強力でなかなか主人公は目を覚ましません。

逆転契約の儀式により目を覚ますも、今度は双子のことを覚えていない記憶喪失状態に。

奇跡的に主人公が元に戻ったのは、儀式もありますが双子の彼女への愛の力ではないでしょうか?

ラストの場面で三人が抱き合う様子は、彼らの固い絆を表しています。

きっとオーディンが再び襲来しても、彼らなら撃退出来るでしょう。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる