MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~ネタバレ!秘密を知る方法

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~のネタバレをまとめました。

目次

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~ネタバレ

荒い呼吸をする中、さぁゆっくり呼吸するんだとセオドアの声が聞こえてきます。

僕の指にも集中してとテオの匂いが近付いてきます。

魔女はベッドの上で目に手を当てられたまま、秘部を弄られています。

気持ちよさに全て忘れてしまいそうです。

2人は枷になるものなんて忘れてしまえと囁きます。

忘れてはいけない…トラックの前に立つ自分の姿がフラッシュバックします。

ジェーンドゥの魔女はこれ以上自分の我儘に2人を巻き込んではいけないと思っています。

まだ幼いテオとセオドアを奴隷商人から買おうとします。

竜人族なんて扱いづらいと言う商人から、ジェーンドゥの魔女はこの子たちをくださいと買い取ります。

彼女はもとのいた世界で遊んでいたゲームと同じ名無しの魔女と言う、名前で過ごしています。

もといた世界の記憶を取り戻したと同時に、また独りで死ぬのはいやだと思った。

おいで、私たちは今日から家族だよと2人に手を伸ばします。

それから3人は本当の家族のように過ごしました。

お風呂上がりに頭を拭いてあげ、寝る前に絵本を読み聞かせし、一緒にごはんを食べました。

魔女さーんと呼ばれ、ぱちっと目を覚まします。

寝てた?と聞くとテオは疲れてたんでしょ?と言い、セオドアはそれよりご飯にしようと言います。

2人は名目上奴隷として登録されていますが、今では魔女の立派な家族です。

ぼーとしている魔女に2人は俺たちは家族だから隠し事はなしだと言います。

しかし魔女はプイッと顔を逸してありがとうと言い、ごはんの準備に行ってしまいます。

しかし、セオドアが魔女の胸の突起を摘み、魔女は気持ちよさそうに声を上げています。

さぁ魔女、今日こそ教えてくれとセオドアは突起をクリクリと触りますが、魔女から聞こえる声は気持ちよさそうに喘ぐ声だけ。

本名と、双子を買った理由を聞いても口を開きません。

そして、意識を失ったようにパタンと身体をテオに預けます。

セオドアは何も話さない魔女に強硬手段だと言い、テオにおさえているように言います。

魔女には敵わないからと言うセオドアにテオは僕達の言うことは、何でも聞くっていう試し用の催眠をかけてみようと言います。

セオドアもそれに賛成し、また明日にしようと話します。

催眠が解けた魔女は2人に違和感を感じています。

何かあったかと聞いても、何もないとしか言いません。

するとテオが課題教えてとお願いします。

その時セオドアが近付いてきて、俺の言うことを何でも聞けという催眠をかけます。

すると魔女の目が催眠にかかったようにグルグル巻になります。

セオドアは威圧的な言い方で魔女に服を脱げと言うと、魔女は簡単に服を脱ぎます。

2人は催眠の効果を実感します。

催眠にかかった魔女をテオは横抱きにし、記憶を飛ばして秘密を吐かせると言います。

そしてベッドの上で何度も舌を絡ませながらキスを繰り返します。

キスだけで魔女の秘部はグジョグジョです。

さぁ本番だよと足を開き、テオは指を秘部に入れます。

指2本入れぐちょぐちょに動かすとピクピクしだします。

そしてすぐに魔女はイッてしまいます。

指での插入を繰り返しているうちに、テオは我慢できなくなり、自身の息子を秘部の中に入れていきます。

魔女の秘部は簡単にテオの息子を受け入れます。

何度も気持ちのいいところを突かれ、気持ちの良さそうな声も出てきます。

テオも魔女の秘部が気持ち良く、腰の動きも激しくなります。

すると突然、テオの胸を押す手が伸びてきます。

下を見ると、正気に戻った魔女が恥ずかしそうにテオやめてと言っています。

テオ何してるの?と聞く魔女にセックスだよと楽しそうに答えます。

魔女さんは育てた奴隷に処女を奪われてどんな気持ちかとテオに聞かれますが、再び目を覆われセオドアに催眠をかけられます。

全く反省する様子のないテオにセオドアは今日はもうお開きにすると言います。

そしてすぐさま背を向けて部屋を出ていくテオを目で見送った後、眠る魔女に家族に隠し事はなしじゃないのかと聞きます。

目を覚ました魔女は慌てて自分の下半身を確認しますが、何も変わったところはありません。

だけど身体には違和感があります。

2人が…とも思うけど、信じられません。

魔女はドアを開け、双子に挨拶をします。

すると双子は開けた瞬間に催眠をかけてきます。

魔女は立ったまま後ろからセオドアに插入され、気持ち良いところを繰り返し突かれます。

気持ちよさにビクビクとしてしまいますが、まだまだ容赦なく強く突いてきます。

そして、何度も何度も魔女の中に種を出していきます。

魔女の意識は飛んでしまいそうです。

しかし休む間もなく、舐めろと息子を口元に差し出され、必死に舌を動かします。

魔女の頭がぼーとしてきたところで2人は秘密を話すように言いますが、まだ強情にダメだと言っています。

セオドアは怖い顔をして、ならしょうがないと睨んだところで、魔女はハッと目を覚まします。

やっぱりおかしい…魔女は双子に隠し事はしていないかと聞きます。

セオドアは俺たちが隠し事をしてるから何だ?魔女こそ隠し事をしているんじゃないか?と聞かれ、魔女はドキッとします。

人に聞くなら自分のことを話したらどうかと言われますが、魔女は何も言えません。

ごめんなさいと言われ、セオドアは椅子から立ち上がります。

魔女はいつまでも隠してはいられないと思います。

自室に戻り、保護者失格だとため息をつきます。

その時、部屋に置いてある水晶が目に入り、水晶の中に録画された記憶を見てみます。

そこには2人にもみくちゃにされる魔女の姿が。

その時後ろからセオドアが入っています。

どうしてこんなこと?と聞くと、隠し事をされていて信用できないと言われます。

そして魔女は再び催眠をかけられてしまいます。

しかし催眠にかかりそうになったところで、正気を取り戻し魔法は使わないでと言います。

しかしセオドアは俺に謝るときはどう謝るのが正解なんだと魔女を見下ろします。

後からテオが魔女の部屋に仲直りしたかと覗いてみると、魔女がセオドアに跨がり、ごめんなさいと言いながら腰を動かしています。

100回謝るまでイくなと命令しているため、汗を照れ流し、ハァハァ言いながら腰を動かし続けています。

テオももう墜ちてんじゃんと言うほどです。

セオドアも下から魔女の秘部を突くと、あっという間にイってしまいます。

今度はペタッと腰を下ろした魔女をベッドに押し倒して再び息子を秘部の中に入れていきます。

それを見ていたテオも混ぜてよと言って自身の息子を舐めてと差し出してきます。

後ろから突かれ、前からは舌を使い舐め、もう魔女の意識も限界です。

そして最後に魔女の中に種を出します。

意識が朦朧とした魔女に2人は今なら喋るんじゃないかと、2人は魔女の目を手で覆い隠していることを話すように言います。

すると、しばらくしてから私の名前はと小さな声が聞こえ始めます。

2人で魔女の方に耳を傾けると、バグった機械のようにひたすら話し続け出します。

それを聞いて2人は再び家族なんだからと優しい顔をします。

魔女は2人を不審に思いながら、最近何かあったかと聞きます。

するとテオが買い物行こうかひまりと言い、続けてセオドアもたまには一緒に行こうかひまりと言います。

それを聞いて魔女は魔法は使わないでってと怒り始めます。

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~感想

なかなかに激しい場面が多かったです。

漫画の半分はヤってるんじゃないかってくらい濃厚なエロシーン満載です。

そして、魔女さんがものすごく巨乳です。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる