MENU
マンガを安心安全におトクに読める合法サイトを紹介します。

ブルーピリオド49話ネタバレ最新話展開予想!想像を絶する過酷さ、500枚ドローイングの課題で八虎がダークサイドに!?

2021年11月25日(月)に発売のアフタヌーン1月号に掲載されている「ブルーピリオド」の番外編ネタバレ最新話の展開予想をお送りいたします。

前回のあらすじ
  • 新学期がはじまった八虎たち
  • 新しい教授は犬飼
  • まさかの課題は500枚ドローイング!
  • ~番外編~
  • 入学したての頃の新歓の話
  • 芸術系の大学はやはり体育会系のノリをもとめられる!?

前回の内容を忘れてしまった方は、下記より詳細をご覧ください。

番外編の内容はこちらから確認できます、よければご覧ください。

他の人はこちらも検索

目次

ブルーピリオド49話ネタバレ最新話展開予想を紹介!

漫画「ブルーピリオド」49話の最新話展開予想をしていきます!

新しい課題500枚ドローイング

まず行われるのが500枚ドローイングでしょう。

新学期早々絶望的な質量の課題がやってきてしまいましたが、何をドローイングさせるつもりなのでしょうか?

500枚すべてを見てもらうのか、それとも描いている過程をみせるのか、最高の1枚を提出させるのか・・・

犬飼のこの課題、中々おもしろい課題のように感じます。

八虎の大学への不信感

大学がしんどい」「俺は大学生にむいていないかもしれない

八虎は新学期早々そんな考えにとりつかれていました。

藝大だとどうしても他者と才能を比較させられてしまうこともあり、この発想に至ってしまうのも無理はないでしょう。

とはいえ、それなりに意味と流れ、お金の兼ね合いや効率など、様々なことがかみあって現状の大学の仕組みはつくられているわけなので、そういった解決策なしに不満だけいうのであればそれはただの子供の文句です。

八虎の大学への不信感が問題提起となるのか子供の文句として処理されるのかで犬飼への不満も払拭されるような気がしてなりません。

犬飼と八虎の相性の悪さ

もう1つ、気になる所なのが犬飼と八虎の相性の悪さです。

八虎の作品の方向性を犬飼はあまり好きではないのかもしれませんね。

とはいえ、相性が悪いからと犬飼を理解することを諦めてしまうとただの思考停止になってしまいます。

八虎は人を理解して、人について知ることが好きなのかもしれないと1年の最後の方に気が付きましたね。

このことから、相性の悪い教授である犬飼のことも理解しようとするのではないかと思われます。

500枚ドローイングで八虎にショックな出来事がある?

少なくともげんなりする課題であることは確かで、そして犬飼に酷評されるだろうことも容易に想像できます。

課題に取り組みながらおそらく犬飼や他の生徒との違いに悩み、苦しむような展開が訪れると予想されますね・・・

八虎がこれにより大学への不信感もあいまって、ダークサイドに突入するのではないでしょうか!?

ブルーピリオド49話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

2021年11月25日(木)更新予定です。もうしばらくお待ち下さい。

ブルーピリオド最新話を無料で先読みする方法

ブルーピリオド49話ネタバレ最新話展開予想まとめ

今回は、漫画「ブルーピリオド」49話のネタバレ最新話を展開予想と共に紹介しました!

犬飼との新たな授業を八虎がどう受け止めるのかの回になりそうです。

2年になってからの八虎は、大学の在り方についてに疑問を抱くようになってしまい、そのことも含めて大きな反抗期に突入するのではないかと予想しています。

犬飼は独特の感性の持ち主のようですが、彼が批評するのはただのわがままではなく生徒のためなのではないでしょうか?

それを八虎が理解できる日は、果たしてくるのか・・・

以上、漫画「ブルーピリオド」49話のネタバレ最新確定内容を展開予想と共にお届けしました!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる