レスポンシブWebデザインだけじゃない! コーポレートサイトやサービスサイトにsmart4meを勧める理由

レスポンシブWebデザインだけじゃない! コーポレートサイトやサービスサイトにsmart4meを勧める理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

smart4meのユーザーさんは、個人利用と共に法人利用がとても多いのが特徴です。

ギャラリーでも紹介していますが、本当に様々な業態でご利用いただいています。

一例を挙げると、レストランなどの飲食店、ホテルなど宿泊施設、ビジネス用途の会社やサービス案内、

病院やエステ、美容院などなど。

ギャラリー

ギャラリーページはこちら

 

今回はそれらビジネス目的でスマートフォンサイトを作成する時のニーズに合わせて、スマホ対応トレンドについてもご紹介したいと思います。

スマホサイト制作のニーズを考えますと、以下のように大別できるかと思います。

 

1.PCサイトをレスポンシブWebデザインなどでリニューアルしたいが、予算や工期の問題があるので、

まずは暫定的にスマホサイト作成したい

2.PCサイトはあるが、別コンテンツでスマートフォンに最適化したスマホサイトを作成したい

3.まずは、スマホサイトから始めたい(PCサイトは後回し)

 

それぞれに目的やビジネス環境はあると思いますが、スマホ対応トレンドと合わせて見ていきます。

 

1.レスポンシブWebデザインの潮流

レスポンシブWebデザインは、Web制作の業界では端的にレスポンシブデザイン、レスポンシブと言われたりします。

これはPCサイトとスマホサイトのhtmlは共通で、スマホで閲覧した時には、画面サイズに合わせレイアウトやメニュー表示が可変するWeb制作方法です。

ちなみに、中間サイズのタブレットにも最適化するのが一般的です。

smart4meがサービスを開始した4年以上前に、このWeb制作手法はまだ一般的ではありませんでしたが、スマホサイトだけでなく、PCサイトも一緒にリニューアルする時の有力な選択肢となります。

ただし、PCサイト/スマホサイトを同時に検討しながらのレイアウトデザインなので、工数、予算は大掛かりになりがちなのが頭の痛いところです。その検討を進めながら、その暫定期間をsmart4meでスマホ対応するニーズも多いと思います。

レスポンシブWebデザインのメリットとデメリット

レスポンシブWebデザインアーカイブサイト

2.別コンテンツでスマホサイト

別コンテンツと言ってもいろいろあります。

コンテンツは同じでもデザインが別のパターン。そもそもコンテンツもデザインも別パターン。これには、PCサイト/スマホサイトで何を優先するかによって理想形も異なります。例えば、大画面のPCでは多くの情報を一覧表示出来るのに対し、小さい画面のスマホでは優先順位を考えないと目にも触れないといったこともあり得ます。

また、オフィスや自宅PCでじっくり閲覧する時と、出先で閲覧する時ではユーザーの目的も異なるでしょう。最近は、問い合わせなどのコンバージョンを最優先する意図で、1.で紹介したレスポンシブWebデザインでなく、敢えて情報設計をPC/スマホ毎に考えて異なる別パターンを選択するサイトも多くなっています。

 

3.まずは、スマホサイトから

このニーズがsmart4meのユーザーさんでは一番多いかもしれません。最近は、ビジネスやサービスによりPCよりもスマホからのアクセスが多いWebサイトも多くなっています。

もしかすると、サービス特性によっては「スマホファースト」というよりも「スマホオンリー」という割り切りも多くなってくるかもしれません。

以前は、「ネットを制する者がリアルを制する」というパラダイムシフトが業界毎に起こってきましたが、これからは、「スマホを制する者がネットを制する」という時代ですね。

これからもsmart4meを通じて法人の皆さまのスマホ戦略を応援させていただきますので、よろしくおねがいします。