プロのデザイナーが教える写真が上手に撮れる構図4選

プロのデザイナーが教える写真が上手に撮れる構図4選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

smart4meをご利用の皆様。
こんにちは。先週末京都旅行に行ってきたスタッフのWです。

smart4meでサイトを作る際にご自身で撮られた写真を使用することもあると思います。
そこで今回は写真が上手にとれる構図についてお話したいと思います。

1. 【放射構図】
IMG_0620

収束点を作ることで写真に奥行きを与えます。
今回はホテルの廊下を撮影していますが、電車のホームや、町並みなど撮るときにこの構図で撮ると奥行きと躍動感が出るのでおススメです!

2. 【三角構図】
IMG_2356

写真の下が広く、上が狭いこの構図はバランスよく見え安定感、安心感があるように見えます。
背の高い建物などを撮る際に有効な手段です。

3. 【対角線構図】
FullSizeRender

被写体や被写体の境目を対角線上におく構図です。
視線の動きが生まれ、写真に奥行きや躍動感が生まれます。

4. 【トンネル構図】
IMG_2351

奥の風景を主役にし、注目させたい場所以外を暗くしたり、ぼかしたりして視線を誘導させます。
個人的には今回紹介した中で一番難しく、これができれば写真上級者だと思います。

この他にも日の丸構図や二分割構図など様々な構図があります。
そして二つの構図を組み合わせて一枚の写真を撮ることも可能です。

皆様も良い写真を使ってよりよいsmart4meサイトを作成してみてください。