モバイルフレンドリー?

モバイルフレンドリー?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月21日からGoogleがモバイルフレンドリーなサイトについては順位に影響を受けるという検索ロジックの改修を行いました。

そもそも、モバイルフレンドリーとは何なのでしょうか。

Googleが公開している「モバイルフレンドリーテスト」というサイトがあるので、アクセスしてみます。

モバイルフレンドリーテストを試してみよう

▼Googleのモバイルフレンドリーテストはこちらで試せます。
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

試しにsmart4meで作成したサイトをテストしてみました。

▼結果画面はこんな感じです。
Googleモバイルフレンドリーテスト

「問題ありません。 このページはモバイル フレンドリーです。」
とメッセージが表示されました。

つまり、smart4meで作成したサイトはモバイルフレンドリーであるということが分かりました。
※一部サイトにおいてモバイルフレンドリーテストが実施できない場合があります。

モバイルフレンドリーの目的

スマートフォンの普及によって、あれよあれよという間にスマートフォンサイトが出来て普通に見れるようになっているのですが、日本のサイトの場合、ガラケーサイト時代があったこともあり、ガラケーのようなスマートフォンサイトもまだあったりします。

海外のスマホサイトの場合は、良くも悪くも、ガラケーサイト時代がないので、今まさにモバイルサイトの在り方について試行錯誤をしている状態です。

このモバイルフレンドリー対応は、大きくは以下の2つの軸でチェックされます。

  • ユーザーが見やすいサイトの構造になっているか
  • ユーザーに価値のある情報をちゃんと見せているか
  • これらの条件に当てはまるサイトについては順位に良い影響を与えますよ、という施策です。
    必ずしも順位が上がる訳ではありませんが、対応していないと悪い影響があるので、対応した方が良いでしょう。

    PCサイトが既にあるサイトの場合でも、スマートフォンで同じ量を見せる必要はなく、どちらかというとスマートフォンに適した「量」と「質」が求められます。

    特に、今後重要視されるのは「質」です。

    これはGoogleも兼ねてから提示していますが、ユーザーがサイトを見たときに、価値のある情報がそこにあるのかという点で、順位に変動が起こる可能性があります。

    ショップであれば

  • 店舗情報
  • 営業時間
  • サービスメニュー
  • 店内の様子
  • アクセスマップ
  • この辺りは基本情報として抑えるべき項目。

    それ以外にも、出来るだけ更新を心掛けるようにした方が良いでしょう。

    ショップから発信する情報は鮮度が重要です。
    1日1回とまでは言いませんが、出来るだけ更新すべきです。
    また、ユーザーが欲しいだろうな、と思うような情報だと尚良しです。

    どこにでもある、ありふれた情報ではなく、自分のサイトでしか発信できない情報を提供し続けることによって、価値を向上させることが出来ます。

    既にサイトを運用されている皆さんも、例えばショップを利用する消費者側の視点で考えたときに、どんな情報を欲しがっているか考えてみても良いかも知れませんね。